TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
COLUMN自衛隊 2015.09.02

【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その19~放っておけない!


投稿者:綾部綾

こんにちは、アヤベです。

皆さんは、寮生活の経験はありますか? 経験者ならおわかりでしょうが、寮生活は、持ち物や行動など、面倒な制約があったりします。

自衛隊の寮は4人部屋が基本。でも、いろんな制約のなかで、それぞれが工夫しながら、それなりに楽しく暮らしているものです。アヤベも、特に苦にはなりませんでした。

ただ、どう頑張っても望めないこともあります。たとえば「ペットを飼う」なんてことは、どんな部隊でも無理なこと。

連載13でご紹介したように、警備犬がいる基地もありますが、警備犬は「装備品」ですし、「ハンドラー」と呼ばれる専門の隊員しかお世話ができません。それに、隊員であっても、安易に近づくと「敵」だと見なされますので危険な目に遭います。

新入隊員のD2士は、空手2段の大柄な体に似合わず、ちょっと繊細なところがある一人っ子。実家では猫3匹に犬1匹、文鳥2羽に亀まで飼っていたという、動物が大好きな心優しい青年です。

D2士が部隊に赴任した直後のこと。物心ついたときからずっと一緒に育ってきたワンちゃんが、老衰で亡くなってしまいました。ペットで忌引きは使えませんし、赴任直後の新人隊員は外出もままならないので、実家に帰ることもできません。D2士の落ち込みようは激しく、周りの隊員が声をかけるのもためらってしまうほどでした。

そんなとき、幹部自衛官なので基地外で暮らしているM2尉が、「買ったはいいけど、床がモノだらけで散らかっているから、あまり意味がなかった」と、新品同然のお掃除ロボットを営内居住者にプレゼントしました。

営内の隊員たちは、この珍しいおもちゃに大喜び。誰が名づけたのか「クーちゃん」と呼びはじめ、そのコミカルな動きを楽しんでいます。D2士も、久しぶりに笑顔を見せました。

ところがD2士、だんだん、不気味な言動が増えてくるのです。「食べやすいように」と細かく切ったエサ(ゴミ)を室内にわざと撒いて、クーちゃんがエサ(ゴミ)を食べる姿を微笑ましく眺めたり、クーちゃんの後をストーカーのようについて回ったり。仕事が終わって帰ってきたとき、クーちゃんがお掃除中で定位置にいないと、血相を変えて探し回るのです。

そんなD2士のことが心配になってきたのは、同室の先輩隊員、T3曹。ある晩、トイレに起きたときに、D2士が暗闇の中でクーちゃんを撫でながら座り込んでいる姿を見て、全身に鳥肌を立てました。

「これはまずい! D2士が違う世界に行ってしまう!」

T3曹はそれから、自宅で猫を飼っている上司に頼んで、家での宴会を計画したり、UFOキャッチャーで取った「カレーパンまん」のぬいぐるみを渡したり、猫の写真集を買ってあげたりと、D2士の関心をクーちゃんから逸らすために、かいがいしく世話を焼きました。

さすがに、「カレーパンまん」のぬいぐるみを渡されたD2士は、「馬鹿にしてるんですか!」と怒っていたそうなのですが、猫の写真集はまんざらでもなかったらしく、毎日写真を眺めては、にんまりしています。

ペットロスのあまり、お掃除ロボットに魂を奪われかけていたD2士、先輩の愛情で、なんとか現世に戻ってくることができました。それでも、クーちゃんが故障したときは「治してあげて」と、大事に抱えて電気屋さんに持って行ったとか。その姿を見ながら「ペットを飼っている彼女ができればいいのに」と、まだ心配しているT3曹なのですが、肝心のT3曹自身はといいますと……。う~ん、誰か、相性のいい女性はいないものでしょうかね? 面倒見のよさはピカイチなんだけどなあ。

寝食を共にする隊員同士は、家族も同然。同じ部屋であればなおさらです。先輩隊員は、後輩の身上にも気をつかっているのでありますよ。

イラスト:モノ

◀︎◀︎◀︎次の回を読む:【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その20~そんな漢字も読めないの?

▶▶▶前の回を読む:【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その18~自衛官が持ってはいけないもの

[amazonjs asin=”B013IMQU3C” locale=”JP” title=”自衛隊兵器の真実 2015年 10 月号 (男の隠れ家 増刊)”]

, , , , , ,

WRITER PROFILE

綾部綾

Website

長崎出身、名古屋市在住、元航空自衛官。 ライター&プランナー。 料理と宴会幹事が趣味で、サバゲでは主に弁当、炊事、打ち上げ等の後方支援を担当。

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ