TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
COLUMN自衛隊 2015.07.22

【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その13~犬以下だったわたしたち?


投稿者:綾部綾

こんにちは、アヤベです。

恥を忍んで告白しますが、隊員時代、アヤベは犬以下でした。
といっても、犬以下の扱いを受けていたというわけではありません。隊員だって皆様と同じ日本国民ですから、基本的人権が保障されています。

なぜ、犬以下だったかといいますと、犬のほうが階級が上だったからです!

航空自衛隊、海上自衛隊の一部の基地には、警備犬がいます。航空自衛隊では、以前は「歩哨犬」と呼ばれていましたが、最近「警備犬」と改称して統一されました。空自と海自では、この警備犬の階級が「2等空(海)曹」である、といわれています。ですので、それ以下の、3曹、士長、1士、2士は、全員、犬以下なのです!

本当でしょうか?
調べてみますと、警備犬には実際に階級があるわけではなく、武器や車両と同じ「装備品」として位置づけられていました。
なぜ2曹だと言われているかというと、警備犬1頭にかかる人(犬?)件費が、2曹の給与とだいたい同じくらいらしい、ということから、「警備犬は2曹」だとまことしやかに囁かれるようになったとのこと。たしかに、警備犬に正式に敬礼をさせられたことはありません。

もし警備犬が本当に2曹なら――全自衛官の3分の1ほどは、階級でいえば犬と同等か、犬以下です。アヤベは、犬を超えることができずに退職しました。在職している当時の同期たちも、幹部になった隊員を除けば、犬と同等か犬以下です。ちょっと、切ないですね。

警備犬として採用される犬は、茶色の毛並みにつやつやの黒い背中が特徴的な、ジャーマン・シェパード。そして、警備犬を扱う特別な訓練を受けた隊員を「ハンドラー」といいます。

警備犬の任務は、不審者対処や爆発物の捜索など、多岐にわたります。「国際救助犬」の資格を持つ警備犬もいて、東北の震災時でも活躍しました。警察犬の技能を競う大会で、自衛隊の警備犬が優勝したこともあるんですよ。

アヤベは、警備犬とハンドラーのいる基地に数年ほど所属していたことがあったので、両者をを直接見たことがあります。ここでハッキリいえるのは、ハンドラーの資格を持った隊員って、どことなく犬に似ているということ! ネコ系、キツネ系のハンドラーは見たことがありません。時々、「この隊員、人間よりも犬相手のほうがコミュニケーションがうまくいってるんじゃないの?」ってくらい、限りなく犬に近いハンドラーもいました。

確証がとれていないので、都市伝説(基地伝説?)かもしれませんが、こんな話もありました。
はるか昔、警備犬が導入されて間もない時期で、まだその運用方法が確立していなかったころ。南方に位置するとある基地では、警備犬が夜な夜な基地クラブ(基地内にある居酒屋)近辺に出没し、そこで飲んでいる隊員たちが面白がって餌付けをしたため、精悍だったジャーマンシェパードがみるみるうちに丸々と肥え太り、人を見ると尻尾を振って寄ってきてしまうという、なんともおマヌケな警備犬になってしまったことがあるとか、ないとか。

大卒の幹部自衛官候補生や防衛大学出身者を除けば、全ての隊員は「犬以下」から始まります。若い隊員を見かけたら、「この人、犬以下なのかなぁ」と――思わないであげてくださいね!

イラスト:モノ

◀︎◀︎◀︎次の記事を読む:【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その14~意外と多い○○男子

▶▶▶前の記事を読む:【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その12~暇さえあればPKO

[amazonjs asin=”B008VL8H3C” locale=”JP” title=”(ジェイエスディエフ)J.S.D.F クールナイス半袖Tシャツ2枚組(吸汗速乾)【自衛隊衣料】 6525 ブラック L”]

, , , , ,

WRITER PROFILE

綾部綾

綾部綾

Website

長崎出身、名古屋市在住、元航空自衛官。 ライター&プランナー。 料理と宴会幹事が趣味で、サバゲでは主に弁当、炊事、打ち上げ等の後方支援を担当。

このライターの記事を読む

おすすめアイテム