TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALまとめ 2014.12.31

【2014年まとめ】さばなびライターが選んだ「2014年に発売されたエアガンのベスト5」はこれ!【勝手ランキング】


投稿者:乾 宗一郎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みなさま、ごきげんよう。さばなびライターの乾です。
間もなく終わってしまう2014年、さばなびで数多くのエアガン新製品をレビューさせていただきました。そしてその中には「これはすごい!」というものが多数あったわけです。
そこで大晦日というこのタイミングで、「2014年発売エアガンのベスト5」をやってみたいと思います。

なお、この選出は「2014年にリリースされたモデル」「さばなびでレビューしたエアガン」そして「筆者の独断選考」という条件での選出です。もしかしたら皆さんが考えているランキングとは違うかもしれませんが、そこは何とぞご容赦下さい。

では、まず第5位
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
G&P COSTA CUSTOM AEG
香港の大手エアソフトディーラーのeHobby AsiaG&Pとコラボしたショップ限定のカスタムAR。基本はG&Pの電動ガンで微調整のみでバッチリ仕上がるのは◎。独特なPredat OBRハンドガードLarueのステルスレシーバーを再現していますが実際にコスタが使っていた「Costa Edition 5.56」とは微妙に違う点はご愛嬌。
それでも最新モードのタクティカル系民間ARなので、お好きな人にはたまらないモデルじゃないでしょうか。

第4位
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
東京マルイ 次世代電動ガン HK417
こちらは新製品で発売ホヤホヤの次世代電動ガン。マルイのエアガン最高価格を更新した大物で、その重さも4.5kgとかなりのもの。
そして何より特徴的なのは新型の「サマリウム・コバルトモーター」の搭載! これによってトリガーを引いた瞬間にタイムラグを感じることなくズパン!とBB弾が発射されます。ガスブロ並み・・・とまではいきませんが、電動ガンの中でも屈指のトリガーレスポンス。セミオートユーザーは目からウロコのレベルです。また、リポバッテリーじゃなくマルイのSOPMODバッテリーでもストレスなく使いこなせそうです。
もちろん、集弾性やクオリティは安心のマルイ製品なので、それらを考慮すると8万円代という価格も決して高くはないと思いました。

第3位
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
東京マルイ S&W M&P9
続いても東京マルイの製品、ガスブローバックハンドガンのM&P9です。
何年も前から発売が熱望されていたモデルですが、その期待に十分応えるような再現度の高いGBBハンドガン。外観や中身はやはりマルイクオリティで何も文句はなく、実銃譲りの扱いやすさや素直な弾道など、平均点が異様に高いモデルです。
最近、FDEカラーの「M&P9 Vカスタム」も追加されました。もし今から購入を考えている人は、カラーリングとF/Rサイトの違いくらいなので、どちらを選ぶか悩ましいところです。

第2位
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ARES Amoeba AM-013
中華ガンメーカーARESのAmoebaシリーズは、サバゲに特化した実用性の高いモデルをラインナップ。その最大のウリは「電子制御メカボックス(EFCS)」の搭載でしょう。
ICやFETの基板を内蔵したメカボックスで、フルオート/バーストショットの設定変更や短いトリガーストロークが特徴。ビギナーからベテランまで実に扱いやすいだけでなく、メカボックスを開けられる人なら、さらに尖った仕様にチューニングもできます(トリガーストロークは最短で1.5mmまでツメられます!)。
そして何よりAAC「HoneyBadger」をイメージしたスタイリングが独特。「サバゲで使える人とは違うARが欲しい」という人には、自信を持ってオススメできる電動ガンです。

そして第1位
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マルシン EXB2 Five-seveN
はい、ランキングのトップは、CO2を使うマルシンのガスブローバックハンドガン「Five-seveN」です。
いうまでもなくCO2ドライブが最大のポイントで、冷蔵庫で1時間冷やしたマガジンでもバシバシ射撃可能でした。つまり、「真冬でも使えるガスブロ」というサバゲーマーの夢が現実になったモデルといえます。
もちろん、外観の再現度も高く、FNの正規ライセンス取得によるリアルな刻印も◎。Five-seveN自体が好みの分かれる銃なのと、実勢価格で20,000円前後という点は気になりますが、チャンスがあったらぜひ撃ってみて下さい。
筆者が2014年発売モデルの中で、ブッチギリ高得点で推す理由が分かると思います。

こんなかんじでベスト5を選んでみました。
結果的に、特徴のある独自性の高いモデルばかりになったわけですが、そもそも皆さんがエアガンを買う時は、まず「好きなモデル」を選ぶと思います。独自性がなくても、多少スペックが劣っていても、サバゲで使う限りはそれほど大した問題じゃありません。
何より大事なのは「自分の気に入ったエアガンで遊ぶ」ということなので、「今回選んだエアガンじゃなきゃサバゲは楽しめない」ということは全くないのです。

年末年始に軍備拡張で新規購入を目論んでいる人もいるかと思いますが、ぜひ(ちょっとだけ)参考にしてみてください。
というわけで、2015年もおもしろい新製品がいっぱい出ることを期待しましょう。

, , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ