【DJI】3眼カメラを搭載したMavic 3 Proを発表!

2023年4月25日 – 民生用ドローンと創造性あふれるカメラ技術で世界をリードするDJIは、3眼カメラシステムを搭載したフラッグシップドローンMavic 3 Proを発表しました。
異なる焦点距離を持ったカメラを3台搭載し、空撮の新たな時代を築き上げます。
Mavicシリーズには欠かせないHasselbladカメラ、2種類の望遠カメラ、最大飛行時間43分、DJIドローンの代表的な機能である全方向障害物検知、最大15 kmのHD映像伝送(日本国内は8 km)といった機能を多数搭載し、映像クリエイターの創造性を限りなく押し広げます。

「DJIは、より魅力的な映像を撮影し、動画や写真共に、映像を通して伝えたいストーリーを表現できるよう、常に製品を進化させています。
今回、Mavic 3 Proに3眼レンズを搭載したことにより、一回タップするだけで撮影の構成を簡単に切り替えられ、映像クリエイターは従来にないほど効率的に様々な構図のショットを捉えることができます。
Mavic 3 Proを使用し、映像を見る人全てに新たな空間的・距離的観点で感動を与えてくれるような、素晴らしい作品をユーザーが撮影してくれることを期待しています。」とDJI クリエイティブディレクター Ferdinand Wolfは述べています。

 

1台のカメラドローンに3種類のレンズを搭載

Mavic 3 Proは複数の異なる焦点距離(24mm/70mm/166mm)を持つ3眼カメラシステムによりイメージング性能がさらに進化、幅広いシナリオに対応でき、創造性あふれるビジョンを表現できます。
広角カメラを使用しどのような場所を撮影したいか確認、中望遠カメラで特定のロケーションに絞った上で、その中の特定の景色や人物に焦点を当てて撮影するなど、それぞれのカメラを組み合わせて使用することで、さらにユニークで視覚に訴える映像を撮影できます。

 

最高性能を誇るHasselbladカメラ

他のMavic 3シリーズと同様、Mavic 3 Proは4/3型CMOS Hasselbladカメラを搭載し、プロの撮影をさらに一段階上のレベルへと引き上げます。
Hasselbladカメラは最大12.8ストップのネイティブ ダイナミックレンジに対応、12-bit RAW写真を撮影でき、驚くほど鮮明なディテールを再現します。
さらに、ハッセルブラッド ナチュラルカラー ソリューション(HNCS)により、人間の目で知覚した色合いを正確に再現できるため、面倒な後編集や複雑なカラープリセットの必要がなく、魅力的な映像を撮影できます。
最大5.1K/50fps[1]やDCI 4K/120fpsといったプロ向けに用意された驚愕の動画スペックは、映像クリエイターや撮影スタジオのニーズに完璧にマッチしています。

10-bit D-Log Mカラーモードに新たに対応し、最大10億色もの色を記録できます。
夜明けや夕暮れ時などのハイコントラストな撮影シナリオでも、細部まで繊細に捉えた自然なカラーグラデーションを再現し、色彩豊かに表現します。
また、D-Log Mモードによりカラーグレーディングがしやすくなり、画質や鮮明度を下げることなく、効率的なポストプロダクション工程が可能になります。

画質をさらに上のレベルまで極めたいという方々に向け、Mavic 3 Pro Cineでは更なるオプションに対応しており、搭載された3種類のカメラは全てApple ProRes 422 HQ/Apple ProRes 422/Apple ProRes 422 LTコーデックに対応しています。
また、1TB SSD[2]が内蔵され、10Gbps 高速データ転送ケーブルを用い、よりプロフェッショナルなワークフローが可能となります。

 

被写体の構図調整がよりパワフルに

中望遠カメラ(焦点距離70mm)は、興味深い建物の撮影から車のコマーシャル撮影まで、様々な種類の撮影シナリオに対応しています。
1/1.3インチCMOSセンサーを搭載した光学3倍ズームに対応する中望遠カメラは、48MP/12MPでの写真や4K/60fpsでの動画が撮影可能で、D-Log Mにも新たに対応しています。
圧縮効果が働き、被写界深度が浅くなり、被写体を際立たせ、独特な奥行き感を持った映像を制作できます。
視聴者をあっと驚かせるようなハイパーラプス映像を撮影したい場合、この光学3倍ズームカメラは最適です。

 

遥か先を見通す、望遠ズーム

Mavic 3の望遠カメラがさらに進化し、Mavic 3 Proでは解像度、絞り(F4.4からF3.4)、動画フレームレートの点で性能がアップしています。
光学7倍ズームでの4K/60fps動画撮影や12MP写真撮影が可能です。
最大28倍ハイブリッドズームを使用すると、雪山、建物などで被写体に近づくことなく対象を確認でき、野生動物などと安全な距離を保った状態で、被写体を脅かすことなく簡単に観察できます。

 

必要なのは、撮影への集中力のみ

Mavic 3 Proは最大43分の飛行時間を誇り、十分なバッテリー時間を確保できるため、撮影構図をじっくり考えてから撮影に挑むことができます。
全方向障害物検知とAPAS 5.0が搭載され、安心して飛行することができます。
搭載された8つの広角ビジョンセンサーは、高性能の視覚情報計算エンジンとシームレスに連携し、全方向の障害物を正確に検知、障害物を避けた安全な飛行ルートを計画します。

DJI O3+伝送システムにより、安定してクリアなカメラビューを確認することができ、1080p/60fps HDライブ映像を高いフレームレートで最大15 km先から伝送できます。(日本国内は8 km。実際の伝送距離は信号強度に依存します。また、Mavic 3 Proは常にパイロットの目視内で飛行させてください。)
他にもウェイポイント飛行、クルーズ制御、アドバンストRTHといった機能が搭載され、自動飛行機能が充実しています。

  • ウェイポイント飛行
    事前設定したウェイポイントをもとに自動で飛行ルートを計画し、同じルートを正確に繰り返し飛行することができます。
  • クルーズ制御
    任意の方向に簡単に飛行でき、操作スティックを倒し続ける必要はありません。
    離れた場所からのマニュアル操作での飛行でも、よりスムーズなカメラワークを行えます。
  • アドバンストRTH
    安全性と効率の点を考慮し、ホームポイントに戻る飛行ルートを自動決定、RTH中の経路上にある障害物を迂回して簡単に帰還できます。

 

インテリジェント機能はもちろん対応

Mavic 3 Proは、DJIドローンが持つ一連のインテリジェント機能に全て対応し、新人パイロットから熟練のプロまで、あっと驚くようなコンテンツを制作できるようにサポートします。

  • フォーカストラック[3]:
    Mavic 3 ProのHasselbladカメラと中望遠カメラは、ActiveTrack 5.0、スポットライト、POI(ポイント オブ インタレスト)の3種類のモードで構成されたフォーカストラックに対応。
    様々な方向に飛行しながら安定したトラッキング撮影を実行します。
  • マスターショット[4]:
    タッチ操作で手軽に開始することができ、自動で撮影、編集、音楽を追加。シネマティックな動画を自動生成します。
  • クイックショット[5]:
    ドローニー、ロケット、サークル、ヘリックスといったクイックショット機能を用い、様々なカメラワークで撮影できます。
  • パノラマ撮影[6]:
    息をのむような壮大な風景を、画質を犠牲にすることなく、複数の写真をスティッチして構成された100MPのパノラマ写真で再現します。

また、撮影後、RAW映像を転送する操作がこれまで以上に簡単になりました。
高速クイック転送を使用すると、Wi-Fi 6を介し、最大80MB/sの速さで写真や動画データをドローンからモバイル端末に直接ダウンロードできます。
転送時に送信機と接続する必要はありません。

コンテンツ制作をもっと魅力的に効率よく編集したい人々に、DJIは撮影方法や編集機能が多数収録された動画編集アプリLightCutを使用することをおすすめしています。
映像をMavic 3 Proからエクスポートすることなくプレビューすることができ、ワンタッチで行えるAI編集を使えば、どこでも簡単に編集して動画を制作できます。

詳細はこちらでご確認ください。
https://www.dji.com/lightcut

 

価格と販売時期

DJI Mavic Pro 3は4月25日より弊社オンラインストア store.dji.com、認定ストアより予約販売をいたします。

販売開始は5月9日(火)を予定しています。

DJI Mavic 3 Pro(DJI RC付属)261,800円

DJI Mavic 3 Pro Fly More コンボ(DJI RC付属)352,000円

DJI Mavic 3 Pro Fly More コンボ(DJI RC Pro付属)471,900円

DJI Mavic 3 Pro Cine Premium コンボ 563,420円

また、DJI Mavic 3 Proをはじめ、Mavic 3 ClassicやMavic 3は最新のDJI Goggles 2 /DJI RC Motion 2に対応しています。

詳細は https://store.dji.com でご確認ください。

新機能、アクセサリー、互換性に関する詳細情報:
https://www.dji.com/jp/mavic-3-pro

 

DJI Care Refresh
DJI Care Refreshは水没、衝突、物損、飛行紛失などをカバーする包括的な保証プランで、Mavic 3 Proでもご利用いただけます。
少額の追加料金を支払い新品同等品に交換できる製品リフレッシュ交換は、1年版では1年間に最大2回、2年版では2年間に最大3回提供します。(2年版には通常のメーカー保証期間を1年間延長する特典が含まれます)。
1年版/2年版の両プランともサービス有効期間中、製品リフレッシュ交換を一度も利用されなかった場合、安全使用特典としてDJI Care Refreshサービス終了後にメーカー保証期間が1年間延長され、より長い期間安心してご利用いただけます。
その他の専用特典として、優先対応、送料無料、専用テクニカルサポートなどが含まれます。
詳細は https://www.dji.com/service/djicare-refresh にてご確認ください。

 

DJIについて

2006年の創業以来、DJIは民生用ドローン業界の草分け的存在として、イノベーションで世界をリードしています。ユーザーの初めてのドローン飛行をサポートし、プロの撮影作業に革新をもたらしてきました。
今日、DJIは人類の進歩を継続的に促進することで、より良い世界を構築していくことを目標に日々邁進しています。
常に純粋な好奇心をもち、あらゆる問題解決に尽力し、農業、公共安全、測量・マッピング、インフラ点検などの分野にもビジネスを拡大してきました。
DJI製品はこれらの分野においても、新たな価値を生み出し、世界中の人々の生活に前例のない変革を提供しています。

www.dji.com/jp  |  facebook.com/dji.jp  |  twitter.com/djijapan  |  youtube.com/DJIJapan  |  instagram.com/dji_japan  |  www.linkedin.com/company/dji © 2023 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

[1] アクティブトラックは、4K以上の解像度、または60fps以上のフレームレートで撮影中は使用できません。

[2] 実際に利用できる空き容量はシステム構成によって異なる場合があります。詳細はMavic 3 Proの仕様を参照してください。

[3] 166 mm望遠カメラは、ActiveTrack 5.0には非対応ですが、スポットライトとPOIには対応しています。

[4] DJI Mavic 3 ProのHasselbladカメラのみ対応しています。

[5] DJI Mavic 3 ProのHasselbladカメラのみ対応しています。

[6] DJI Mavic 3 ProのHasselbladカメラのみ対応しています。

 


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000262.000015765.html


 

関連記事

  1. 【ブラウザゲーム】美少女ミリタリー戦略シミュレーション「シューティングガール」事前登録開始!

    2015-05-06

  2. 歩兵用装備の刷新を図るシンガポール企業の次世代製品ラインナップ

    2018-02-20

  3. スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画

    2017-07-20

  4. 100 番目のヴィクトリア十字章叙勲者、豪陸軍特殊部隊 故キャメロン・ベアード伍長の戦闘記録

    2016-10-08





アーカイブ

ページ上部へ戻る