TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター

【初心者参考特集】その日の汚れはその日のうちに!Part2 サバゲの後の装備品メンテの手引き


投稿者:乾 宗一郎

基本的に屋外フィールドが多いサバゲーは、服や靴、装備品などが汚れます。そう、いくら注意していてもドロなどで汚れる時は汚れるのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


また、夏場は大量に汗をかくので、プレートキャリアやニーパッドのウラは汗でベトベト・・・ということも普通にあります。

汚れた衣服は洗濯機に入れればいいのですが、じゃあゴツいナイロン製の装備品は?
洗濯機に入れてもいいのか、いやそもそも洗っていいものか・・?

というわけで、今回は装備品を中心としたゲーム後のメンテナンスをまとめてみました。
絶対こうしなきゃダメだよ!とまではいいませんが、迷った時はぜひ参考にして下さい。

ゲーム後に毎回必ずやっておきたいメンテナンス
乾いてカピカピになったドロや、ウェビングやポーチの底に入り込んだ葉っぱなどを取り除きましょう。
基本は濡らしてよく絞った雑巾を使い、ナイロンの目に沿って全体をフキフキします。クリーナーや洗剤はいりません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドロの固まりなどはナイロン製のブラシがあると便利です。
細かいところはハブラシがいいですが、これで全体をこするのはすごく手間です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
[amazonjs asin=”B003NX8BXO” locale=”JP” title=”Lウオッシュ フィットシューズブラシOr 84611″]
見た目にキレイになったら半日~1日、風通しのいいところで陰干しします。この時、直射日光に晒しっぱなしだと退色しやすいので注意。空調の効いた屋内でもOKです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もし大量に汗をかいた後なら、干した後に除菌消臭剤を使うと安心です。
[amazonjs asin=”B00DVDPRRE” locale=”JP” title=”香料無添加ファブリーズ 370ml”]
ダウニーの香りでも構いませんが、無香料タイプがいいですよ。

基本的にゲーム後は毎回これだけやっておきましょう。
人によってはスニーカー用のムースシャンプーなどを使う人もいますが、それならいっそ丸洗いしちゃうほうがいいと思います。

 

数ゲームに1回は、まるまる洗ってしまおう!
特に夏場はバカみたいに汗をかくので、ニオイも気になるところ。こうなったらいっそのこと丸洗いです。
超レアなガチ放出品を洗うのは抵抗ありますが、汗臭くても構わん!という人以外はぜひ洗うことをオススメします。
ベルトやポーチ類なら洗面器で、プレートキャリアなどの大物は洗い用の桶や風呂桶を使います。

やり方としてはまずは漬け置き洗い
単なるお湯でもいいのですが、ちょっとだけ洗剤を入れておくと汚れが早く浮き上がります。
[amazonjs asin=”B000V2EYMC” locale=”JP” title=”シャボン玉 重曹 1kg”]
水やお湯1リットルあたりスプーン1杯程度の薄い溶液を作り、数時間ひたします。

漬ける前にシャワーなどでまんべんなく濡らしておくといいでしょう。別にネットに入れて洗濯機で回したり、手でゴシゴシもみ洗いとかは必要ありません。しばらく洗っていないプレキャリなどは、この段階でずいぶん汚れが浮いてくるはずです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また、ものによってはノリのような固まりが浮いてくることもありますが、ほとんどが生地裏面のコーティングなので気にしなくて大丈夫です。

筆者はポーチ類を取り外さずにそのまま漬けてしまいますが、万全を期したい人は外しても構いません。ただし、パッチ類やポケットの中身、ダミープレートなどは完全に取り除いておいて下さい。

漬け置きが終わったら、シャワーで溶液を完全に洗い流します。上下左右いろんな方向から水流を当てて完全に流しきって下さい。

干すのは屋外がいいですが、やはり直射日光を当てるよりも陰干しがオススメ。日なたしかなければ裏返しで干します。ポーチの底面やポケットの底などはどうしても水が溜まりやすいので途中でひっくり返すなり、時々振るなど工夫しましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これで乾けばきれいサッパリ、新品時の色合いが復活するはずです。

ただ、格安なレプリカ装備品のナイロンは、数回洗っただけで色あせてしまう可能性があります(特にマルチカム)。これはどうしようもないので、自分の中でうまく折り合いをつけましょう。マルチカムパターンやコヨーテブラウンは、実物生地でも洗うと色が抜けてきます。

最後に軽く防水コーティングをかけておくと、次から汚れがつきにくくなります。
[amazonjs asin=”B000W7O0ZW” locale=”JP” title=”NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトスプレー EBE016 【撥水剤】”]
うっすらと軽くスプレーしておくと安心です。

 

ブーツ類はブラシで手洗いが基本
サバゲで使うブーツは、毎回ドロドロに汚れると思います。
気の利く人は帰りの車中を汚さないように、フィールドの水道でドロを洗い流してから帰ると思いますが、それでも完璧には落ちません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
家に帰ったら泥が乾いた翌日にでも、ブラシやタワシでゴシゴシ洗っておきましょう。細部は使い古しのハブラシが便利です。
とりあえず洗うのは外側と靴底だけでOK。洗剤は不要、水洗いで大丈夫です。
ざっと洗ったら内部に消臭スプレーを、外側には防水スプレーを一吹きして、次回のサバゲまで保管しておきましょう。

 

ナイロン製品はちょっとやそっとじゃ傷まないので、わりと大雑把に拭いたり洗ったりが可能です。ドロまみれや汚れた装備がかっこいいのに!という意見もありますが、それで虫がわいたり周囲に汗臭いニオイをまき散らしていたら意味がありません。
常に新品のようにピカピカで・・・というのもアレですが、上記の「毎回のメンテナンス」をするだけでも清潔に、そして長持ちすると思います。
特にプレートキャリアなどは決して安いものではないので、多少は気を使ってモトを取るまで使い倒しましょう。

 

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ