アームズマガジンが平成トイガン30年史を振り返る!

誕生してから50年以上経つモデルガンは昭和の時代に熟成されたのに対して、エアガンは平成の時代に熟成された、いわば平成の申し子と言っても過言ではない。1988年に創刊され、2018年で創刊30周年を迎えた弊誌の節目となった号とともに、年代別にエポックメイキングなトイガンをピックアップ。1988年から2017年まで平成30年間におけるトイガンの歴史を振り返ってみたい。

1988年~1990年 エアコッキングガンからガスガン全盛時代へ

▲アームズマガジン1988年2月号(創刊号)/1988年12月号(月刊化)

■JAC FAL L1A1


L1A1とはイギリス軍の制式名称である。本家のL1A1はセミオートオンリーだが、このJACのL1A1はセレクティブファイアである。全体的にリアルに再現されてはいるが、全長が長いせいもあって剛性が低く、強く握ると本体から軋み音が絶え間なく聞こえていた

■トイテック キャリコM100


JACやアサヒファイアーアームズなどの製品に代表されるBV式フルオートガスガンが全盛の中、トイテックのキャリコM100はエアガン初の3点射バーストができる独自のフルオートメカを搭載したガスガンとして注目を集めた

■MGC スミス&ウェッソン M645


ガバメントと同じ.45ACP弾を使用するオートマチックピストルM645をスライド固定ガスガンとしてリアルに再現。内部にライフリングが施された「サイクロンバレル」を初めて搭載したモデルとして記憶に残っている

1991年~1995年 電動ガンとガスブローバックガンの誕生

▲アームズマガジン1992年8月号(創刊50号)

■東京マルイ FA-MAS F1


BV式ガスガンによるハイパワーゲームが隆盛を極めていた1991年、モーターによってピストンをコッキングする画期的なメカを搭載した東京マルイのFA-MAS F1がデビューした。安定した作動と高い命中精度、扱いやすさから一気に広まり、BVガスガンは廃れた

続きはアームズマガジンウェブで!現代までのトイガンの歴史を振り返ります!

Arms MAGAZINE WEB編集担当

トイガン・ミリタリー・サバゲの総合情報サイト「Arms MAGAZINE WEB」を運営しております。月刊アームズマガジン本誌では伝えきれない情報を毎日配信中です!

投稿者記事

  1. 【本日20時!】最終回『月刊アームズマガジン×リトルアーモリー 指定防衛校 広報室』

    2019-03-28

  2. 次世代電動ガンも発売される「Mk46 Mod.0」を徹底解説!

    2019-03-16

  3. 【速報】IWA&ENFORCE-TAC取材レポート!【月刊アームズマガジン編集部】

    2019-03-14

  4. 「月刊アームズマガジン」&「月刊ガンプロフェッショナルズ」3月号発売!

    2019-01-29

関連記事

  1. 【グッズ】ベア・グリルス監修のGERBERの「サバイバルGBシリーズ」で無敵のサバイバーになる!

    2015-08-09

  2. 【横須賀探訪004】米海軍横須賀基地のお膝元で異国情緒とミリタリーテイスト溢れる小粋なドブ板通りをぶらり散歩!

    2014-03-30

  3. 【初心者応援企画】電動ガンを動かすバッテリー、その種類と正しい扱い方は?

    2015-02-08

  4. 【初心者参考特集】迷彩パターンまとめその1☆米軍現行採用Ver☆!これを押さえておけば装備チョイスに役立つかも?!

    2014-05-03





アーカイブ

ページ上部へ戻る