IWA2014リポート~その38:タクティカル系の新作装備・いろいろ編Part.2

今回はIWA2014の会場内で目についた装備品などをまとめてみました。
もちろん、民間向けのアウトドアイベントなのでSHOTSHOWほどスゴいものは少ないですが、それでも「これは!」というグッズがけっこうありましたよ!
ちなみに第一回のまとめはこちらです。合わせてどうぞ!

TEAM WENDY
exf01
やや深めなシルエットがスタイリッシュなTEAM WENDYのEXFILヘルメットバリスティックモデルが登場!
ライトウエイトでハイカットなデザインはそのまま抗弾性能を持たせたモデルです。exf02carbon
EXFIL BUMPのカーボンモデルにはマルチカム仕様が追加。
これらの露出は今後増えるでしょうから人気が高まりそうです。

 

bolle TACTICAL
bolle01
タクティカルアイウェアのbolleの新製品「BALLISTIC VISION」は、ストラップとテンプルが差し替え式。状況や運用形態に応じてカスタマイズができます。bolle02
従来のゴーグルタイプにはカラーバリエーションが追加されていました。

 

OAKLEY
oak01
高品質はアイウェアだけでなくバッグやグローブもラインナップするのがOAKLEYのSiシリーズ。単独のブースで展示を行っていました。

oak02SI BALLISTIC GOGGLE 2.0
新製品の「SI BALLISTIC GOGGLE 2.0」。
フレームが一新され、ストラップ取り付け部が可動式になっていました。フレームカラーはBK、DE、MCなど数種類あります。

oak03
こちらも新製品。
MOTION  DUFFEL」の新作は防水性のギアバッグ。oak04
ショルダーストラップに控えめなロゴマークが入ります。

 

selbstverteidigungsschirm
se01
Sicherheitsschirm」は文字通りやたらと頑丈な傘。カーボン素材を使い、折れず曲がらずという特徴から、セルフディフェンス用としてアピールしていました。se02
ここまで反っても壊れない!
公式Webの動画ではサンドバッグをひっぱたいたりキックボクサーをボコボコにしたりとやりたい放題ですw
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=4f3j9ceAfik[/youtube]
ただ、残念ながら布貼り部分には対弾性能はありません。

 

 

TASMANIAN TIGER

IMG_9260

tt01

ドイツの装備品メーカーとして有名なTASMANIAN TIGERも大きなブースで出展していました。

tt02
同社の代表作ともいえる「TT RANGE PACK G82」。
容量は121リットルという大型バックパックです。価格は480ユーロとやや高め。

tt03
IMG_9265
各種のポーチ類も大量に展示。ドイツメーカーならではのフレックパターンを随所にちりばめられています。
タスマニアンタイガーといえばG36のマガジンが入るポーチを使っているサバゲーマーも多いのでは?
全体的に厚手のコーデュラを使った、耐久性の高い作りが特徴といえます。

 

Voodoo TacticalIMG_9231

vd01
独特なデザインの装備品を多数ラインナップするのがVoodoo TACTICAL。
以前にも紹介した原色パープルやピンクのガンケースもしっかり展示されていました。めちゃくちゃ目だちますw
vd02
同系列の7.62 Designのアパレルも大量に展示。いかにもアメリカン!なTシャツやチェストリグ模様のシャツなどが有名ですね。

 

vertx
vt01
最近KryptecパターンのBDUをリリースして話題となったvertxのブース。
当然ながら、さまざまなアパレル製品でKryptecパターンを推していました。

IMG_9305
定番のVTX-RunnerやOPS Soft Shell Vestなどもじっくり見られます。このあたりは普段使いも問題ないですね。

vt02 vt03
やっぱりKryptecのパンツはかっこいい!
裁断や縫製もしっかりしており、人気が高いのも納得です。

 

EU-TACTICAL-SUPPLY
eut01
ヨーロッパの大手タクティカルグッズ通販サイトの「EU-TACTICAL-SUPPLY」にあったマンターゲット。
なぜゾンビなのかは分かりません。ペーパーターゲットより実戦的で、なおかつ遠慮なくガンガン撃ち込めるからでしょうか。同社のブースにはG3やARのカスタムガンも置いてありましたが、このターゲットが一番目立っていました。

 

他にもハンティング系を中心に膨大な量のグッズが展示されていましたが、タクティカル系は思ったより少数でした。それでも今回まとめたようなブースには多くの来場者で賑わっており、それなりに人気があったのだろうと思われます。

 

[amazonjs asin=”B00EET21M8″ locale=”JP” title=”SI バリスティック ゴーグル レプリカ + LuckSnatcherキャリーポーチのセット【BLACK】”]

 

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。ここ数年はガスブローバックのARカスタマイズにハマっている。好きな映画は『エイリアン2』、好きなモビルスーツは「トールギス」。サバゲはエアガンカスタムのフィールドテストとして嗜む程度。

投稿者記事

  1. 【実銃ネタ】ハンドガードが溶けるほど撃ち込みたい! AR15は何発で燃えるのか?

    2018-01-26

  2. 【実銃ネタ】ナイツのSR-15 E3 MOD2は新しいガスブロックを装備していた!【マニア向け】

    2018-01-25

  3. 【実銃ネタ】Crye Precisionのショットガン「SIX12」の公式ムービーがシュールすぎてネタにしか見えない件。

    2018-01-24

  4. 【Youtube】60秒で分かるアクション映画! 「エイリアン2」編が見事にまとまっている件。

    2018-01-12

関連記事

  1. 【不定期連載】名作アクション映画の銃器類を改めて検証しよう~『エイリアン2』編

    2014-02-26

  2. 【イベントリポート】福島・いわきのインドアフィールド・R-GUN studioの「R-GUN祭 秋の陣」が開催!

    2015-10-19

  3. 【コンバットマガジン】パワーソースについて真面目な考察

    2016-11-10

  4. 【パンツの日】8月2日は「パンツの日」!なのでイカした迷彩パンツを集めて見た!【男性物編】

    2014-07-30





RSS さばなび

アーカイブ

ページ上部へ戻る