現役のスナイプ特化ライフルM24 SWS

ガスガン「M24 SWS 24inch version2 Cartridge type Gas Gun」が、タナカワークスより発売された。
「M24 SWS 24inch version2 Cartridge type Gas Gun」は、M24 SWSをガスガン化したものだ。
実銃も踏まえて見ていこう。

 

・実銃は現代陸軍や警察で幅広く採用されているスナイパーシステム

M24 SWSは、アメリカ陸軍や警察、日本の陸上自衛隊など、陸軍や警察で幅広く使われているスナイパーウエポンシステムだ。
SWSとはスナイパーウエポンシステムの略語で、ライフルだけでなく、付属装備品を含めた名前となっている。

銃単体ではレミントン・アームズ社のスナイパーライフルM24となるが、M24は現役で活躍しているボルトアクション式ライフルだ。
ボルトアクション式ライフルなので、連射力は無いが、高い集弾性を備える。
まさにスナイパー向けの銃器だ。
しかし、その連射力の無さと相談数の少なさから、自衛力に乏しく、市街戦で使いづらい側面があるため、アメリカ陸軍では代替としてM110に置き換わっている。
とはいえ、このM24の真価はスナイピングにある。
M110はセミオートマチックでマルチな用途に対応できるが、M24よりも集団性が低く、有効射程距離も短い。
スナイパーライフルとしてはM24の方が特化している。

 

・M24をサポートするスナイパーウェポンシステム

M24の他のスナイパーウェポンシステムにはスコープとバイポッドがあり、これらを一体とした運用が想定されている。
特にスコープはMark4 LR/T M1 8.5-25x50mmが多く採用されている。
このスコープは8.5倍~25倍と高倍率だ。
スナイピングに特化したM24との相性は抜群だろう。
ちなみに弾薬については、一般的には7.62ミリNATO弾を使うが、強力な.338ラプア・マグナム弾を採用しているところもある。
.338ラプア・マグナム弾は、NATO団のおよそ2倍の威力を持ち、対人だけでなく対軽車両でも有効な弾丸だ。

 

・ガスガン「M24 SWS 24inch version2 Cartridge type Gas Gun」

ガスガン「M24 SWS 24inch version2 Cartridge type Gas Gun」の魅力は、やはり現役で稼働しているボルトアクション式スナイパーライフルという点だろう。
クラシックな銃のファンも多いが、現役で使われている銃のファンもまた多い。
銃自体も、スコープを含めて大きいので、ボルトアクションの操作をする際にも迫力を楽しめるのだ。

image Credit: https://www.amazon.co.jp/

ファンキキ

ミリタリーとゲームと料理が好きなおっさん。
ウェブライター兼シナリオライター兼VTuberです。

投稿者記事

  1. ミリキャンで使える簡単ペペロンチーノレシピ

    2022-11-30

  2. 熊本県の特徴的なサバゲーフィールド3選

    2022-11-22

  3. 水星の魔女が各所でバズり!6話後の総集編で未視聴者も追いつくチャンス!

    2022-11-18

  4. GYAO!で2022年11月に期間限定無料で見られるミリタリー映画3選

    2022-11-16

関連記事

  1. 【連載】今日から使えるミリタリー雑学講座~第10回 今だ現役! 自衛隊のご長寿兵器まとめ

    2017-11-14

  2. 【エアガンカスタム】マグプルPTS・MASADA ACRを安心して使うにはココをイジろう!

    2013-12-28

  3. 【まとめ】期待のガスブロ「M4A1 MWS」をミリタリー仕様にドレスアップする予習講座

    2015-11-06

  4. 【連載】もと女性自衛官アヤベの「ここだけの話」その5~隊員食堂で絶対に言ってはいけないこと

    2015-05-27





アーカイブ

ページ上部へ戻る