TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
News 2020.07.30

Hulu × ヒストリーチャンネル共同製作ドキュメンタリー映画「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」8月2日(日)日米同日公開

オンライン動画配信サービスHuluにて、数々の受賞歴を持つコンテンツを製作しているグローバルメディア企業A+E Networks®️が運営するヒストリーチャンネルと共同製作した「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」を8月2日(日)に日米同日公開することが決定になりました。

「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」は、ドキュメンタリー分野においてエミー賞をはじめとする多数の受賞実績があるイギリスの有力製作会社October Filmsにより、広島と長崎への原爆投下から75年の節目を迎える2020年に向けて製作されました。
監督にはドキュメンタリー作家のジェイムス・エルスキン(『氷上の王、ジョン・カリー』、『パンターニ/海賊と呼ばれたサイクリスト』)を起用。
「原爆を産み出したマンハッタン計画を遂行する研究者たちの焦燥や葛藤」が当事者達の肉声と実録映像をのみ通じて語られるアメリカ側の視点と、「原爆投下前の日本の日常風景、そして被爆直後の焼け野原と化した広島と長崎の記録映像と被爆者たちの声」で語られる日本側の視点と、日米双方を360度の視点で構成しています。

制作は当事国ではないイギリスのOctober Films。
原爆がもたらした日米の姿を客観的に捉え、真実が時系列に描かれています。
最新技術でクリアになった当時の音声とデジタルリマスターでカラー化した映像には、双方で直接的に関与した人々の真実の声が記録されている様子。
また、本作には原爆投下後の日本を撮影したモノクロ映像(アメリカ軍が日本から強制徴収した映像)や、戦後75年の時を経て初公開となるアメリカのクルーが撮影した被爆地の映像や原爆の開発を推進した研究者たちの肉声などが含まれています。

Huluの常務取締役/チーフ・コンテンツ・オフィサーの長澤一史が本共同製作への参画の意図につき下記の通りに語っています。

「広島、長崎への原爆投下という人類史上最も悲劇的ともいえる出来事から75年という節目の年に向け、ドキュメンタリー製作において数々の受賞歴を持つOctober Filmsが世界的なネットワークを持つヒストリーチャンネル向けに、投下された原爆の実態とその後の真実を未公開の関係者達の肉声も交えて包括的に描くドキュメンタリー映画を企画しているというお話を聞き、その企画意図に強い興味を覚えました。
そしておそらく今後、これを超えるものはなかなか企画し難いだろうとも思いました。
であればこそ、このドキュメンタリー作品が日本人の立場としても世界中の人々に見ていただきたいと心底思えるものになって欲しいという想いから共同製作への参画を決断致しました。
原爆投下による被害の恐ろしさを訴えるという意味においては、これまでも多くの先人達が様々な形で尽力されてきたと認識致しております。
しかし様々な葛藤はありながらも原爆の開発を推進し、投下をした立場と、その被害に苦しみ続ける人々、双方の立場からできるだけ客観的かつエモーショナルにその全体像を描き出す点において過去に例のない作品に仕上がっているのではないかと思います。
世界中のひとりでも多くの方にこの作品をご覧いただき、原爆のもたらした現実について関心を持っていただくきっかけになることを強く願っております。」

また、共同製作を展開するA+E Networks®︎のスティーブ・マクドナルド氏(グローバルコンテンツセールス兼インターナショナル・社長)とショガト・バネルジー氏(アジア地域マネージング ディレクター・日本代表執行役員社長)も下記のようにコメントを寄せました。

「広島、長崎への原子爆弾投下から75年が経ち、この歴史的なドキュメンタリーをH Jホールディングスと共同で製作できたことを嬉しく思います。
核兵器の恐ろしさを今一度世界に伝える作品になることを願っています。」

―スティーブ・マクドナルド

「このドキュメンタリー映画が、75年目の節目に原爆の真の恐ろしさについて考える機会にとどまらず、歴史の有益な教訓を世界中の人々にもたらしてくれることを切に願っています」
―ショガト・バネルジー

「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」は、国内では8月2日(日)から字幕版・吹替版、英語字幕版をHuluにて独占配信します。
そして、日本とアメリカを含め、世界26以上の国と地域で放送予定。
「原爆の恐ろしさ、平和への祈り」を世界中に届けます。

■配信情報
Hulu × ヒストリーチャンネル共同製作ドキュメンタリー映画「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」
8月2日(日)からHuluにて独占配信 (字幕版、吹替版、英語字幕版)

【現在の放送予定国】(7月17日時点/アルファベット順)
1.      Australia
2.      Brunei
3.      Cambodia
4.      Germany
5.      Greece
6.      Hong Kong
7.      Indonesia
8.      Japan
9.      Macau
10.    Malaysia
11.    Maldives
12.    Mongolia
13.    Myanmar
14.    New Zealand
15.    Norway
16.    Palau
17.    Papua New Guinea
18.    PNG & Pacific Islands*
19.    Philippines
20.    Singapore
21.    South Korea
22.    Sweden
23.    Taiwan
24.    Thailand
25.    United States
26.  Vietnam

Huluとは https://www.hulu.jp/
Huluは映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティを楽しめるオンライン動画配信サービスです。
月額定額料金でいつでも、どこでも、60,000本以上の作品が見放題。
日本初上陸の海外ドラマを配信する 「 Huluプレミア」や、独自で製作する 「Huluオリジナル」を筆頭に、テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信などラインナップも幅広くHuluでしか観られないコンテンツも豊富に取り揃えています。
また、ライブ配信も充実。
日米英ニュ ース、音楽、ドキュメンタリー、スポーツなどをお楽しみいただけます。
さらに会員の方は都度課金制のHuluストアも利用可能。
Huluストアでは劇場公開から間もない最新映画や海外ドラマの最新シーズンなどをレンタル/購入できます。
HuluもHuluストアもインターネットに接続したテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで視聴可能です。

A+E Networks®︎とは https://jp.aenetworks.com/
A+E Networks ®は、ディズニーABCテレビジョングループとハーストの合弁会社で、A&E®、Lifetime®、HISTORY®、LMN®、FYI®、VICELAND®、Blaze®、Crime+Investigation®などの大人気の文化関連ブランドを持つグローバルコンテンツ企業です。
A+E Networks®︎は、放送事業に加えて、ドラマ製作部門のA+E Studios™、ドキュメンタリー・リアリティーショー製作部門のSix West™、インディペンデント映画部門A&E IndieFilms ®、Lifetime Movie ClubとHISTORY Vaultを含むSVODでの取り組み、アプリやHistory This WeekなどのポッドキャストのA+E Digital®、体験型のライブイベントおよびeコマースのA+E Consumer Enterprises®などの幅広い事業を手がけています。
また、世界中のブランドチャンネルとコンテンツ配信、番組の共同製作を行うA+E International®などのプラットフォームを持ち、グローバルに展開しております。
A+E NetworksのTVチャンネルと番組は、41言語、200以上の地域で3億3,500万世帯以上に提供されています。
日本では、エーアンドーイーネットワークスジャパン合同会社(A+Eジャパン)として、ヒストリーチャンネルを運営。
全国670万世帯にご視聴いただいています。
また、動画配信サービスを通じて、ヒストリー、Crime+Investigation®(C+I/シーアイ)ブランドの番組を配信しています。
A+Eジャパンは、独自で番組の製作、マーケティングサービスを行うA+E CREATIVE PARTNERSチームを持ち、2019年には衛星放送協会オリジナル番組アワードでCAB―J賞を受賞いたしました。

HP: https://jp.aenetworks.com/ https://jp.history.com/

Twitter: https://twitter.com/HISTORYjp

YouTube: https://youtube.com/HISTORYjp


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000212.000023394.html


 

, ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ