TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【SHOWBIZ SURVIVORS #2】鈴木 咲「逮捕しちゃうぞコスで参戦しようかと…」


投稿者:吉々是良

数多の才能が現れ、しのぎを削る芸能界はさながら「サバイバルフィールド」。そんな場所に身ひとつで勝負する猛者たちに話を聞く! 第2回は大のサバゲ好きを公言する鈴木咲ちゃん。装備からプレイスタイルまで、かなりのこだわり派なのだ!

DSC03066 - 2015-01-23 14-30-15

 サバゲは最高のエンタメ!ヘビロテです

「けっこう行っているんですよ、サバゲー。3日前も友達が初体験するので、装備一式そろえるために一緒に秋葉原行きました。次は取っつきやすい立て込みのある市街地系のフィールドの定例会に連れて行こうと思っています」

こんな発言からもわかるとおり、タレントの鈴木 咲ちゃんはかなりのサバゲーマーなのである。「月に5回フィールドに訪れることもある」らしい。そこに「冬は特に、定例会がハイシーズンほど混んでいないから最高です」と被せてくるあたり、やり込み度はなかなかのものと見た。

「朝早くにみんなで行ってお昼にカレー食べて…それってなんか遠足みたいじゃないですか。大人になると初めて会った人と打ち解けることって難しいけど、サバゲーだと性別年齢関係なく仲良くなれる。これって最高のエンターテインメントだと思うんですよね」

さらに、咲ちゃんなりの楽しみ方もあるとか。

「友達と『逮捕しちゃうぞ』のコスプレで行こうかと話すこともありますよ。結局、マスクすると雰囲気が出ないのでやめましたけど」

実はもともと大のコスプレ好き。芸能界に入る前は“美人コスプレイヤー”として名をはせていたのだ。

今やコスプレよりサバゲ!狙う一挺は…

DSC03037 - 2015-01-23 14-26-49

「コスプレはお金のかかる趣味なんですよ。さらにほかにもいろいろ趣味を持っていると、金銭的にキツくて…。だから最近はサバゲ一本に趣味を統一している感じです。といっても、サバゲーだって突き詰めると、どんどんお金がかかるんですけどね」

とはいえベースはコスプレ好き。装備品へのこだわりはなかなかのものらしい。

「でもウェアは女性用のサイズ少ないじゃないですか。最初はウッドランドを選んだんですけど、色が濃くてブッシュで割と目立つんですよね。だからちょくちょく買い換えて、今はウェアの組み合わせを楽しんでいます。基本的には軽装ですよ」

「ライフルはHKのG36Cですね。だって見た目がカッコいいから」という一方、「でも友達に撃たせてもらったトレポン(トレーニングウェポン。実銃並みの再現度の高額電動ガン)の性能に驚いて!」と付け加えるあたり、徐々に“本気度”が増しているのがうかがえてほほえましいのである。

「ハイサイ(※発射サイクルの早い電動ガン)ほしいなあ(笑)」

芸能人だらけのサバゲーイベントを開催したい!

「プレイスタイルは、けっこうアグレッシブに動くタイプですね。基本的には顔に当たらない自信があるんですけど、マネジャーに怒られるのでフルフェイスです」

なにせ顔も体もタレントにとってみれば商売道具。ちなみにその美しさをぞんぶんに披露しているのが、発売中の最新DVD「透明度100% 鈴木咲」である。

「『日常に疲れたOLが旅に行く』というテーマで、かなり大胆に脱いでいますよ。おっぱいよりおしり派の人にはオススメです。でもそんなに自分の体に自信はないので、グラビアはいまだに恥ずかしいんですよ」

もちろんそれは、あくまで謙遜!グラドル自画撮り部なる活動もしているのに、ちょっと意外なセリフだけど、最近はそれこそ“得意”が仕事になりつつあるらしい。

「スナップの仕事をいただいたり、ラジオ番組でサバゲーをやったり、おかげで仕事の幅が広がっています。芸能界を見渡すと、サバゲー好きの方ってけっこういるんですよね。今年の目標は、『芸能人だらけのサバゲイベント』をどうにか開催することです。さばなびさん、協力してくれませんかね?(笑)」


 

鈴木 咲

1987年愛知県生まれ。グラビアアイドル。また「ポニーキャニオン グラドル映画宣伝部」としての活動も行っている。サバゲーのみならず、アニメやマンガも好きだとか。

, , , ,

WRITER PROFILE

吉々是良

吉々是良

1981年生まれ。ガジェットレビューから広告のコピーライティングまで幅広く手がけるが、得意分野は芸能関係のキャスティング&インタビュー。サバゲ...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ