TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【新フィールドレビュー】京浜地区のサバゲーマーお待ちかね!インドアフィールドShadow浜川崎の”ココがすごい!”7つのポイント【その2】


投稿者:横須賀 敦史

昨日からお伝えしている、神奈川県川崎市にできたインドフィールド『Shadow浜川崎』さんのフィールドレビュー
既にオープンして、絶賛貸切予約中なのですが、今回はShadow浜川崎さんを細かく見ていくことにしましょう!
題して、「Shadow浜川崎のココがすごい!7つのポイント!」

モデルは引き続き、西山野園美(にしやまのぞみ)ちゃんです!
IMG_4441
※モデルさんはゴーグルやフェイスマスクを装着していない写真がありますが、フィールドに入る際は安全のため必ず防具を着用して下さい。フィールドに誰もいない(安全を確保した)状況で撮影しています。

POINT 01 基本は2層式だけど中二階もある!

IMG_4448
1回目のレビューでは触れていませんが、実はこのShadow浜川崎さんは場所によっては中二階部分があるんです。
IMG_4397
天井は低めなので遊ぶ際には要注意。
IMG_4389
155cm弱の野園美ちゃんでもぶつかるので、背が高い人は中腰で入ることになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
階段もありますが、1mくらいの高さの台からも中二階へとアクセスできます。
IMG_4296

POINT 02 とにかく階段が多いので単調にならない!

Shadow浜川崎の代表の鷲見(すみ)さんが特にこだわったのが階段の数だとか。
フィールドを設営する側からすると、階段は場所をとるし、設置にもいろいろ手間がかかりますが、よりエキサイティングなフィールドにしたいという思いから、設置した階段は全部で11か所(近日中にあと2か所設置予定)!
IMG_4299 IMG_4366 IMG_4283 IMG_4407 IMG_4378OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_4307 IMG_4262階段の数が少ないと待ち伏せなどで一網打尽になったり、階段を挟んで膠着してしまいがちですが、これだけあると守る方も攻める方も気が抜けません。
このフィールドの常連になるなら、階段を使った戦略はしっかりマスターしておきたいところです。

PONIT 03 1階vs2階の攻防も可能!

ところどころ、吹き抜け状態になっており、1階と2階で交戦が可能。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_4346前後左右のみならず、上下も警戒する必要がある立体的なゲームが楽しめます。
IMG_4569
POINT 04 長モノも使えるゆとりのある通路

セミオート推奨ですが、通路は広いのでハンドガンのみならず長モノだって使えます
IMG_4508 IMG_4419
POINT 05 工場跡地なので雰囲気たっぷり!

Shadow浜川崎さんの建物は元々は工場だったので、随所に建物そのものの味が伝わる構造物が残されています。
それがゲームをする上で、かなりテンションをあげてくれます。

例えばハシゴ状の階段
IMG_4466IMG_4469
※あくまでオブジェとして残されているのでゲーム中の利用はお控え下さい。

柱は鉄骨なのでこれまた雰囲気十分!
IMG_4434
鉄骨の根元はコンクリートの土台もあり腰を下ろすこともできます。
IMG_4624
バリケードには倉庫風にダンボールなども積まれているので、それがまたギャングのアジトのような雰囲気を醸し出してくれています。
IMG_4357
また、1階の床はコンクリートなのでこれも雰囲気を盛り上げてくれます。
IMG_4358

POINT 06 大型スクリーンで楽しめるフィールド内の様子

フィールド内には各フラッグポイントに向けて4つのカメラが設置されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAその映像は、セーフティに設置されたプロジェクターと大型スクリーンで楽しむことが可能です!
IMG_4312 IMG_4711

POINT 07 こだわりの光るマーカー!

また代表の鷲見さんが苦労して見つけてきたというコチラが本当に優れもの。
IMG_4331マーカーとして使うのですが、電源を入れると発光します!
IMG_4520さらにボタン操作で、色の切り替えも可能です。
IMG_4527 IMG_4524 IMG_4523

といった感じがShadow浜川崎さんに遊びに行ってみて感じた、特に皆さんに伝えたいポイント。
公共交通機関を使ってもフィールドに行けますし、クルマも近隣に大型のコインパーキングがあるのでとっても遊びに行きやすいフィールドでもあります。
横浜・川崎地区のサバゲーマーにとっては待望のインドアフィールドではないでしょうか。

協力:インドアサバゲーフィールドShadow浜川崎
所在地:〒210-0851神奈川県川崎市川崎区浜町4-12-9
徒歩:JR「浜川崎」駅より徒歩15分
バス:路線図川崎駅東口6番乗り場より【川40】系統、「浜町四丁目」下車
車:東京方面より首都高速1号羽田線 大師出口より8分
車:横浜方面より首都高速神奈川1号横羽線 浅田出口より5分
コインパーキング(45台) 徒歩1分
公式Webサイト:http://sfshadow.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/shadowhamakawasaki

衣裳協力:x115x Taylor
Webサイト:http://an3.militaryblog.jp/
※今回使用したボディアーマーはx115x Taylorさんの「BABY LOWVIS ARMOUR」。細身の野園美ちゃんでもジャストサイズで着られて女性にもオススメです。

IMG_4691モデル:西山野園美(にしやまのぞみ)
アイドルグループ「めるへんまじっく」に所属するのぞみちゃん!
渋谷や池袋のライブハウスを中心にアイドル活動を行っています。
公式ブログ:にんげんさんか http://ameblo.jp/mammo-ni/
公式Twitter: @nozoccho

「めるへんまじっく」のライブ詳細はコチラ
また、10月にはのぞみちゃんが初の舞台出演が決定!
舞台『ヨルハ』公式Webサイト:http://alicein.info/
銃を持つシーンもあるとか。

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

横須賀 敦史

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされて...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ