TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
SPECIALエンタメ 2015.06.05

【週末映画ピックアップ!】2015年6月5日~6月7日 今週末に見に行ってみたいさばなび編集部が気になった公開中映画を大紹介!

週末にサバゲに行きたいけど丸1日は予定が空いていない…。
高ストレス社会をサバイバルし続ける現代人に贈る、
サバゲに行けなくてもストレスを発散できそうな
オススメ映画紹介コーナー!

1本目は、全世界で大ヒットを記録した人気アクション超大作シリーズ最終章の前編
『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』です!
movie0605_01

【あらすじ】
<ハンガー・ゲーム>記念大会の闘技場から、危機一髪で救出されたカットニス(ジェニファー・ローレンス)。彼女が収容されたのは、滅亡したとされていた第13地区の、地下にある反乱軍の秘密基地だった。コイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍は、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)が君臨する独裁国家パネムを打倒し、自由で平等な新国家を建設するための戦いの準備を進めていたのだ。政府軍に故郷を破壊され心を痛めたカットニスは、革命のシンボルとなり、反乱軍のリーダーとして独裁国家に立ち向かうことを決意。しかし狡猾な大統領は反乱を未然に抑え込むべく、人質にしたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をテレビ番組に担ぎ出す。プロパガンダに利用されるピータのやつれはてた姿を目の当たりにし、胸を引き裂かれるカットニス。やがて両陣営の緊張が高まるなか、反乱軍はピータ救出作戦を実行するが、その先にはカットニスを襲うさらなる過酷な運命が待っていた…。


ジェニファー・ローレンス主演のサバイバル・アクションシリーズ最新作。前作『ハンガー・ゲーム2』は2013年の全米興行収入年間1位、本作は『アメリカン・スナイパー』に次いで2014年の2位という超人気シリーズです。本作では「ハンガー・ゲーム」に参加するのではなく、独裁国家打倒を掲げレジスタンスとして戦うことになります。
本作から新たに加わったジュリアン・ムーアや昨年2月に急逝したフィリップ・シーモア・ホフマンなど、脇を固める面子も豪華ですね。完結編となる『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』は11月公開予定。

公開日:2015年6月5日(金)
公式サイト:http://www.hungergames.jp/

2本目は、ディズニー製作のSFミステリー・アドベンチャー『トゥモローランド』です。
movie0605_02

【あらすじ】
ピンバッジが光った瞬間、そこからすべては始まった――
ケイシー・ニュートン、17歳。ある日、彼女の持ち物に見慣れぬピンバッジが紛れ込む。それは、彼女が夢見た世界へのチケットだった。ピンバッジに触れると、ケイシーはたちまちにしてテクノロジーの発達した未知なる世界に…。果たして、ここは未来なのか?だが、バッテリー切れと同時に、ケイシーは見慣れた世界へと引き戻されていた。

必死で夢の世界へと戻ろうとするケイシーの前に現れたのは、ピンバッジを彼女の荷物に紛れ込ませたと言う、謎の少女アテナだった。その世界の名は“トゥモローランド”。再び訪れたいのならば、フランク・ウォーカーという男を訪ねるようにとアテナは誘う。アテナが人類の未来を託したふたりの人間、それこそがケイシーとフランクだった――だがそれは、壮大な冒険の始まりに過ぎなかった。


ウォルト・ディズニー社の保管庫に眠っていた雑誌の切り抜き、奇妙なディスク、地図などの様々な資料がきっかけで生まれたという本作。当初は『1952』という名の企画として発表され、ディズニーの極秘プロジェクトとして様々な憶測を呼んでいました。
ウォルト・ディズニーが思い描いた未来を題材にした映画とのことですが、ストーリーについては謎の部分も多く、予告編だけではちょっとわかりません。「トゥモローランドの謎を解き世界を救うためあなたは選ばれた」というアテナのセリフがポイントかも?

公開日:2015年6月6日(土)
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html

3本目は、生田斗真がネット社会のダークヒーローを演じるクライム・サスペンス
『予告犯』です!
movie0605_03

【あらすじ】
事件は唐突に始まった。Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被り、ネット上に現れた“シンブンシ”と名乗る「彼」は、法では裁かれず、見過ごされがちな罪を犯した者たちを暴露。そして「彼」なりの制裁を加えていく。集団食中毒を起こした食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。すると食品加工会社で火災が発生した。ネット犯罪を取り締まる、警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香は、この謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。捜査を続ける吉野はシンブンシが単独犯ではなく、複数犯であることに気付く。それでも「彼ら」は吉野をあざ笑うかのように、予告と制裁を繰り返していく。そして予告配信現場に残される“ネルソン・カトー・リカルテ”という謎の文字。巷には「彼ら」を神と崇める模倣犯も出現し、マスコミの報道は過熱。遂には政治家殺害予告にまで至り、社会現象へと発展していく。果たして「彼ら」をこの凶行に駆り立てた真の目的とは?吉野は「彼ら」の知られざる過去に事件解決の糸口を見出すのだが・・・。ネット社会を震撼させる衝撃の結末とは一体?

予告編は公式サイトにて:http://yokoku-han.jp/trailer.html

原作は筒井哲也の同名漫画。新聞紙の頭巾をかぶった謎の男“シンブンシ”が動画サイトに犯行予告動画を投稿し、法で裁かれない「悪」に対して制裁をを繰り返すうちに、社会現象となっていく様子を描きます。事件を追うエリート刑事役には戸田恵梨香。
メガホンを取った中村義洋監督は、『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』など、ミステリー小説原作の作品を映像化することにかけて定評のある監督だけに、本作も期待が高まります。

公開日:2015年6月6日(土)
公式サイト:http://yokoku-han.jp/

また、新宿シネマカリテで6月26日(金)まで開催されている「カリコレ2015」の中では、誘拐された美女を救うべく、一人の男が『ランボー』ばりの孤独なゲリラ戦を繰り広げるという
『ザ・タイガー 救世主伝説』
幼い頃から暗殺者養成学校で鬼教官(サミュエル・L・ジャクソン)に訓練されていた少女(ヘイリー・スタインフェルド)が、指名手配の武器商人(ジェシカ・アルバ)を捕らえるという指令を受けた際に自分の死を偽装し、あこがれていた普通の高校生としての生活を満喫しようとする、豪華キャストのコメディ
『ベアリー・リーサル』
などが気になります。

『ザ・タイガー 救世主伝説』

『ベアリー・リーサル』

[amazonjs asin=”B00O8O7Q1K” locale=”JP” title=”ハンガー・ゲーム2 Blu-ray”]

, , , , , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

波多野 弘之

東京生まれのアラフォーライター。サウスポー。青春時代は野球に捧げたが、 チームメイトには内緒で漫画やゲームにどっぷり浸る隠れオタクだった。その趣 ...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ