【装備レビュー】これだけあれば他はいらない! お手軽装備の代名詞・HSGIの「COSTA RIG」レビュー

サバゲは電動ガンとゴーグルさえあれば(とりあえずは)できますが、何回かやっていくうちにいろんな装備が欲しくなってきます。
中でも人気があるのが「チェストリグ」。よだれかけのような腹かけスタイルで予備マガジンなどを携帯する装備です。
これはチェストリグの代表的なモデル、人民解放軍の56式弾帯(カスタム品)です。
552
しかし、プレートキャリアよりかさばらないとはいえ、人によっては動きにくく感じたりオナカがつっかえるかもしれません。チェストリグくらいの収納量でもっと動きやすく、かさばらない装備があれば・・・

はい、それが今回紹介するHSGIの「COSTA RIG」。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オナカではなく足(太ももの上の方)に装着する弾薬パネル(?)のようなものです。
名前の「COSTA」はいうまでもなくあの「クリス・コスタ」氏を意味し、彼がプロデュースというか協力してできたプロダクツ。一部では「ヒゲリグ」と呼ばれていますね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
よく見るとCOSTA LUDUSのマークが刺繍で入っています。
全体的にすごくシンプルですが、よく見ると「これは!」というよく考えられた装備です。

全体を見ると小型のレッグポーチのようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ウエストベルトへのループは2本、太ももに回すベルトは1本。
ポーチ部はライフルマグ用+ハンドガンマグ用のコンビポーチ×2、単体のハンドガンマグ用の固定式になっています。
なお、写真のものは余ったバンジーコードを切って短くしてあり、普通はもっと長く余っているはずです。

各ベルトはファステックスで簡単装着。わざわざウエストベルトをはずさなくても大丈夫です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面はすべり止めのメッシュ。パンツにピタッと吸い付きます。
もしかしたら多少は蒸れにくくなっているのかもしれません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

太もも用のストラップ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
滑り止めのゴムが縫い込まれています。写真をやる人なら「DOMKEのストラップ」といえば分かると思います。なので、数年で加水分解してボロボロ剥がれてくるのもDOMKEと同じではないかと・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
3つのポーチはモールではなく差し込みやベルクロでがっちり固定されていますが、がんばれば取り外しは可能っぽいです。

ポーチ部を上から見たところ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ポーチ自体はバンジーコードと樹脂でマガジンをホールドするHSGIの「TACO」。マチがかなり広がるので、いろいろと収めることができます。
ただし、抜くのはともかくマガジンを入れる時はやや力が要ります。特に慣れないと1発でキレイに収めるのは難しいかもしれません。練習しましょうw

というわけで、いろいろ手持ちのマガジンを入れてみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最も基本というか教科書的なセットアップです。
AR用のEMAG×2、グロックマガジン×2、シュアファイアG2というもので、普通にサバゲやるならこれだけあれば十分ですよね。

大きなマガジンも入ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真はSCAR-H用の308マガジン。問題なくバッチリです。
逆にAR用の20Rマガジンはすっぽり収まってしまって取り出すのに難儀します。
AKマグやG36マグも入りました。

SMGマガジンは細い方にぴったり。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
MAC11用の380マガジンです。走ったくらいでは抜けません。
他にトンプソン用の45口径マグや、MP7用にも対応しています。

ハンドガンだって収まります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
グロックのようにスライド側面が平らなハンドガンならばっちりですが、スライドにキズが入ります。
思いっきり走るとスッポ抜けて落ちるかもしれません。「入ることは入る」というレベルです。

シングルカラムのマガジンにも対応。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
TT33用の細いマガジンでもフィットして固定できました。もちろん1911マガジンもOK。
SIG P230のマガジンは沈んで取り出しにくくなったので、ポケットピストル系は要注意です。

装着見本
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
毎度ながら小柄な女性に装着してもらいました。
背の高い男性だと太もも用のベルトが足の付根にくるので、ベルトポーチとレッグポーチの中間くらいとイメージすれば間違いないと思います。レッグポーチほど走りにくくなく、腰回りのジャマにもなりません。
それなのに左手を下したちょうどいい位置にマガジンがあるので、目視しなくても予備マガジンをつかんで抜くのも簡単。誰が使っても使いやすいと感じるのではないでしょうか。

 

そんな便利なCOSTARIGは、国内だと20,000円くらいで買えるようです、筆者は海外通販で120USドルくらいで購入しました。
レプリカも出回っていますが、バンジーコードが弱かったりファステックスが取れやすかったりとデキはイマイチだとか。そんなに高いものじゃないので本物を買った方がイイと思います。

サバゲでこれを使うとプレキャリやチェストリグがいらなくなるので、荷物を少なくしたい時などにいかがですか? あるいは暑いこの時期専用にもぜひ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さばなびのフィールドレビューでモデルさんに装着しているように、ポーチのないスリックアーマーと組み合わせると捜査員っぽく見えたり見えなかったり・・・。

ベテランはもちろん、初心者にもオススメできるとても使いやすいリグです。
先日紹介したD3チェストリグと同様、「もうこれだけでいいんじゃないか」といわれるほどの完成度をぜひ体験してみて下さい。

 

 

HSGIの商品ページ(現在は「LEG RIG V1」という名称になっています)
COSTA LUDUS

 

[amazonjs asin=”B006OJ41H4″ locale=”JP” title=”THE ART OF THE TACTICAL CARBINE マグプル流戦術カービン銃技法 DVD BOX 2″]

 

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。ここ数年はガスブローバックのARカスタマイズにハマっている。好きな映画は『エイリアン2』、好きなモビルスーツは「トールギス」。サバゲはエアガンカスタムのフィールドテストとして嗜む程度。

投稿者記事

  1. 【実銃ネタ】ハンドガードが溶けるほど撃ち込みたい! AR15は何発で燃えるのか?

    2018-01-26

  2. 【実銃ネタ】ナイツのSR-15 E3 MOD2は新しいガスブロックを装備していた!【マニア向け】

    2018-01-25

  3. 【実銃ネタ】Crye Precisionのショットガン「SIX12」の公式ムービーがシュールすぎてネタにしか見えない件。

    2018-01-24

  4. 【Youtube】60秒で分かるアクション映画! 「エイリアン2」編が見事にまとまっている件。

    2018-01-12

関連記事

  1. SHOTSHOW2014リポート! その6:Crye Precision(クライ・プレシジョン)編

    2014-01-16

  2. 【セラコート】米軍指定塗料、セラコートの驚愕の実力を徹底解説!

    2015-05-08

  3. 【さばなび1周年特集Vol.4】 実銃関連の記事ではこれが人気だった! 意外なランキング発表!

    2014-10-04

  4. SHOTSHOW 2014リポート! その32:タボール・AUGなどブルパップライフル編その2

    2014-02-04





アーカイブ

ページ上部へ戻る