TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
SPECIALIWA 2014.03.20

IWA2014リポート~その20:ハンドガンのラインナップが充実! S&W編


投稿者:乾 宗一郎

アメリカを代表するガンメーカーの1つがS&W(Smith & Wesson)。
かつては高精度なリボルバーで一世を風靡しましたが、世のオート化の流れに乗り遅れて一時は会社の存在自体がピンチに。しかし現在ではM&Pシリーズが好評でかなり持ち直してきているそうです。
そんなS&Wはラインナップの大半がハンドガン。IWAでの展示もハンドガンが中心となりました。

 

M&P Pistol
02


S&Wの現行ラインナップの主力製品がハンドガンの「M&Pシリーズ」。
ストライカー方式、ダブルカラムマガジン、ポリマーフレームという現代的なコンバットオートで、口径やサイズでいくつかのバリエーションがあります。
特徴は中折れ式のセフティトリガー(写真はサムセフティ付きのモデル)で価格は569USドル。

03
9mm口径の「M&P9 VTAC」。 Viking Tacticsのライセンスを得たカスタムモデルで、F/RのVTAC Warriorサイト、FDEカラーのスライドなどが特徴です。
バレル長4.25インチの標準的なモデルで価格は799USドル。

04
M&Pコンパクトの携帯性を上げたモデルが「M&P9 SHIELD」。バレル長は同じく3.1インチですが、シングルカラムマガジンで装弾数は7+1発。重さも538gと軽くなり、コンパクトキャリーとして最適なモデルです。

05
M&P9の真っ赤なモデル。ラバーガンではなくちゃんとした実射可能なものです。詳細は確認できませんでしたが、フレームはポリマー成型色でした。

06
これもブルーガンではなくシミュニッション専用弾モデル
特注のブルーフレームにSIMUNITION社の専用スライド+バレルのコンバージョンキットを組み込んだものです。使用弾は「9mmSecuriBlank」で装弾数は変わりません。

07
新製品の「SD9 VE」。9mm×19弾を16初装填できるダブルカラム・ストライカー方式のオートマチックで、見るからにグロックっぽいというか、かつてあったSIGMAっぽいというか・・・。
M&P9よりローエンドを担うハンドガンで、389ドルとお手頃価格です。

08
S&Wにも1911シリーズがラインナップされています。
写真は最も基本的な「S&W1911」。フロントセレーションが入るスライドにロープロファイルサイトを装備。外装式エキストラクターも装備し、装弾数は標準マガジンで8+1発というセミカスタムモデルです。
価格はちょっとお高く1,079USドル。

09
SHOTSHOW2014でデビューした「BODYGUARD 380」。9mmショート(380ACP)を6+1発装填するコンパクトキャリーガンです。価格は419USドル。昨今ではこのクラスのコンパクトオートは各社揃ってラインナップしていますが、そんなに人気なんでしょうか?

10
M629 Performance Center」。ノンフルートシリンダーにレイル付きフルーテッドバレルを装備。口径は44マグナムで6連発。バレルは9インチです。
さすがにものすごい仕上がりですが、その分お高く1500USドルくらいするらしいです。

01
S&WのARクローンが「M&P15」。写真は22LRモデルで新製品の「M&P15-22 CAMO APG」。
手軽な22LRのARは各社ラインナップしていますが、それだけ需要があるらしいです。
価格も559ドルと格安(通常のM&P15は1,000USドル以上します)。

 

今回の展示をみると、S&Wといえばやはりハンドガン、しかもちょっと高級な一流ブランドと改めて意識しました。特にパフォーマンスセンターのカスタムモデルのデキは見事。銃に詳しくない人でも「コレ高いでしょ」と分かるレベルです。
しかし、1911もARもS&Wがリリースするとは、時代は変わったなぁと思わずにはいられませんw

 

 

[amazonjs asin=”B003D7K07K” locale=”JP” title=”スミス&ウエッソン M&Pタクティカルペン 黒 アルミ”]

 

, , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

オルガエアソフト


  • ピックアップ