TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
SPECIALエンタメ 2014.03.08

【映画レビュー】4対200の最悪の戦場で生き延びたSEALs隊員の実話を元にした感動の生還劇『ローン・サバイバー』が3月21日より公開!


投稿者:横須賀 敦史

WS000381-kai


ネイビーシールズ創設以来の最大の悲劇とも呼ばれる「レッドウイング作戦(タリバンのリーダーの狙撃を目的とした作戦)」で生き残った元SEALs隊員の手記を元に作成された映画『ローン・サバイバー』がいよいよ来週、3月21日(金)より公開されます!

さばなびでも再三に渡り、取り上げてきましたが今回はレビューです。

サブ4

この映画は、2005年6月にタリバンの指導者・アフマド・シャーの暗殺を目的に立案され、実際に行われた「レッドウイング作戦」の一部始終を描いた作品です。

狙撃に先立ち、現地の偵察任務をおった4人のSEALs隊員が、偶然にも遭遇してしまった現地(アフガニスタン)のヤギ飼いを解放したことから、約200名のタリバン兵から追われることになるというストーリーです。

5685

主演は、知る人ぞ知る名作『ザ・シューター/極大射程』で主演をつとめたマーク・ウォールバーグ(他にも『テッド』『デパーテッド』『2ガンズ』など)。
狙撃兵・衛生兵のマーカス・ラトレル役を好演。

5685_D001_00547_R_CROP
そしてわきを固める俳優陣も豪華で、
まずは『バトルシップ』のテイラー・キッチュが、指揮統制・偵察兵のマイケル・マーフィ役。

5685_FPF_00304R
偵察・通信兵のダニー・ディーツ役が、
『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ
(個人的には『ガール・ネクスト・ドア』のマジメな好青年役の印象)。

狙撃兵のマシュー・アクセルソン役には『メッセンジャー』のベン・フォスター。

5685_FPF_00063R

そしてレッド・ウイング作戦の指揮官海軍少佐のエリック・クリステンセン役には、
『ミュンヘン』のエリック・バナなど、主演級がズラリ!

サブ3

映画の冒頭では、SEALsがいかに精鋭部隊かということが、端的に理解できる訓練映像が流れます。
この段階でかなりSEALsへのリスペクトが高まります。
また、SEALs隊員たちがきつ~い訓練(手足を縛られてプールに沈められるなど…)をこなしながら、
「俺たちは兄弟だ!」と言っているあたりにグッときます。

サブ2

ちなみに映画の解説では、”2年半の訓練で選抜された0.5%(※おそらく海軍全体の中でという意味だと思います)のみのエリート”と記述されていました。

さばなび読者の方々には説明不要だとは思いましたが、改めて聞くと、すごいですよね。

そうしたSEALsのバックボーンを伝えた後に、隊員たちの基地での平和な待機シーンが挿入され、精鋭たちの親しみ深いやりとりが見られます。

そして作戦当日。
ここからSEALs隊員たちのツラく、厳しい戦いの日が始まるのです。

5685_D026_00800_CROP

順調に偵察が進んでいたはずが、ヤギ飼いに遭遇し、解放したことで始まる最悪の連鎖。
つながらない無線。
仲間がどんどん倒れていく。
倒しても倒しても出てくる敵兵。
気がつけば崖で行き止まり。
そんな状況で傷付きながらも仲間を気遣いながら、逃げる隊員たち。

5685_FPF_00493R

援軍は来るのか?
圧倒的不利な戦場を脱出することができるのか?
そうしたところが見どころになります。

と、ここまででもかなりハラハラドキドキの展開なのですが、
映画後半には、よりドキドキの展開が待ち構えています。

後半の見どころはコチラ(ネタバレ含む)
※ネタバレを好まない方は鑑賞後にクリックしてください

, , , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされて...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ