【実銃ネタ】スタームルガーの名作「MINI-14」に300BLKモデルが追加ラインナップ!

※本記事は過去記事の内容を基に校正しています

アメリカのスタームルガー(RUGER)といえば、歴史のあるアメリカのライフルメーカーです。そのラインナップで人気が高いのが「MINI-14」

308口径のM14(民間モデルはM1A)を5.56mmに小口径化したもので、オリジナル譲りのライフルストックとボックスマガジンが特徴。AR15よりもおとなしい外観なので「周囲に恐怖感を与えにくい」と80年代には各地のSWATチームが使ったといわれています。
もちろん現在もラインナップされており、ガスピストン式ARクローンの「AR-556」とはまた違う層に好評だとか。

そんなMINI-14に300ブラックアウト(300BLK)対応の新バージョンが追加されました。

モデル名は「MINI-14 TACTICAL ROFLE Mod.5864」。価格は1,019USドル。
もともと300BLKは、5.56×45mmのARでバレルだけ交換すれば撃てるという互換性を重視した弾薬。マガジンも装弾数もそのままながら、弾頭重量は普通の5.56×45mmの2~4倍。パンチ力が高く最近ではハンティングで多用されています。

スポーターストック(ライフルストック)に使い勝手のいいボックスマガジン、そしてパンチ力のある300BLKとくれば、かなり有効なハンティングライフルになるのではないでしょうか。


こちらが同仕様の5.56mmバージョン(Mod.5847)。重さは同じ3.06kgですが、さすがにバレルは細いですね。

また、アクション映画好きであれば「MINI-14=ハンニバル」が思い浮かぶハズ!
かつてあったTVドラマ『特攻野郎Aチーム』で、リーダーのハンニバルがよく使っていたのがこれです。

主にシーズン2以降、フォールディングストックのステンレスバージョンを使用し、セミオートでパカパカ撃っているので、フルオート可能なAC-556ではなく民間用のMINI-14といわれています。
2010年にリメイクされた映画版『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』でも、途中でMINI-14を使うシーンがあり、お好きな人はきっとニヤリとしたことでしょう。

残念ながらMIN-14やAC-556の電動ガン・ガスブローバックはありませんが・・・

こんな現代的なモデル(Mod.5846)があるとなると、ぜひエアガンでも欲しいと思ってしまいますね。

無線導入で更にサバゲーが楽しくなる!
[amazonjs asin=”B005RT633C” locale=”JP” title=”アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300″]

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバイルガジェット情報、ファッション情報などを扱うWebメディアです。

投稿者記事

  1. ANAグランドスタッフの業務内容や航空業界のしくみなどが分かる航空業界・地上職を目指す人のための必携書! 「ANAグランドスタッフ入門 最新版」発売

    2021-12-21

  2. 世界の主力戦車が1/43スケールで登場!WEB限定販売『第二次世界大戦 傑作戦車コレクション』

    2021-12-14

  3. 男のロマンをくすぐるミリタリーライクなヘリ型ドローン『GHOST-EYE』を応援購入サービスMakuakeにて先行販売

    2021-12-13

  4. 【おそロシア】マスク着用拒否で発砲され2人死亡【モスクワ】

    2021-12-10

関連記事

  1. 駅の電光掲示板を手に入れる

    2017-03-11

  2. ベルクロからマグネットにお手軽に変更しよう!マグネットレトロフィットキット「MRK551」

    2014-01-08

  3. iTunesから素敵な無料キャンペーンが今日から開始! 12日連続でアプリや歌、電子書籍などが毎日日替わりで無料ダウンロードでできる! 参加しないのは損でしかない!?

    2013-12-26

  4. 【無料コミック】サバゲーファン必見!女子高生とホストとエロ漫画家の『青春×機関銃』が配信中

    2015-08-11





アーカイブ

ページ上部へ戻る