TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALまとめ 2015.04.09

【ガンケース】Amazonで買えるガンケース&ガンケースに使えそうなものをまとめてみた!


サバゲーに参加する際には必需品といえるガンケース。特に電車でも、エアガンをむき出しで持って行くわけにはいきませんからね。
ということで今回は「Amazonで買える」ガンケースを、「M4カービンが入るサイズ」という条件のもと、有名ブランドの物からガンケース「としても」使えるというものまでまとめてみました!




高級ケースの代名詞ともいえるペリカンのガンケース。
お値段も重量もかなりのものですが頑丈さは折り紙つき。ウレタンフォームでエアガンをバッチリ保護してくれます。
高価なトレポンやガスブロを安心して持ち運ぶため、あるいは雰囲気たっぷりの演出など、エアガンをもう一丁買う代わりにこれを買うという選択もありかもしれません。
お気に入りのステッカーをぺたぺた貼ってドレスアップしてもいいですね。




一般的なソフトタイプのガンケース。
5.11タクティカルはアメリカで警察関係者や軍関係者にも人気のあるメーカーで、日本でもタクティカルパンツが有名ですね。
このガンケースもオーソドックスですが機能性は充分。36インチなので16インチバレルのARがジャストで入ります。
そして何といっても実銃対応。根本的な作りが違うので、ずっと使えるでしょう。




コンドルアウトドア社は、米国に本拠を置くタクティカルギアメーカー。
全体的にお手頃価格の製品が多いですが品質はしっかりとしたもの。プレートキャリアやタクティカルベストも好評です。
このガンケースは外側に取り付けるポーチが取り外せるようになっているため、セフティで小物を入れておくのに便利そう。
こういったプラスアルファの機能があるガンケースを選ぶのもいいと思います。



ハードタイプのガンケース。
プラノはポリプロピレン製ツールボックスで有名になり、現在はタックルケースのメーカーとしても知られています。
そこそこの長さがあって価格が手頃なハードケースというと真っ先にオススメしたいのがこれ。軽量でボルトアクションやショットガンなら2丁同時に入ります。
車のトランクにもあまり気にせずポイポイと積めるのでかなり便利です。



こちらはお手頃価格のソフトケース。
Amazonにはこのぐらいの価格帯のガンケースも豊富にあります。最初に装備類をまとめて揃える時は、まずお手軽なこのあたりから選ぶという人も多いでしょう。
ガンケースはいくつあってもいいので、お手頃なものでとりあえず各サイズを揃えてしまう、という手もあります。

ここからはガンケースじゃないけどガンケースとしても使えそうなものを。




先日こちらの記事でも紹介したスリムスーツケース。
高さ80cmなのでM4A1カービンならほぼピッタリのサイズ。同時に装備品も入るでしょう。つまり、これ1つだけでサバゲに行けます。
車でもこの上に他の荷物を積めるのでトランクが有効活用できます。




PROTEXはメイド・イン・ジャパンの高品質ケース専門メーカー。上のスリムスーツケースと似たような製品ですが、内寸は約86cm。
これならHK416Dも入り、ゴーグルやチェストリグなどが同時に入れられるのも同じ。
乗り合わせの集合場所までゴロゴロと転がして持ち運べるので、ストレスなく便利に使えます。
普段は家でこの中にエアガンをまとめて入れておくのもいいですね。
在庫状況はメーカーのWebサイトでも確認できます。




楽器メーカー・ローランドのキーボードバッグ。
キーボードバッグってガンケースと見た目がそんなに変わらないですね。長めのストラップや内側のパッドなどガンケースとしての条件も満たしています。
こちらはM4カービンにピッタリな61鍵用ですが、76鍵用などもっと長いケースはボルトアクションライフルも入ります。



エレキギター用のギターバッグ。ギターよりベースの方が長いので、もっと長い銃を入れたい人はベースバッグでもいいかもしれません。
ガンケースほどジャストフィットしませんが、何より人目につかず目立たないのがポイント。背負うためのストラップもしっかりしています。
特に電車ゲーマーにはありがたいところです。



こちらは同じメーカーのアコースティックギター用。厚みのあるボディが収まるように幅広の作り。
どちらもクッション性に優れているのでしっかりエアガンを保護してくれるでしょう。厚みがあるので間仕切りを工夫すれば2丁入れられるかも・・・?



ゴルフのキャディバッグです。
キャディバッグにはカートタイプとスタンドタイプがあり、こちらはスタンドタイプ。カートタイプよりも軽量で持ち運びに向いています。
ガンケースとしては長さは十分で、周囲のポケットに小物もまとめて収納可能。見た目より軽いのも特徴で、何より「エアガンが入っている」とはまず思われません。
家族にバレないようサバゲーに行かなければならないお父さんはぜひこれで。




最後は以前の記事でも紹介した、ギターケース型のライフルケース「バトルアックス」。街中でのカモフラージュ効果はほぼ完璧ですね!
厚みがあるクッションの効いた内装は機能的にもバッチリで、ゴツくて丈夫そうなストラップもポイント。
逆にこれにギターを入れているミュージシャンもいるとかいないとか。

高級ブランドのもの、オーソドックスなもの、お手頃価格のもの。選択肢はたくさんありますが、どれを選ぶかも楽しみの一つ。
本来はガンケースじゃないバッグも、代わりとして使えることが多いので、気になるものがあったらぜひ試してみてください。

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム