TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター

【エアガンカスタム】PTS純正オプション・PDR-C用グリップエクステンションを入手→これはいいものだ!


投稿者:乾 宗一郎

つい先日もお伝えしたPTS・PDR-C用のグリップエクステンション発売と同時に「出たよ!」と紹介しましたが、その時速攻でオーダーしていた現物がやっと手元に届いたので軽くリポートします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


なお、半年ほど前に「海外製3Dプリンタ製の延長グリップ」も入手しているので、それとの比較もしてみました。PDR-Cユーザーはぜひ参考にしてください。

パッケージは見慣れたPTSのもの。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビニールのソフトパッケージが多いアフターパーツ業界において、PTSのボール紙製の梱包は独特ですね。

肝心の現物はこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
毎度おなじみのポリマー製らしく、表面の仕上げもあってテカテカした感じはありません
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内部も深くできており、2400mAの7.4Vリポ、9.6Vのニッケル水素バッテリーも行けそうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
前側から見るとこんな感じ。後方のモヒカンみたいに見える部分がポイントです(後述)。

PDR-Cに装着してみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本体とほぼ同じ仕上げでセレーションも違和感なし。あと付け感がないのはいいですね。
ただ、(新品だからかもしれませんが)差し込む時はちょっと固いので、位置決めのミゾをよく見てまっすぐ押し込みましょう。

引いて見るとこうなります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
HK416のサツマイモグリップのような程よく膨らんだ印象です。

これが以前に紹介した3Dプリンタ製の個人製作品。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
多少デザインは違いますが握った感触や増加スペースはほぼ同じです。
ついでに両方並べてみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
3Dプリンタ製の方は厚い塗膜で取り付けが困難だったため、挿入部の塗装を全部剥がしています(白い部分)。この角度から見るとそう変わりはないように見えますが・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
後ろ側から見ると違いは一目瞭然。PTS製はロック部がこっちについていました。
3Dプリンタ製の方はノーマルと同じく差し込み部にありますが、ロックレバーが小さくてちょっと外しにくいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
底部も放熱孔が違います。ただ、穴の大きさの違いによる差はあまりないかもしれません。そもそもノーマルのグリップエンドにはスリットないですから。

このように単にノーマルのグリップエンドを差し替えるだけで手軽にグリップ(バッテリースペース)が延長できます。今回は香港のショップから海外通販で購入しましたが、現地での価格は13USドル。国内での販売価格は2,000円くらいかな?(適当w)

前にも言ったかもしれませんが、大きなバッテリーを使えることよりも配線やコネクタをグイグイ押し込まなくて済む方がメリットがあるかもしれません。
そして何より小指までしっかり握れるので取り回しが向上!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
PDR-Cを本気で使うにはぜひ欲しい、いやPDR-Cオーナーにとっては必須ともいえるオプションだと思います。本気でオススメ!

PTSのfacebookページ

 

[amazonjs asin=”B00D3I8ZFI” locale=”JP” title=”MAGPUL PTS製 電動ガンPDR(Personal Defense Rifle) 【スプリング交換弾速調整済】”]

, , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ