TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALエンタメ 2015.02.20

【週末映画ピックアップ!】2015年2月20日~2月22日 今週末に見に行ってみたいさばなび編集部が気になった公開中映画を大紹介!

週末にサバゲに行きたいけど丸1日は予定が空いていない…。
高ストレス社会をサバイバルし続ける現代人に贈る、
サバゲに行けなくてもストレスを発散できそうな
オススメ映画紹介コーナー!

1本目は、米軍史上最高の狙撃手クリス・カイルの半生をクリント・イーストウッド監督が映画化した戦争ドラマ『アメリカン・スナイパー』す!
movie0220_01

【内容紹介】
描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生だ。テキサス州に生まれ育ち、少年のころの夢はカウボーイか軍人。2003年にイラク戦争が始まってから4回にわたり遠征。その常人離れした狙撃の制度は1.9km向こうの標的を確実に射抜くほどだったという。公式記録としては米軍史上最多の160人を射殺。味方からは「伝説の狙撃手」と英雄視される一方、イラクの反政府武装勢力からは「ラマディの悪魔」と恐れられ、その首には18万ドルの懸賞金がかけられた。
しかしカイルの素顔は、命がけの壮絶な局面でも仲間を一心に守りたい、そして遠い戦地にいながらも大切な家族に良き夫、善き父でありたいと願うひとりの男。
戦争の狂気に取り憑かれつつ、故国で待つ家族をこよなく愛する主人公の光と影を生々しく掘り下げる。この複雑な人間探求を、息つく暇もない緊迫感の中で描く手腕はイーストウッドならでは。
原作はニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー第1位を13週に渡り独走した自伝『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊)。過去に『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』など優れた戦争映画を手掛けてきたイーストウッドだが、手に汗握る戦闘シーンなどこれぞ最高傑作であり、全キャリアの到達点と呼べるものだろう。

YouTube Preview Image
第87回アカデミー賞で6部門にノミネートされ、全米興行収入は3億ドルを突破。『プライベート・ライアン』を抜いてアメリカの戦争映画史上最大のヒットとなった本作が、いよいよ日本公開です。
主演のブラッドリー・クーパーは、自身より20キロも重い筋肉質なカイルになりきるため過酷な肉体改造に取り組んだ模様。『ハングオーバー! 』のイケメン教師のイメージとは別人です。
ネイビー・シールズでカイルの戦友だったケビン・ラーチが本人役で出演しています。役名のドーバーはシールズ時代の愛称です。海軍技術顧問として作品のリアリティにも貢献しました。
予告編を見ただけでも戦闘の緊迫感が伝わってきます。これは楽しみですね!

公開日:2015年2月21日(土)※R15+指定
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/

2本目は、ドニー・イェンが裏社会に生きる潜入捜査官に扮したリアル・アクション映画『スペシャルID-特殊身分-』です。
movie0220_02

【あらすじ】
黒社会のボス、ホン(コリン・チョウ)の組に長年潜入捜査しているロン(ドニー・イェン)は、兄弟分のサニー(アンディ・オン)がホンの兄弟分クンを殺害してブツを盗んだことで、ホンからサニーを探すように命令される。同様に香港警察のチャン警部からもサニーを確保するように指示されたロンは、中国・広東省に飛び、中国警察のジン刑事(ジン・ティエン)と組むことになる。久々にサニーに再会するものの、サニーの命を狙う殺し屋が現れ、ロンの差し金ではないかとサニーからも疑われたロンは、ジン刑事とぶつかりながらも事件解決に挑む!

YouTube Preview Image
“宇宙最強の男”の異名を持つ香港のアクションスター、ドニー・イェン久々の現代アクション出演となる本作。これまでのクンフー・アクションにMMA(総合格闘技)の要素を取り入れたリアルアクションを目指して作られているとのことです。
ドニー・イェンの右腕的な存在であり、『るろうに剣心』でアクション監督を務めた谷垣健治氏が今回もスタント・コーディネーターとして参加。『るろうに剣心』のスタント・チームも協力した激しいスタント・アクションが見どころです。

公開日:2015年2月21日(土)
公式サイト:http://www.specialid.ayapro.ne.jp/

3本目は、失踪した夫を捜すヒロインが驚愕の真相に迫っていく様子を描いたインド発のサスペンス『女神は二度微笑む』です。
movie0220_03

【あらすじ】
2年前、毒ガスによる地下鉄無差別テロ事件で多くの犠牲者が出たコルカタの国際空港に、美しき妊婦ヴィディヤが降り立った。はるばるロンドンからやってきた彼女の目的は、一ヵ月前に行方不明になった夫のアルナブを捜すこと。しかし宿泊先にも勤務先にもアルナブがいたことを証明する記録は一切なく、ヴィディヤは途方に暮れてしまう。やがてアルナブに瓜ふたつの風貌を持つミラン・ダムジという危険人物の存在が浮上。それを知った国家情報局のエージェントが捜索に介入し、ヴィディヤへの協力者が何者かに殺害される緊迫の事態に発展していく。

はたしてアルナブはミランと同一人物なのか、それとも人違いで何らかの陰謀に巻き込まれたのか。少々頼りなくも誠実な警察官ラナの協力を得て、なおも夫捜しに執念を燃やすヴィディヤは、2年前の無差別テロと結びつく驚愕の真相に迫っていくのだった……。

YouTube Preview Image
最近歌わず踊らないインド映画が増えてきていますが、本作もそんな作品の一つ。インドのアカデミー賞と言われるインド・フィルムフェア賞で5部門を受賞し、すでにハリウッド・リメイクも決定。ミステリーとしての完成度は高そうです。
ちなみに、タイトルにある女神とは、ヒンドゥー教の戦いの女神ドゥルガーのこと。優雅な容姿と激烈な気性を兼ね備えた女神と伝えられ、その極端な二面性が本作のミステリーのベースになっているそうです。渋谷・ユーロスペースを皮切りに、全国順次公開。

公開日:2015年2月21日(土)
公式サイト:http://megami-movie.com/

他にも、スティーブン・セガール最新作『沈黙の制裁』シネマート六本木にて2月21日(土)から公開されます。
YouTube Preview Image

また、2月下旬までヒューマントラストシネマ渋谷で開催されている「未体験ゾーンの映画たち 2015」の中では、政府の機密情報を持ち出して警察やロシアンマフィアに追われる海兵を描いた『タイムリミット-72』が面白そうです。
YouTube Preview Image

, , , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ