TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【特集】ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店サバゲー体験のススメ!!


投稿者:サトウ トミ

01-1

◆インドアサバゲーが体験できるASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店

大都会の真ん中に突如インドアサバゲーフィールドを作ったことで話題になり、
新しいサバゲーエンターテイメントを次々と世に送り出しているインドアサバゲーフィールドチェーンASOBIBAの旗艦店ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店

4413
フィールドの詳細はさばなびでも紹介させていただきましたが、この店舗のコンセプトはズバリ「サバゲーを知らない人にサバゲーを知って体験してもらう」ということで、板橋店や名古屋店といったASOBIBAの既存店舗とも、通常のサバゲーフィールドともひと味違う、エンターテイメント感あふれる作りになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
中央に人工芝のエリアがあり、それを挟むようにお互いの陣地があります。人口芝のエリアは不可侵エリアなので、ここを挟んでお互いに撃ち合うことに。
人数は基本的に3vs3になるそうです。広さも大きめの教室といった感じで3vs3がちょうどいいスケール感。
ヒットされたら自陣に戻って復活ポイントにタッチして復活、そして戦列復帰。
これで5分間戦い続けます。5分後、復活した回数の少ない方が勝利!

エアガンは全てレンタルで持ち込みNG、使用するエアガンは威力の低いライトプロ(10歳以上が使用できるエアガン)です。もちろん、年齢制限は10歳以上!
OPENから1ヶ月半を過ぎた現在、どのような感じで賑わっているのでしょうか?

◆ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店で楽しむ人たち

9月某日の日曜日、ショッピングを楽しむ家族連れや、カップルで賑わうヴィーナスフォートの一角にあるASOBIBAを覗くと・・・・

家族連れで賑わっていました。
その中の女性にお話を伺うと、お子様が中で遊んでいるそうです。

IMG_2862

元々鉄砲が好きな子なのですがどこでこういう遊びをしたら良いのかわからなくて・・・・河原でやるわけにも今はいきませんし(笑)

とお母様。確かに、最近は子供が外で思いっきり遊べる場所、減ってます。
ちびっこソルジャー達は「楽しかった!」「もう1回やりたい!」と大満足の様子。
フィールド内では、安全面に注意しながらASOBIBAのスタッフが一緒に遊んでくれるので、子供たちはサバゲー、親御さんはお買い物、なんて光景もちょくちょく見られるのだとか。

IMG_2868

次にやってきたのはサバゲー未経験の若い男性チーム。
防護用に迷彩服はレンタルしてもらえるので、ショッピングのついでにふらりと立ち寄るのも全く問題ありません。そう、足下がビーチサンダルでも!w
念のため、クロックスのレンタルもありますよ。

IMG_2866

エアガンに触るのが初めてでも、スタッフが丁寧に説明してくれます。

IMG_2874

遊び終わって感想を聞くと、「すごく楽しかったです!」といい笑顔を見せてくれた彼ら、
「屋外のサバゲーもやってみたい!」とサバゲーに興味をもってくれたようでした。

この日はちょうどサバゲー好きで有名な声優の戦え!ぴっちょりーなさんが1日店長を努めるということで午後になると就任式(?)が店舗前で行われておりました。

IMG_2885

IMG_2891

ぴっちょりーなさんも元気に接客!
こちらもはじめてサバゲーをやるという男性グループ。

IMG_2899

この日は他にもお父さんと息子の親子連れや、カップルなども!普段ミリタリーやサバゲーに興味がなくても、偶然通りかかって「お、面白そうな事やってるな!」と来店する方がほとんどでしたよ。料金設定も1ゲーム500円と、ワンコインなのも良いですね。
まさにサバゲーを知らない人がサバゲーを知って体験できる、コンセプト通りの賑わいを見せていました。

◆ASOBIBAの取り組み

僕たちの役割は、サバゲーの入口を提供することではないかと思っています。サバゲーという趣味はすごく面白いけれど、敷居が高い部分もあります。距離だったり、フィールドへ行く足だったり、装備だったり・・・・。だからサバゲーをもっと普及させるために極力簡単に体験できるものがあれば良いとおもったんです。
そう語るのはASOBIBA広報の正嵜さん。

IMG_2904

ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店店長のそうしさん(左)、ASOBIBA広報の正嵜さん(右)

元々、都内にフィールド(八重洲・大門、現在は既に閉店)を作ったときも同じような想いがあったのだそう。
すぐいけてすぐ遊べる、そんなサバゲーフィールドがあったらなぁ・・・そんな思いを形にしたのがASOBIBAなんですね。

そして、ASOBIBAではレギュレーションの部分でもサバゲーの入口としての取り組みを行っています。
初心者の方でも上級者の方でもあらゆるお客様がより安全で不安なくゲームを楽しんで頂くため、ということで今月(2014年9月)から、板橋店・名古屋店でのエアガン弾速レギュレーションを0.81J以下に設定(オープン戦のみ、貸切の場合は推奨。詳しくはこちら)。

現在ほとんどのフィールドが採用しているレギュレーションからすると、自分のエアガンを持ち込む場合は調整が必要なレベルでのレギュレーション変更ですね。ズバリ、この思い切った決断の意味を広報の正嵜さんにお聞きしてみたところ
初心者や初めてサバゲーをやる方の『サバゲーって痛い!怖い!』を解消するために決断しました。千葉などにある屋外のサバゲーフィールドや、郊外にある広めのインドアサバゲーフィールドがゴルフコースだとしたらASOBIBAは打ちっぱなし。ASOBIBAでサバゲーを体験してくれた人がそこから幅を広げて本格的なサバゲーをはじめてくれたら嬉しい。
とのお答えが返ってきました。
うーんなるほど!!
ASOBIBAさんの取り組みがサバゲー普及の一端を担っている事は間違いなさそうです。

初心者や初めてサバゲーに行く方はもちろん、サバゲーマーの皆さんも彼女やご家族、お子様をサバゲーに連れて行くときは是非ASOBIBAさんを利用してみては!?

IMG_2896

「来店お待ちしています!」ASOBIBAお台場ヴィーナスフォート店スタッフの皆様

ASOBIBA公式ホームページ:http://asobiba-tokyo.com/new.html

関連記事

【新フィールド】ASOBIBAが今度は大阪日本橋にオープン!!コンセプトがガチで楽しそうな件。

【新感覚フィールド紹介】ASOBIBA板橋サバゲーフィールド初!?VRパノラマによるMAPを公開!

【新フィールドレビュー】名古屋のど真ん中!大須に登場したインドアフィールド「ASOBIBA名古屋」が内部も魅力的だった!

その他ASOBIBAの記事はコチラから!

, , , , , ,

WRITER PROFILE

サトウ トミ

サトウ トミ

さばなび編集部女性ライター第一号。ゆるい記事から真面目な記事まで独自の視点で”サバイバル”を伝えていく。インタビューが生き甲斐で、サバゲーマー=人の魅...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ