TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALまとめ 2014.05.05

【航空自衛隊】みんな知ってる?救急搬送の最後の砦! 航空機動衛生隊その2「世界初! 空飛ぶICU」


投稿者:綾部綾

WS001081全3回でお伝えしている自衛隊の中でもまだあまり知られていない謎多き部隊「航空機動衛生隊」に迫る短期連載「救急搬送の最後の砦!航空機動衛生隊」シリーズの第2弾!

【前回記事】
【航空自衛隊】みんな知ってる? 救急搬送の最後の砦! 航空機動衛生隊その1「毎日やってる災害派遣」

さっそく、綾部綾さんのレポートに入っていきましょう!

-------------------------------------------
WS001084

今回ご紹介する航空機動衛生隊AMES(Aeromedical Evacuation Squadron)(以下「機動衛生隊」)
は、平成18年に新編されたばかりの、まだ新しい部隊です。所在するのは愛知県の小牧基地。同じく小牧基地に所在する第1輸送航空隊のC-130に、機上医療専門の装備品、「機動衛生ユニット」と専門クルー4名を搭載して小牧基地から飛びたちます。
ph000

■ ドクターヘリとどう違うの?

「救急搬送なら、最近話題のドクターヘリがあるじゃん!」って? 違うんですよ。ドクターヘリで運べるのは半径50km圏内の近傍エリアに限ります。しかも、夜間や荒天時は飛べません。

そして、電源がない。電源がないと、生命維持装置をつけたままの重症患者を運ぶことができないんです。他の輸送機でも、集中治療室の環境をにわかづくりで整えるのは不可能。

飛行機には設備がなくて危険。陸路で搬送する時間の余裕もない。そんなときの救世主が機動衛生隊なんです。

■ 世界初! これが機動衛生ユニット「空飛ぶICU」だ!
ph001
こちらが機動衛生ユニット。1号機2号機と2つあります。こちらは2号機ですね。このユニットをC-130に積み込んだ状態で、小牧基地から患者さんの最寄の空港へ。患者さんを受け入れたら搬送先の医療スタッフ等が待機している遠方の空港へ向かって飛び立ち、そこで引き渡すまでが機動衛生隊の任務です。

中を見てみましょう。
ph009

うわっ! 本当に集中治療室だ!

ph002
壁面にも医療器材がびっしり。

ユニット内には血液ガス分析装置、超音波診断装置、自動心肺蘇生器、人工呼吸器、除細動器などが装備されています。それに加えて、外部からの医療機器を持ち込むこともできます。

1つのユニットで運べる患者さんは、状況に応じて3人まで。
こちらが1名仕様の状態。大型の外部機器も持ち込めますね。
ph011
続いてこちらは3名仕様の状態。
ph010

■ 防音、電磁遮蔽……機上医療はここが特殊だった!

C-130は旅客機じゃありません。いい意味で、人も荷物の一部。当然だけど、「お客様に快適な空の旅をお過ごしいただく」つもりなんか全くない!

出典:航空自衛隊

出典:航空自衛隊

だから、機内はものすごーくウルサい。耳栓必須です。筆者も在職時に小牧基地から入間基地まで往復しましたが、耳栓を忘れて大変なことになりました。降りてからしばらく、耳が聞こえないの……ほんとだよ……。

医療って、無言で行うわけにはいきませんよね。集中治療室にいる患者さんは、いつ容態が急変してもおかしくないから、モニター音にだって耳を澄ましておかなければいけないし。このユニット内は、ドアを閉めるととっても静かです。C-130のあのエンジン音が聞こえなくなるんだから、よっぽどのもんだよ! ユニットの外にいる機上乗務員やパイロットとの会話は、専用のヘッドセットで行います。
医療用の精密機器を搭載しているので、離発着時の電磁遮蔽もしないといけません。ユニット全体はシールドされています。また、出入り口には特注の電磁遮蔽カーテンをつけてあります。これは、ドアの開閉時、医療機器を航空機からの電波妨害を防止するためです。ですから人の出入りが可能になる訳です。
普段飛行機に乗っているぶんには意識しないけど、上空は水平方向にもGがかかっているんだそう。心臓や呼吸器にトラブルを抱えている患者さんには、苛酷な状況です。できるだけ地上の環境に合わせるため、ユニット内の気圧は地上と同じように保つ努力がなされています。
隊長の石川1佐(取材時)は「離陸から着陸まで、ぐっすり安眠できますよ」と断言。……隊長、寝てみたのかな・笑
ph008

このユニット型の機上医療搬送機材は世界初にして世界唯一! ……でした。ちょっと前までは。最近、スウェーデン軍が類似の器材を作り始めたそう。真似されるってことは、それだけ期待できるものだってことですよね! 日本の誇りだよ!

この棒、なんだかわかりますか? 飛行機が急に揺れたとき、つかまるんだって。飛行機の揺れは、車とも船とも違う、これまた特殊な揺れ。飛行機酔いをすることがあるので、初めての訓練で航空機に搭乗する際は、酔い止めを飲んでいく隊員もいると聞きます。
ph005
お札もあった!
ph006
その3「機材だけでなく隊員さんもスゴかった!」へ続く

(文/綾部綾)

綾部綾
ライター
長崎県出身、名古屋市在住
元航空自衛官

FB:http://www.facebook.com/ayabex

, , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

綾部綾

綾部綾

Website

長崎出身、名古屋市在住、元航空自衛官。 ライター&プランナー。 料理と宴会幹事が趣味で、サバゲでは主に弁当、炊事、打ち上げ等の後方支援を担当。

このライターの記事を読む

おすすめアイテム