UCP-Dはやっぱりダメ? 米軍がマルチカム色調のデジタルカモフラージュパターンを検討中

saba20140311-02-01

米国では2010年以降アフガニスタンで使用されているCrye Precisionのマルチカムがありますが、米軍は新たなデジタルのMultiCamを制作するという話があるそうです。
アフガニスタンでUCP-Dとマルチカムの比較評価を行った結果、その時はマルチカムに軍配が上がったわけですが、今回の新パターン開発により今後どうなっていくのか。動向が気になる所ですね。

ACUで採用されているUCP(ACUPAT(Army Combat Uniform PATtern)とも呼ばれる)は、トライアルでマルチカムに勝利して採用された迷彩である。
しかし、アフガニスタンなどに展開している兵士からは迷彩効果について不評であったため、UCPの改良型であるUCP-Dや、マルチカムを使って2009年から現地でトライアルを実施した結果、UCPに変わってマルチカムの色彩を改良したものがOperation Enduring Freedom Camouflage Pattern(OCP)として採用されることが決定した。OCPを使用した新型のACUは2010年からアフガニスタンに配備が行われた。

wikiより抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/ACU_%28%E6%88%A6%E9%97%98%E6%9C%8D%29

UCP-Delta画像。IOTV装備ありとなし。
saba20140311-01-06

UCP-Dはどうも見慣れませんが、その迷彩効果はなかなか高いとか。
でも、せっかくマルチカムを(ある程度)入れたのだから、それに合わせたパターンでもいいんじゃないかと思います。米軍は全軍で絶賛予算削減中ですからね。

■参考サイト
http://soldiersystems.net/2014/03/10/ucp-d-what-happened-the-last-time-the-us-army-created-a-pixelated-camo-pattern/

[amazonjs asin=”B005ZTZU1A” locale=”JP” title=”マクネット カモフォーム - マルチカム - カモフラージュ保護ラップ <McNETT><CAMO-FORM><MULTICAM><カモフラージュテープ><迷彩テープ>”]

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバイルガジェット情報、ファッション情報などを扱うWebメディアです。

投稿者記事

  1. ANAグランドスタッフの業務内容や航空業界のしくみなどが分かる航空業界・地上職を目指す人のための必携書! 「ANAグランドスタッフ入門 最新版」発売

    2021-12-21

  2. 世界の主力戦車が1/43スケールで登場!WEB限定販売『第二次世界大戦 傑作戦車コレクション』

    2021-12-14

  3. 男のロマンをくすぐるミリタリーライクなヘリ型ドローン『GHOST-EYE』を応援購入サービスMakuakeにて先行販売

    2021-12-13

  4. 【おそロシア】マスク着用拒否で発砲され2人死亡【モスクワ】

    2021-12-10

関連記事

  1. 【実銃アクセサリ】SCARユーザー必見! 専用のKey-ModレイルパネルがPMMより登場!

    2014-12-20

  2. ライトファイター(LiteFighter Systems)社が米海兵隊用『コンバットテント』の大口契約を受注

    2018-11-03

  3. 【赤外線カメラ】スマホ用サーマルカメラにニューカマーが登場!Seek Thermalで気分はプレデター!?

    2014-10-13

  4. 【実銃】Crosmanから最新のエアライフルBenjamin Armada(ベンジャミン・アルマダ)が登場【22口径】

    2014-11-13





アーカイブ

ページ上部へ戻る