TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALSHOTSHOW 2014.01.26

SHOTSHOW 2014リポート! その24:カスタムAR~TangoDown編


投稿者:乾 宗一郎

今回はAR系パーツメーカーでは老舗のTangoDownです。
ここはコンプリートガンはありませんが、独特のパーツが特徴のメーカー。
最近目立った話題にはなりませんが、まだまだ健在でしたよ。

TangoDown
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
グリップやレイルカバーでおなじみのTangoDown
基本的には周辺パーツやマウント類がメインで、TDグリップといえば皆さんピンとくるでしょう。
写真の「ECR-4」の刻印ロワーは「ショー用の特別品」とのことですが、数年前にコンプリートガンで限定販売したこともあるそうです。
展示されていたARは、センチュリオンアームズのハンドガードやアッパーを組み、自社製のマウントやアクセサリーで仕上げてありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そしてこのフロントサイトがすごい。
SureFireのスカウトライトがピッタリはまる「Front Sight Flashlight Adapter FFA-01」です。

「これはすばらしい、クールだよ!」
「いや、これをリリースした直後にスカウトライトがモデルチェンジしちゃってさ」
「え、まさか・・・?」
「あぁ、新型には対応してないんだ。まじフ○ック!」
あぁ、無情w

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
SCARのカスタムも展示。
民間の16SをベースにVLTORのCASVやストックに交換。ARCマガジンレイルカバーTDグリップでドレスアップされていました。

「SCARってどうなの? ARと比べて」
「ガスピストンで安定してるけど、リコイルはちょっと強いよ」
「精度はいいの?」
「普通、本当に普通。コメントしにくいなw」

細かなパーツはAR系と互換があるので、最近少しずつSCARが流行ってきてるといってましたが、実際はどうなんでしょうね?

どちらかといえばパーツメーカーという印象のTangoDownですが、時々はコンプリートガンの製作もやっているとか。その経験を活かして開発されるグリップやマウント類は、たしかに高品質で使いやすそうです。
しかし、現在ハヤリつつあるKey-Modは採用しないでしょうねぇ。Troy・vltor連合に対してTangoDown・LMT連合は仲が良くないというかライバル勢力らしいので・・・。

 

 

, , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ