TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALSHOTSHOW 2014.01.16

SHOTSHOW2014リポート! その7:SIG SAUER(シグ・ザウエル)編


投稿者:TOM LEE

SHOTSHOW2014リポート、お次はSIG(シグ)です。
元々はスイスの機械製造メーカーでしたが銃器部門をアメリカで現地法人として設立し、スイスの本社は銃器製造から手を引いたようです(最近ではペットボトル製造機などを作っています)。
その後2000年代後半に「SIG Sauer」に改称し、現在に至ります。

そんなSIGは、かなり広いブースで多くのサンプルを展示。
ハンドガンのPシリーズから1911シリーズ、そしてAR系の556などもりだくさんでした。

◎SIG SAUER(シグザウエル)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最初はPDWとして展示されていた「SIG516」
5.56mmを使う7.5インチバレル+ショートストロークガスピストンのモデルです。
間もなくこれの300ブラックアウト仕様も追加されるとか。
・・・・大丈夫なんでしょうか。耐久性とかw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ローエンフォースメント向けの「MPX」。写真は8インチバレル+サプレッサーの「MPX SD」。
9mmパラ、357SIG、.40S&Wの3種類の弾丸に対応し、マガジンとバレルを変えるだけで口径変更が可能だとか。
本体は軽量で扱いやすく、ショートストロークピストンで確実な動作もウリだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
基本配置はAR系に似てますね。
それで拳銃弾使用とくれば、扱いやすいのも納得でしょう。
もちろんフルアンビにも対応してます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アサルトライフルの「SIG556 PATROL
16インチバレルのセミオートモデルで、サイドスイングストックが特徴です。
写真はそれに加えてオプションのコンバージョンキットでAK用の7.62×39mm仕様にしたもの。
見た目の通り軽く、AR系に準じた操作性が扱いやすそうでした、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ただ、この軽さで7.62×39mm弾は、ちょっとリコイルが強いかもしれません。
写真は5.56mm仕様ですが、さっと構えた感じは実にしっくりきていい感じでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
現在はSIG傘下のブレイザーも同ブースに展示されていました。
写真はストレートボルトアクションの「TAC2 PRECISION」。
コッキングが軽くストロークも短いので、素早く次弾が撃てるのが特徴です。
また、思ったよりも軽量で、スタンディングも余裕といった印象でした。
しかし、4474ドルとめっちゃ高価w

続いてハンドガンの紹介はこちらから!

 

, , , , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

TOM LEE

TOM LEE

いつも腹ぺこ。興味のあるもには何でも喰らいつく在野の編集者。幼少の頃から人生とはサバイバルと標榜し、紆余曲折をし”さばなび”に流れ着く。趣味は、盆栽と...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ