TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
News 2022.06.27

FPSゲーマーにもオススメな「ガンダムエヴォリューション」


投稿者:ファンキキ

2022年内にサービス開始予定のガンダムエヴォリューション(GUNDAM EVOLUTION)が、家庭用ゲーム機版のネットワークテスト中だ。
ガンダムエヴォリューションはガンダムのシューティングゲームだが、ゲーム性はチーム戦タイプのFPSにかなり近い。

オーソドックスなFPSプレイヤーには馴染み深いシステムとなっているので、ガンダムを知らないFPSゲーマーもプレイしてみる価値はありそうだ。

・ガンダム版オーバーウォッチ


ネット上ではオーバーウォッチとそっくりとの評判だ。
ガンダムやロボットの要素は主に見た目だけで、ゲーム内容はオーソドックスなチーム戦FPSとなっているようだ。

機体についてはエクシアやターンAガンダムはプレイアブル機体なものの、宇宙世紀の期待が殆どを占めている。
ザクIIやガンダムUC仕様の緑色のマラサイ、ジムスナイパーIIやメタス等、全体的にコミカルな見た目のオーバーウォッチよりも、ミリタリー色が強めの見た目となっているのも好感触だ。

・システムはオーソドックスなFPS


システム面ではオーバーウォッチと似ており、チーム戦FPS。
同ジャンルである戦場の絆は、巨大ロボットを動かしている操作感だったが、ガンダムエヴォリューションの操作感は普通の人間を操作している感じだ。
そのため、人間を操作するFPSの操作感が強めとなっている。

また、ガンダムのモビルスーツを動かしているが、TPSではないので自機は腕しか見えない。
この辺りも、他のガンダムゲームよりも、ぐっとFPSに寄せている作りとなっている。

ゲームモードは、攻撃側と防御側で分かれて目標オブジェクトを占拠、防衛する「ポイントキャプチャー」。
ランダムな目標を占拠し合う「ドミネーション」。攻撃側と防御側で分かれて、目標オブジェクトを破壊、防衛する「デストラクション」が判明している。

・ガンダムエヴォリューションの特徴


オーバーウォッチと似ていると評判だが、ガンダムエヴォリューションならではの要素もある。
勿論、ガンダムの機体、ガンダムの世界観でゲームをプレイできるのが最大の特徴だが、明確なロールが決まっていないというのもオーバーウォッチと大きく違う要素だ。

オーバーウォッチはタンク、ダメージ、サポート等、役割別にロールが割り当てられているが、ガンダムエヴォリューションではロールは存在しない。
その代わりに、特徴的なスキルが複数付けられている。
役割に縛られない、多彩な機体性能のモビルスーツが実装されそうで、期待感がある。

ガンダムゲームだがFPS寄りという、ガンダムゲームの中ではかなり特徴的であろう本作。
FPSゲーマーにも遊んでほしいゲームだ。

image Credit:  https://gundamevolution.jp/

,

WRITER PROFILE

ファンキキ

Website

ミリタリーとゲームと料理が好きなおっさん。 ウェブライター兼シナリオライター兼VTuberです。

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ