大手通販サイトで買える!バイオBB弾の実力を徹底比較!

サバイバルゲームに不可欠なアイテムであるバイオBB弾

 

かつては生産と管理の難しさから大量に作られることはなく、コストもかかっていた。しかし近年では高品質で大量生産することが可能になったことでコストも下がり、エアガン用BB弾といえばバイオBB弾と言っていいほど主流となった。

BB弾のテストは定期的に行なってきたが、今回は某大手通販サイトで入手可能なバイオBB弾(重量は0.20g)を可能な限り集めてテスト。銃は安定した初速と高い集弾性を発揮する東京マルイのエアコッキングガンVSR-10 Gスペックを用いて完全無風状態の屋内で銃を固定し、20m先のターゲットに10発撃ち込み集弾性を計測した。初速の測定はXCORTECH X3200 MK3を使用している。


BATON airsoft アクリビズバイオBB弾0.20g

白色で表面は滑らかな仕上がり。真球度が高く、弾道に癖がなく素直に飛ぶがホップの掛かりがやや弱くなりがちだ。グルーピングは標準的で飛び抜けた性能はないがコストパフォーマンスの高いジェネリックBB弾というだけあって、一般的なバイオBB弾が一袋1kg(5,000発)入りのなか本製品は一袋1.2g(6,000発)入りとお得サイズ。精密射撃より弾幕を張るような弾の消費が激しいユーザーにはピッタリだ。

平均初速:87.4m/s(0.76J)
集弾性:78mm(20m)

BLB パーフェクトBB 0.20g(4,000発入り)

白色で光沢のある仕上がり。宝石研磨の真球化技術をBB弾生産に応用し、エアーガンメーカーにBB弾を供給するOEM工場からの自社ブランドのためメジャーブランドのバイオBB弾と同等の品質を持つ。弾の精度が高くバラつきが少ないので初速が安定しやすく、グルーピングも良好だ。ホップの掛かり具合も標準的で非常にコストパフォーマンスの高いバイオBB弾といえる。

平均初速:87.6m/s(0.77J)
集弾性:64mm(20m)

 

エンネス プレシジョンマックスBB弾0.20g(5,000発入り)

若干茶色っぽい灰色で表面は光沢のあるワックスが掛かっている。バイオBB弾ではメジャーな食物由来のPLA樹脂(ポリ乳酸樹脂)が原料だ。精度は安定しておりグルーピングは良好でホップも標準的に掛かるので非常に使いやすい。色が付いているBB弾の使用が条件の屋外フィールドでも安心して使用できる。

平均初速:88.0m/s(0.77J)
集弾性:68mm(20m)

 

CYC 精密バイオBB弾0.20g (4,000発入り)

白色で光沢のある仕上がり。製造から出荷までの間に17回の精密研磨を行ない、8工程で10回の精密検査を経ている精度の高いBB弾。弾道は良好な精密弾ではあるが、マガジンとの相性で 弾上がりが悪い場合があるので注意が必要だ。初速、グルーピングともに安定しており、リーズナブルな価格は魅力的だ。

平均初速:86.4m/s(0.75J)
集弾性:67mm(20m)


 

続きはアームズマガジンウェブで!自分に合ったバイオBB弾をぜひ見つけてみようっ!

 

Arms MAGAZINE WEB編集担当

トイガン・ミリタリー・サバゲの総合情報サイト「Arms MAGAZINE WEB」を運営しております。月刊アームズマガジン本誌では伝えきれない情報を毎日配信中です!

投稿者記事

  1. 【本日20時!】最終回『月刊アームズマガジン×リトルアーモリー 指定防衛校 広報室』

    2019-03-28

  2. 次世代電動ガンも発売される「Mk46 Mod.0」を徹底解説!

    2019-03-16

  3. 【速報】IWA&ENFORCE-TAC取材レポート!【月刊アームズマガジン編集部】

    2019-03-14

  4. アームズマガジンが平成トイガン30年史を振り返る!

    2019-02-13

関連記事

  1. 【ここがスゴい!】精鋭無比の第1空挺団は「どこがどのようにスゴいのか?」 【002/双眼鏡で見てほしい! 降下直後と五点着地】

    2014-02-26

  2. 【好評発売中】「月刊Gun Professionals 2018年12月号」

    2018-10-27

  3. トレポンのすごさが体験できるぞ!

    2017-01-27

  4. 【新フィールド情報】立地抜群!神奈川・浜川崎のインドアフィールド「Shadow 浜川崎」をひとあし早く下見してきたよ!【7月下旬プレオープン予定】

    2014-07-04





アーカイブ

ページ上部へ戻る