【乗り物】水上でも最高速度50km/h! イギリス生まれの高速水陸両用車「Humdinga」

ロマンあふれる乗り物、それが水陸両用車
中でもイギリスのGibbs Amphitrucks社が開発した「Humdinga」は一味違う水陸両用車のようです。

gibbs_humdinga_01

なんか凄いぞ!
走行する様子はこちらの動画で見ることができます。

Gibbs Sports – Humdinga High Speed Amphibian Vehicle [360p](2:36)
[youtube]https://youtu.be/gX5Pj-4ID_M[/youtube]

 

一見ちょっと変わったピックアップ? でも車底の形が船っぽいです
gibbs_humdinga_02

 

運転席は車両の中央にあります。4×4なのでオフロードもいけます
gibbs_humdinga_03

 

いよいよ水面へ。スイッチを押すと5秒ぐらいでタイヤが収納されます
gibbs_humdinga_04

 

そして走行開始! 予想を上回るスピード!
gibbs_humdinga_05

 

「水上も進める」などというレベルではなく、モーターボートや小型クルーザーのようなスピード感です
gibbs_humdinga_06

 

最後は水上でタイヤを出し、そのまま陸地に上がりました
gibbs_humdinga_07

 

最高速度は水陸どちらも時速30マイル(約50km/h)。
後続距離は水上100マイル(約160km)、陸上150マイル(約240km)となっています。
300馬力のターボディーゼルエンジンを搭載し、水上ではウォータージェット推進で航行。スイッチを押すと約5秒でタイヤを収納し水上モードになるとか。

まるで007シリーズに登場するような乗り物ですが、自動車免許に加え船舶免許も必要になる上、日本には水陸両用車に対応するような法律が無いようなので、現時点で日本の公道を走るのは難しそう。

しかし水陸両用車を災害対策として導入するために法整備を検討中なんて話もあったり、水陸両用バスでクルージングをする「ダックツアー」のように実際に許可が下りたケースもあります。

「Humdinga」本来の用途は災害救助などがメインだそうですが、やがて個人がレジャー用に所有する時代が来るかもしれませんね。

Gibbs Amphitrucks公式サイト

※本記事は過去記事の内容を基に校正しています (2018.02)
[amazonjs asin=”B01N7QAHH5″ locale=”JP” title=”ORGA Magnus HD Barrel 6.13mm 電動ガン用 260mm ORGA-MHD260″]

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバイルガジェット情報、ファッション情報などを扱うWebメディアです。

投稿者記事

  1. ANAグランドスタッフの業務内容や航空業界のしくみなどが分かる航空業界・地上職を目指す人のための必携書! 「ANAグランドスタッフ入門 最新版」発売

    2021-12-21

  2. 世界の主力戦車が1/43スケールで登場!WEB限定販売『第二次世界大戦 傑作戦車コレクション』

    2021-12-14

  3. 男のロマンをくすぐるミリタリーライクなヘリ型ドローン『GHOST-EYE』を応援購入サービスMakuakeにて先行販売

    2021-12-13

  4. 【おそロシア】マスク着用拒否で発砲され2人死亡【モスクワ】

    2021-12-10

関連記事

  1. ニュージーランド陸軍特殊部隊 SAS 連隊に新たな高機動車輌「Supacat HMT Extenda」が配備

    2016-10-05

  2. 特殊部隊装備でおなじみ、LBTから新たなバックパック「TITAN PACK」がリリース!!

    2014-03-10

  3. 【新製品】カシオ G-SHOCKのスカイコックピットシリーズ「GPW-1000T-1AJF」登場!

    2015-06-17

  4. 手軽に遊べる屋内専用ドローン

    2016-08-17





アーカイブ

ページ上部へ戻る