TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【エアガンパーツ】ARESの新作ハンドガード「Octaarms Tactical Keymod」は豊富なレングスが魅力的!

82
今ではすっかりおなじみとなったKeymodインターフェイスシステム
主にハンドガード用のインターフェースで、雪だるまみたいな穴を使い「軽い」「確実な固定」「オープンソース規格」が特徴。
民間ARを中心に広く普及しています。
81
このARESの「Octaarms Tactical Keymod」は、AR/M4用のハンドガード。
83
一見すると実銃用ハンドガードのライセンス品に見えますが、ARESのオリジナルのようです。ただ、シンプルなデザインで「いかにもありそう!」なものに仕上がっているのがポイント。

素材は6063アルミ素材でCNC切削加工。
84
レングスは7、9、10、12、13.5、15インチがあり、それぞれブラックとダークアースで計12アイテムが発売されます。

固定は専用のバレルナットを使うタイプ。
86
対応は各社電動ガンとなっています。

また、Keymod対応の豊富なアクセサリも順次発売予定。
85
追加レイル、ライトマウント、QDマウント、ハンドストップ、ライトマウント、バイポッドマウント、フォアグリップなど。
エアガン用のレプリカがあまり出ていないKeymodアクセサリだけに、いろいろ流用もできそうです。

ハンドガードもアクセサリも価格や発売時期は未発表です(もうすぐ出荷というウワサもあり)。
Keymodホールが付いている時点でミリタリーではなく民間カスタムになってしまいますが、豊富なレングスやさまざまなアクセサリなどARのカスタマイズとしてかなり魅力的なのではないでしょうか。

ARES AIRSOFT

, , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ