TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【初心者応援企画】なくてはならない重要パーツ、電動ガンのマガジン簡単メンテナンス講座!


投稿者:乾 宗一郎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サバゲで使う電動ガンで、バッテリーの次に重要なのがマガジン。日本語では「弾倉」といい、発射するための弾を入れておくところです。

基本的に電動ガンのマガジンは着脱式で、撃ち尽くしたら新しいマガジンに取り替えますが、それだけに予備のマガジン(スペアマガジン)は大事。ほとんどのゲーマーは複数のスペアマガジンを身につけて戦っています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
電動ガン用のマガジンには大きく分けて2種類があります。
スプリングの圧力でBB弾を送り込む「スプリングマガジン」と、ぐりぐり巻いたゼンマイの反発力で給弾する「多弾数マガジン」です。

それぞれ特徴があり、スプリングマガジンは装弾数はソコソコながら詰まりにくくて確実に給弾するのが利点。電動ガンに付属しているノーマルのマガジンはほとんどこのスプリングタイプです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一方の多弾数マガジンは、文字通りBB弾が300発とか500発とかいっぱい入るのがポイント。銀玉鉄砲のようにジャラジャラと入れたBB弾をホイールですくい上げ、ゼンマイの力で回転するようにして押し出します。
残り弾数が少なくなってくるとジャラジャラと音がしますが、それ以上に多くのBB弾を込められるのが最大のメリット。予備マガジンがなくても、電動ガンに装着した多弾数マガジン1コだけで戦う人もいます。
今回はそんな重要なマガジンのメンテナンスや微調整についてまとめてみました。

マガジンのメンテナンスの必要性は?
いきなりぶっちゃけていうと、マガジンのメンテナンスはほとんど必要ありません。
とはいえ、しばらく使い込んだマガジンは弾送りが悪化したり給弾不良が出るようになります。
あり余るほどの予算があれば、ばんばん新品に買い換えればいいのですが、ちょっとしたメンテナンスで(ほぼ)新品のように調子よくなればうれしいですよね。 場合によってはレアな電動ガンでスペアマガジンの入手に苦労するかもしれないので、マガジンの手入れ方法は覚えておいてソンはないと思います。


スプリングマガシンのメンテナンス
絶対的な火力では多弾数マガジンにはかないませんが、セミオート主体で戦うのであれば確実な弾送りのスプリングマガシンは頼もしいもの。
一般的には50~70発、中には100~150発のBB弾が込められるものもあります。

そんなスプリングマガジンは、年に一度は分解して清掃してあげましょう。
まずは外郭(シェルあるいはケース)から中身を抜き取ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一般的には底部のネジを外せばポロッと抜けるはず。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中身は樹脂製のモナカ構造になっているので、側面から止めているネジを外して左右に割ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
何か所かのスプリングがビヨーン!と弾け飛ぶ可能性が高いので、ビニール袋の中などでぱっくり開くと安心です。

中身は「の」の字型のBB弾の給弾ルートが設けられています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここでやることは、給弾ルートの清掃。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
BB弾のワックス分や入り込んだホコリなどが付着しているので綿棒でクリーニングしましょう。アルコールでもいいのですが、自動車用の高機能スプレーワックスもオススメ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
綿棒に塗って乾かしながら拭き取るだけで清掃とコーティングが同時にできます。
なお、シリコンオイルなどのオイル分が残るとよくないので、マガジン内部は「ドライ」な状態にしておきましょう。

あとはフォロワーストッパーに注意して組み上げるだけで完成です。
多くのスプリングマガジンは左右を貼りあわせた後でスプリングを外から差し込む方式が一般的です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

多弾数マガジンのメンテナンス
弾込めが簡単でいっぱい撃てる便利な多弾数マガジンですが、メンテすべき頻度はスプリングマガジンよりも高くなります。
というのも、フタを開けてジャラジャラとBB弾を流し込むだけで装填完了なのですが、この時にゴミやBB弾のビニールパックを止めているホチキスの針といった異物が混入しやすいのです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「何か巻き上げても途中でテンションかからなくなる」
「セミオートだと撃てるのにフルオートだと時々詰まる」
という症状が出る時は1回分解した方がいいかもしれません。

まずはスプリングマガジンと同じくケースを抜きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
底部のネジを外して引っ張り出すのも同じです。

中身はやっぱりネジ止めなのでこれを外します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スプリングマガジンのように中のスプリングなどが飛び散る心配は少ないです。
ただし、モデルによってはこのような外側の「歯付き座金」がゼンマイのホイールについていることもあり、この場合は先にこれを外す必要があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
細いマイナスドライバーでこじって慎重に外しましょう。

注意点としてゼンマイが入っている歯車のような部品は分解しないほうがいいです。ゼンマイを巻くホイールが抜けてしまうと、ここに差し込むのはちょっと苦労するかも・・・。もしそうなったら下の写真を参考に差し込んで下さい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて。分解できたら中のお掃除を。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
給弾ルートのワックス取りはスプリングマガシンと同様に行いましょう。

他に内部もキレイに拭いておくといいですが、グリスやオイルといった潤滑剤を付ける必要はありません。むしろつけちゃダメです。

組み立てる際、内部のスプリングと樹脂製のローラーはこうやって入ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、忘れやすい金属製のネジ受けもしっかり入れましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで元に戻せばメンテは完了ですが、インナーの固定は樹脂に木ネジで止めるので力任せにねじ込むとネジ穴が割れてしまいます。ここだけは要注意です。

 

やっておいたほうがいい(かもしれない)小加工
もしかしたら、電動ガンに特定のマガジンだけパチッと入らないことがあるかもしれません。
給弾口の位置が微妙にズレていると、チャンバー下部がうまくハマらずつっかえてしまうのです。
そんな時は分解して給弾口のストッパーを加工してみると解消できるかも。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここの角度を少しだけナナメにするとマガジンが入るようになります(ならないこともあります)。 下端部の長さが変わらないよう上の部分だけを削るのがキモです。
ここを削ったら「今ままで入っていた銃に入らなくなった!」ということはないので、モノは試しでいかがでしょうか。

また、一部の海外製マガジンでは中身のユニットが透明なポリカーボネイト樹脂でできていることもあります。
単純に強度は高いのですが、経年劣化や何かの拍子にポロッと割れてしまうことがよくあります。ネジ山の周辺なら大した被害はありませんが、給弾口がパリっと欠けてしまうと、もうそのマガジンはつかえなくなってしまうという・・・そんな時は!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下手に接着するよりパテで補修してしまう方がいいです。写真は高強度のエポキシパテ(金属パテ)で欠けた部分を補って作り直したものです。

 

今回はマガジンのメンテについてイロイロと紹介してみました。
ただ、スペアマガジンはそれほど高いものではないので、わざわざ面倒な手間をかけるくらいなら買い直したほうがいい場合もあります。電動ガン本体と違って内部のパーツがバラ売りされていることもありませんからね。

とはいえ、使い込んで傷だらけのマガジンというのは、いかにもベテランっぽくてカッコいいもの。このあたり、格好にこだわる人はわかってくれるでしょうかw
電動ガンのメンテナンスよりはるかに簡単なので、肩慣らしとしてぜひチャレンジしてみてください。

[amazonjs asin=”B00ANHDJ8K” locale=”JP” title=”HK416D用 520連マガジン (M4/SCAR-Lシリーズ共用)”]

, , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ