TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【初心者応援企画】ハンドガンが欲しいけどガスブロとか電動とかエアコキとかよく分からない!


投稿者:横須賀 敦史

IMG_0016
サバゲーをはじめようと思って、身の回りのサバゲーマーに「どんな銃を買えばいいの?」と聞いてみると、まずは長モノを勧められることが多いものです。
しかし、初心者の場合は、アクション映画や刑事ドラマの影響もあって、銃といえばハンドガンをイメージしがち。
ハンドガンは、小さいし、いつでも持ち歩けそうだし(職務質問にあった際に面倒くさいことになるので実行するのはやめましょうね)、「愛銃」感が溢れていますよね(個人的な感想ですけど)。

で、身近なサバゲーマーやショップのスタッフさんのアドバイスを元に装備一式をそろえて、いざ複数回、ゲームに参加していくと、ハンドガンが欲しくなってきます。

「長モノ+腰のホルスター用にハンドガンが欲しい!」
「インドアフィールドでのサバゲーに参加する際に、友達から”長モノよりもハンドガンの方がいいよ~”と勧められた」
「チョウ・ユンファみたいに2丁拳銃で戦いたい!」

動機は人それぞれですが、多くの初心者が必ずといっていいほど通る道だったりするわけです。

で、いざショップにいってみると、金額もまちまちだし、「ガスブロ」だ、「電動」だ、「エアコキ」だ、などなど、聞き慣れぬ言葉に圧倒されて、どれを買えばいいのか分からない。
おまけに自分が何が欲しいのかもよく分からないから、店員さんにも相談しにくい…(筆者の経験談)という事態に陥ります。

というわけで、わざわざ人に聞くにはちょっと恥ずかしさを感じてしまう、ハンドガンのキホンを今回は掘り下げていくことにしましょう!

【エアコキ/エアーコッキングガン/エアーガン】
IMG_0004
まずは、軽く、値段も手頃な(おおよそ5,000円以下で購入可能)いわゆる「エアコキ」から。
※呼び方はさまざまですがここでは「エアコキ」と表記します。

電池やガスなどの動力が不要のエアソフトガンだと思って頂ければ間違いはありません。ではどうやってBB弾を飛ばすかといえば…
IMG_0023
写真のようにスライドを引くことでバネを圧縮し、その開放の空気圧でBB弾を飛ばします。

キホン的に1発撃ったら、再びスライドを引き、また撃つという単発式。毎回スライドを引くことで気分があがります。
エアコキのハンドガンはプラスチックパーツが多いので、一般的に「軽い」イメージがあります。

サブウエポンとして、腰にさげておく際にはその軽さが魅力です。
また、エアコキしか使ってはいけないルールで、1発1発の大切さを実感できる「エアコキ戦」などを楽しむサバゲーマーも多くいます。
弾道の安定性、構造がシンプルさなど、コストパフォーマンスに優れているのが「エアコキ」と言えます。

【ガスブロ/ガスブローバックガン/GBB/ガスガン】
S&W M&P 9 (18歳以上ガスブローバック)
続いては、いわゆる「ガスブロ」に行きましょう!
※ここでは「ガスブロ」と表記します。
特徴はBB弾を発射する際にスライドがブローバックするところ。
一般的に金属パーツが多く使われていて、ずっしりと重く、リアリティが味わえます。
価格帯としては、1万円から2万円程度で購入できます。
IMG_0557
ちなみにマガジン(弾倉)の弾を撃ち尽くすと、↑写真のように「ホールドオープン」という状態になり、実銃さながらの動作となります。

エアコキとは違って、ガスブロで遊ぶ際には別途、ガスが必要となります。
ガスは1缶(だいたい500gほど)1,500円前後で購入できます。
マガジンや使用条件によっても異なりますが、1回のガスの充填で太めのマガジン(ダブルカラムタイプ)なら30~50発くらい撃てます。
IMG_0515
一般的にマガジンの底部にガスの注入口があるので、そこにガス缶を逆さにして液体ガスを注入します。
IMG_0520
ガスがいっぱいに充填されると、「プシュー!」と音が変わり、あふれたガスで注入口周辺が白く凍ったようになります。
これで満タンチャージが終了。
IMG_0524

撃ちごたえもあり、リアルな挙動はとってもカッコイイのですが、弱点は冬場など寒くなってくると使いづらくなってくるところ。
液化ガスが気化した時の圧力でBB弾を発射するため、寒いとガスの気化が鈍くなり、本来のパワーを発揮できなくなってしまうからです。
具体的にどうなるかというと、1発、2発撃った段階で、「ブシュー」と一気に液化ガスが銃口から吹き出してしまうことも・・・。
つまり、まともに撃てなくなります。

一般的にガスブロを使うのに最適な温度は、20~30度くらいの常温がベスト。
多少寒い場合なら、ガスが入ったマガジンを手で握るなどして温めることで気化が進んで撃てるようになります。
よくインドアフィールドなどに、マガジンウォーマーがありますが、それはガスブロユーザー向けの設備なワケです。
IMG_0654
ちなみにガスの缶は絶対にマガジンウォーマーにはいれないで下さいね。
最悪の場合、爆発します。
IMG_0661
また、夏場などクルマにサバゲー道具一式をカバンに入れっぱなしにしておく!という人も、危ないのでガスの缶だけはきっちりと常温で保存して下さい。

ちなみに液化ガスではなく、CO2ボンベを使ったガスブロもあり、その場合はまた異なる原理なので寒い冬でも使えます。
ただし、日本ではまだ(ハンドガンでは)マルシンさんの「Five-seveN」のみです。
マルシンEXB2 FN Five-seveN 6mmBB CO2 Blowback ファイブセブン5-7

また、一昔前はスライド固定のガスガンが全盛期でしたが、最近ではあまり見かけません。旧MGCのガスガンなど大事にコレクションしている人も多いでしょう。
現在のサバゲでの実用性は、「お察し」レベルですが・・・。

【電動ハンドガン】
Hi-CAPA E (18歳以上電動ハンドガン)
最後が電動ハンドガンです。「電ハン」の略称で有名ですね。
名前の通り、動力は電池となります。
IMG_0029
スライド部分はずすとバッテリースペースが出てきます。
今回紹介した東京マルイさんの「Hi-capa E」の場合、ハンマー部分の上に取り外し用のロックボタンがあります。
IMG_0034
そこを押して、上に持ち上げつつ、銃口方向にスライドさせることで電池を装着できるようになります。
IMG_0041
ちなみに販売されている電動ハンドガンは、電池は別売りなので購入時には電池もセットで買う必要があります(持っていなければ充電器も必要)。

価格帯としては、本体が1~1.5万円くらいで、電池や充電器はメーカーやスペックにより異なりますが、二つセットで+10,000円弱と考えておくと安心です。

ちなみに「Hi-cap E」の場合は、本体定価が15,800円(税別)、専用電池「7.2V 500mAh マイクロ500バッテリー」(定価:2,400円)、専用充電器「7.2V マイクロ500バッテリー用充電器」(定価:2,000円)で、税込トータル21,816円!
実勢価格は、ショップによっても異なりますがもう少し安くなります

電動ハンドガンの魅力は、冬でも気にせず使えて、さらにガス切れやコッキングの必要がなく、サクサクと闘える点。命中精度もかなりのものです。
IMG_0346
また、セミオートとフルオートの切り替えができるので、インドアゲームなどでフルオートで闘うとかなり無双することも可能です。
※そのため電動ハンドガンのフルオート禁止のレギュレーションになっていることもあります。
特に入り組んだ構成のインドア戦では、長モノよりも電動ハンドガンの方が機動性があり、圧倒的に有利だとみる人もいるくらいです。

ちなみに「Hi-capa E」の場合は、フルオートとセミオートの切り替えは、ハンマー部分の上げ下げ。
IMG_0573
IMG_0577
この辺の細かな仕様は銃により異なるので取り扱い説明書をご確認下さい。

ハンドガンは、インドアゲームや野外でも迷路状入り組んだ場所、やぐらの内部などに潜入する際に重宝します。
長モノは持っているけど、まだハンドガンは持っていないや…という方なら、ぜひとも自分の好みにあったタイプのハンドガンをお選び下さい。
どれが一番だ!ということはないですし、それぞれに魅力があるのでじっくり悩んじゃいましょう!

ちなみにより「男気溢れる人」だと、5~6発しかBB弾が入らないリボルバータイプのハンドガンで不利を承知でサバゲーをしていたりもしますww。
IMG_0047

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

横須賀 敦史

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされて...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ