【新フィールドレビュー】東京西部にカジュアルなインドアフィールドがOPEN!タクティクスゾーンで白熱の少人数バトル!

IMG_0040
2014年11月1日に東京都武蔵村山市にオープンしたインドアフィールド「タクティクスゾーン」さん。
東京の人口密集地帯である多摩や武蔵野地域にあるため、これまで東京を横断をして千葉方面にサバゲーをしに行っていた同地域に住むサバゲーマーにとっては新たな選択肢が増えた形になります。

IMG_0325フィールドがあるのは、こちらの建物の2階。
1階には、ソフトバンクショップや中華料理店があります。

ちなみにすぐお向かいには、学習塾があるので遊びに行く際には、受験生たちをあまり刺激しないように入っていきましょう(笑)。自分が受験生なら、横で楽しそうにサバゲーをしているオトナたりを見るのはツラすぎますからねww。
IMG_0319そうした配慮もあり、入口(写真中央の黒いシートが貼られた自動ドア)は子供達をあまり刺激しない作りになっています。

CQBを軸としつつ週替わりで変更されるフィールド

タクティクスゾーンさんのフィールドは、基本的には合板を使ったバリケードで、CQB要素を盛り込んだコンパクトな作り。
2チームで対戦するなら、4対4が適正。4チームなどに分かれるなら20人弱までゲームができるくらいのサイズ感です。
IMG_0033
IMG_0296
IMG_0239

また、天井からつり下げたシートもイイ感じ。
一瞬ならバリケードとして有効でも、長居は無用なニクイ作りなのでゲームでどう使おうかと考えるだけでも楽しいです。
IMG_0184のれんのように吊されたシートは、ドアエントリー風な攻略が必要そうです。
IMG_0050

合板のバリケードも、サイズ、位置共に不規則な穴が空けられているので、さまざまな戦い方が可能です。
IMG_0179IMG_0058
IMG_0192
ちょっとしたやぐらも合計4か所あります。
↓こちらは1~2人用のミニやぐら。
IMG_0251 IMG_0271そしてその倍ほどの大きさなのが、この2つのやぐら。
IMG_0244 IMG_0274上からの景色はこのように見えます。
IMG_0352バリケードの配置が絶妙なのですっきり見渡せるワケではありません。
ここぞという時に利用しないと、むしろ狙い撃ちされてしまいそうですww。
↓コチラは、先ほどの写真の反対側にあるやぐらからの景色です。
高台を占領したからといって、有利になりすぎない点は、さすが分かっていらっしゃる!
IMG_0036ちなみにスタッフの方から聞いたところによると、フィールドのバリケードの配置は週替わりくらいのペースで定期的に配置を変えているそうです。
コンパクトなフィールドながら、常連さんたちも飽きさせないうれしい配慮。

そしてキホンは、ハンドガン戦が良さそうなフィールドではありますが、長モノだって使えるスペースはしっかりと確保されています。
IMG_0290
フィールドのセンター付近には、タイヤやソファーを使ったバリケードもあります。
IMG_0350これはこれでいい雰囲気です。

シューティングレンジはフィールド内のやぐら!

実は先ほど紹介したミニやぐらは、シューティングレンジだったりもします。
IMG_0251標的までの距離は最大16m
IMG_0283IMG_02595mの標的には、木琴が…。
BB弾を当てて演奏したくなるなぁ(挑戦者求むw)。
IMG_0054また、16mの標的は、細かな調整もできるように複数のターゲットが用意されています。
IMG_0030
秘密基地感のあるロフトのセーフティ

次はセーフティや各種設備を見ていきましょう。
ゆったりできるセーフティは、こちらの階段を上ったロフト部分にあります。
IMG_0223まるで秘密基地みたいでした。
IMG_0003漫画が置かれていたりもします。
IMG_0343
続いてはロフトから降りて、観戦エリアへ。
IMG_0209グレーのネット越しにフィールド内を観戦できます。
ハンドガンをおける棚があったり、イスがあるのでゲームに参加しないときはここで楽しむことができます。
また、タクティクスゾーンさんは、公共交通を使う場合は、最寄り駅からバスかタクシーになるのですが、セーフティには各路線のバスの時刻表が貼られています。
途中で帰る時など、事前に調べておけば、効率よく遊べます。
IMG_0062フィールドには自動販売機もあります。
サバゲーマーにも愛飲者も多い「Monster Energy」もラインナップ!
※2014年11月下旬現在
IMG_0215自販機の横には、長モノを立てかけられるガンラックもありました。
さらにその奥に行くと、喫煙スペース。
きちんと分煙できているので、愛煙家も非喫煙者も快適にゲームができますね。
IMG_0221
そしてトイレも清潔!
洋式トイレが1つと、男性用便器が1つ。
IMG_0225さらにトイレ内の洗面スペースに特製のスノコを置けば、更衣室に早変わり!
IMG_0330アイデアの勝利ですね。

できたばかりの新フィールドながら、I.B.F.8さんとのコラボを行ったり、フィールドが入る建物の1階にある中華料理店とのコラボをプランを考えたりと、とっても意欲的なフィールドさんでした。
気軽な気持ちでサバゲーが楽しめるカジュアルなインドアフィールドですよ~。

 

衣裳協力:x115x Taylor
Webサイト:http://an3.militaryblog.jp/
※今回使用したボディアーマーはx115x Taylorさんの「BABY LOWVIS ARMOUR(マルチカムブラック)」です。

取材協力:タクティクスゾーン
所在地:東京都武蔵村山市三ツ藤3-5-5 こぐまビル202(新青梅街道沿い)
駐車場:7台(無料&要予約)
URL:http://www.clusternetwork01.com/
利用料金:2015年1月31日までオープン記念割引第二弾を実施中
WS002156その他、料金詳細はコチラ

 

IMG_0311
モデル:清水ほたる
公式ブログ:清水の生存報告。   http://ameblo.jp/hotarubi-mu/
サバゲーにも意欲的に参加して腕を磨いているほたるちゃん。
清水ほたるちゃんには秋葉原&六本木にあるコンセプトカフェ&バー「B-cats」で会えます! ちなみに11月28日には六本木店で、11月29日には秋葉原店でほたるちゃんのバースデーイベントが開催されるとのこと。詳細はB-cats公式サイトか、ほたるちゃんの公式ブログなどでご確認下さい。
ちなみに誕生日は、11月30日です。
B-cats公式サイト:http://www.bcats.jp/

[amazonjs asin=”B00FIISCGI” locale=”JP” title=”Jack-Army正規代理店 サブウェポンの切り替えが便利な サバゲー スリング 黒 ミリタリー 軍用”]

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされてしまうのであまり戦力にならない。記者歴は丸13年(2014年現在)で、撮影と執筆担当。取材に行くのが三度の飯と同じくらい好き。学生時代は戦場カメラマンになりたかったが、「サバゲーを撮る」という、とっても安全かつピースフルな形で夢を叶えた。

投稿者記事

  1. 【ロックでパンク】どうかしている!世界のベビーカーはこんなにスゴイ

    2017-12-04

  2. 【初心者応援企画】安全管理はとっても大事!はじめてのサバゲーの前に知っておきたいマナー&ルール集

    2017-08-11

  3. 【コラム】サバゲーマー視点で考えた中古ショップの活用法

    2015-06-27

  4. 【新フィールドレビュー】悪の組織がオモテナシ!?ASOBIBA新木場フィールドに行ってきた

    2015-06-19

関連記事

  1. 【超初心者応援企画】ミリタリー&サバゲー関連用語をざっくり解説!【その1 世間とは同じ言葉でも意味が違う用語1】

    2014-07-31

  2. 【週末映画ピックアップ!】2015年10月2日~10月4日 今週末に見に行ってみたいさばなび編集部が気になった公開中映画を大紹介!

    2015-10-03

  3. 【ショップ紹介】「REALMENT」さんでは実物装備品が手にとって見られる+試着も可能!

    2015-04-17

  4. 【C86レポその2】今日から3日間開催!コミケ初日ミリタリーサークルで見つけたお宝たち!【銃関連本】

    2014-08-15





アーカイブ

ページ上部へ戻る