TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【初心者参考特集】夏のサバゲといえばこれ! 未経験者向け夜戦のススメ!【納涼】


投稿者:乾 宗一郎

夏場ならではのサバゲーといえば「夜戦」
死ぬほど暑い日中でなく、ちょっとだけ涼しい夜にやるゲームです。

まぁ、別に冬にやっても構いませんがさすがに寒いとツライので、やっぱり夏場がシーズンなのです。
DSC_2189

とはいえ、皆さんの中でも未経験の人もいるのではないでしょうか。
「何だか怖そう」
「NV(ナイトビジョン)持ってないよ」
「ライトっているの?」
など装備面で不安があってやったことない人も多いと思います。

そこで今回は未経験者向けの「初めての夜戦ガイド」をお送りします。
ぶっちゃけ昼間のゲームと同じ装備で問題なく楽しめますが、あればより盛り上がるグッズがいくつかあるので、そのあたりを紹介していきましょう。

 

ライト(明るいハンディライト)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ぜひ欲しいのがハンディライト。200ルーメンくらいのLEDタイプがいいでしょう。
SUREFIREなどのブランド品じゃなくても大丈夫ですが、CR123Aを2本使うタイプが明るさや稼働時間、サイズの点からオススメです。

 

ライト(ガンマウントタイプ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハンディタイプよりも使いやすいのがハンドガードやバレルにマウントするエアガン装着タイプ。やはり200ルーメン以上のLEDタイプがいいと思います。
ほとんどの人はいきなり明るく照らされると数秒動きが止まってしまうので、この状態でトリガーを引けば大抵そのままヒットできるというわけです。
IMG_6143
上の写真は夜戦じゃなくてインドアですが、照らされるとこんな感じです。

 

ライト(手元用ハンディタイプ)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハンディライトはもう1個、あまり明るくない安いやつがあると便利。手元を照らしたりヒットされてセフティに戻る時に足元を照らす用に使います。
明るすぎるライトはこういった時にまぶしくて使いにくいためで、乾電池を使うタイプがいいと思います。
100均の自転車用やキーホルダータイプでも十分使えますよ。

 

ゴーグル(クリアの樹脂レンズ)
88
もともとゴーグルは必需品ですが、夜戦では透明なポリカ製レンズがオススメ。色付きレンズはピンクやイエローでも視界が暗くなる(暗く感じる)からです。
曇らないメッシュゴーグルもいいですが、これもわずかに視界が暗くなります。
なお、特に湿度が高いとポリカレンズはよく曇ってしまいますが、強力な曇り止めを使うかファン付きで対応しましょう。

 

フルオートトレーサー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
蓄光弾を撃つと曳光弾のように光る弾を撃てるアタッチメント。電源は単4形乾電池を4本使います。
52
はっきりいってこれを使うと発射位置がバレるので不利ですが、「自分の弾道が見える」「相手がビビる」「単にキレイ」などのメリットがあるのも事実。
これを使っている人を見たら必ず欲しくなるのでぜひ用意しておきましょう。
マルイ製のものは高いけど信頼性がありますね。安い中華製コピーは(本当に)すぐ壊れるのでやめた方がいいと思います。

 

トレーサー用電池
54
単4とはいえ4本あると重さはちょっとしたものになります。そこで高いけど軽くて容量のある「単4形リチウム乾電池」がオススメです。
電子パーツ屋や家電量販店などで買えます。

 

蓄光BB弾
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トレーサーを使うのに必要な「光る弾」、つまり蓄光弾です。
もちろんバイオ弾になるのですが、蓄光バイオ弾はけっこう高いのが悩みどころ。エクセルの蓄光バイオは1発1円します。最近出たG&Gのバイオトレーサーもそれくらいしますね。
高いから節約しようと通常のバイオ弾とブレンドして使う人もいますが、ここぞ!という1発に限って光らず悲しい思いをする可能性が大。なるべくケチらず景気よく使う方が楽しいです。夜戦では昼間より撃つ弾数は少ないはずですし。
ついでに、グリーンの方がよく光りオレンジはあまり明るくないことも覚えておきましょう。

ぜひ用意したいアイテムはだいたいこんなところでしょうか。
とりあえず必需品なのはライトとゴーグル、余裕があればトレーサーや蓄光BB弾も準備しましょう。
NV(ナイトビジョン)は別に要りません。というか、一ケタ万円のものは全然使えず、無双できるのはウン十万円クラスになります。なくても夜戦は楽しめるので無駄使いはやめておきましょうw
なお、夜戦ではサイリュームをマーカー代わりに使いますが、だいたい主催が用意してくれてると思います。

 

最後にコツというかポイントをまとめてみました。

「暗い状況にいると勝手に目が慣れる」
→意外と盲点で、ライトで照らしても消した瞬間は瞳孔が閉じていて全然見えません。

「光源の方向を常に意識する」
→例えばセフティの明かりが背後にあるとシルエットが浮き出てしまいます。

「昼間より大胆に動ける!」
→思い切ってスタスタ動いても意外と気付かれません。

とりあえず最初はこれくらい意識しておくとワケもわからないまま即死しないと思います。
慣れればガンガン動いてヒットが取れるようになりますよ。

DSC_2088

というわけで、チャンスがあったらぜひ夜戦をやってみてください。
昼間のゲームとはぜんぜん違う楽しさは請け合いです!
逆にベテランでも夜戦未経験の方、初めてサバゲをやった時のようなオシッコ漏れそうな緊張感が味わえますよ!

 


 

 

, , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む
オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ