TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【AR好き参考特集】人気の3gun-matchで使われている民間ARってどんなスタイルなの?


投稿者:乾 宗一郎

アメリカのシューティングマッチで人気の高い3gun-matchという競技はご存知でしょうか。
その名の通り、ハンドガン、ショットガン、ライフルという3種類の銃を使い分けて、さまざまなターゲットを撃ち倒すという(基本的に)タイムトライアル形式の競技です。
大手の銃器メーカーやカスタムメーカーがスポンサーに付き、それゆえ参加者も多く、また一流のシューターも数多く参加しています。
50
公式サイト:3GUN NATION

Ready to Rumble 3 Gun Nation Championship 2014
YouTube Preview Image
今年行われた大会の映像です。

2011 LaRue Tactical Texas 3-gun Championship – hatcam
YouTube Preview Image
こちらは2011年の映像ですが、ヘッドマウントカメラの映像が迫力満点です。


各競技に使われる3種類のガンは当然カスタムされており、レースガンというよりはコンバットカスタム的なルックスが特徴。それだけにカスタムのお手本として非常に参考になります。
特にライフルはほとんどの選手がARを使用しており、そのカスタマイズは「速く」「正確に」「精度を維持しつつ長時間撃つ」ことに特化しています。

そこで今回は、3gun-matchで使われているARの画像(とそれ以外も)を集めてみました。
ミリタリーとは一味違う民間の競技用ARはこんな感じになっているのです。

まずはレジェンドともいえるタラン・バトラー
3gnnov03
シンプルな軽いハンドガードにサプレッサー。アイアンサイトはオフセットタイプです。スコープはあまり見ないカタチですね。

suIMG_8623
上のタランのARと同じに見えます。バレルは16~18インチ、ハンドガードは13.5~14インチといった感じでしょうか。

3gun-5
円筒形のカーボンハンドガード(PRI製?)にtrijiconスコープ、マガジンはPMAGの延長マグですね。

448x299xP1250076-900x601.jpg.pagespeed.ic.42sfoC1BrN
JPライフルをベースにしたARでやっぱり円筒形のハンドガード。ショートスコープにアイアンサイトはナシ。マガジンはPMAG+延長アダプタです。

660660p1715EDNthumbNelson
ちょっと変わった固定ストック+ショートスコープ仕様。マガジンはPMAGの新しい40連です。

Colt-Competition-Pro-2-e1376590918149
コルトチームのAR。ステンレスバレルはよく見るとフルート入りです。ハンドガード側面(人差し指の前)に見えるのはハンドストップでしょうか。ショートスコープはずいぶん太いですね。

image
ロングスコープ+バイポッド付きというちょっと変わったセットアップ。マガジンはsurefireの60連に見えますが確認は難しいです。

JP15-1
見るからに軽そうなJPベースのカスタムAR。ACEストックに円筒形ハンドガードは3gun matchでは鉄板の組み合わせです。あれ、よく見るとハイダーに発射炎が見えますね。

rt_3gun_03
ハンドガードはTROYのAlphaの加工品(切り詰め)。ストックはMagpulの固定タイプのPRSです。

Scott
ずいぶん体格がいいのかハンドガードの先端をがっちり掴んでいます、しかしショートスコープなのにずいぶん長いですね。ストックはMagpulのCTRですがロックが掛かっていません。

maggiecarbine01
カーボンハンドガードのJPライフルのカスタム。スコープの脇にマウントしたドクターサイトでエイムしています。surefireの60連マガジンがはっきりわかりますね。

524985
JPのレシーバーにレミントンのハンドガード? いやそれ以前に7.62mmっぽいです。スコープの大型ズームリングもおもしろいですね。このユニフォームはアメリカ陸軍チームのものです。

番外編としてSCAR
54
FN USAチームはARじゃなくSCARを使っています。アッパーがブルーのアルマイトというのが新鮮。16インチの民間用に延長ハンドガードレイルを装着しています。

ブッシュマスターのACRも!
55のコピー
この少女はKatelyn Francisちゃん(14歳)。アチラではかなり有名な将来有望株です。
852
あらかわいい。
Francis_Banner
JPのカスタムARも使ってるようです。

 

というように、ざっとですが公式サイトを画像を中心に集めてみました。
円筒形ハンドガードが多いのは、オフセットしたダットサイトやアイアンサイトを使いやすくするため。光学機器はアイリリーフの長い低倍率ショートスコープが圧倒的に多いですね。
カスタムも精密射撃を得意とするJPライフルをベースにしたものが多いらしいです。
このような流れは最近のタクティカルトレーニング参加者のARにも波及しているとか。やはり4面フルレイルで重いハンドガードより、シンプルで軽い方が扱いやすいようです。フォアグリップも精密射撃にはジャマなだけですし。

今回紹介したARは競技用のマッチガンではありますが、サバゲで使うARのカスタムの参考になる点もいっぱいあり、それが民間ARカスタムのトレンドといえるかもしれません。「マッチガンだからなぁ」という偏見を捨てて見ていただければ幸いです。

 

, , , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ