TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
SPECIALSHOTSHOW 2014.01.19

SHOTSHOW2014リポート! その10:COLT(コルト)編

アメリカの銃器メーカーでもっとも有名なのがCOLT(コルト)でしょうか。
アメリカでは、単にハンドガンといえば「1911」、ライフルといえば「M4」を指すのですが、この両方を製造開発したメーカーです(今では両方とも特許が切れて各社からクローンモデルが出ています)。

そんなコルトも当然ながらSHOT SHOWに出展していたので、さっそくリポートします。
ただ、これといった新製品はなく、既存モデルを中心とした地味目のラインナップでしたw

◎COLT(コルト)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ここ数年コルトの(中で)話題といえばCOLT SCW(sub-compact-weapon)。
M4より小型でフォールディングストックを備えたモデルです。主に都市部での近接戦闘を目的としたもので、バレル長は6.5インチ、動作はガスピストン方式で新しいボルトキャリア+バッファー周りを備えているとか。
この状態で3kg以下とかなり軽かったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
刻印からして「SCW CARBINE」ですね。
マグキャッチも一応アンビ。
表面は「コルトブラック」といわれる仕上げで、パーカーなどとは違う手触りでしたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フォールディングストックはここだけ伸長が可能。後半部分はポリマー製で、バットプレートは90度前方に折りたためます。
でも、この短いバッファーチューブでブローバックしてるのは、けっこう無理した設計なんじゃないかと思えてなりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コルト1911のバリエーションの1つ、「COLT Marine Pistol」。
ちなみに、アメリカ人に「ガバメント」といっても通じません。「1911(ナインティー・イレブン)」といいましょう。
フルサイズのレイル付き1911をFDEカラーにしたものですね。各部がカスタムされ、海兵隊仕様ということになっています。
主なカスタムポイントは「novak製3ポイントナイトサイト」「アンビセフティ」「アルミ製ロングトリガー」「5インチマッチバレル」「セラコート塗装」といったところ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
刻印の違いがおもしろいですね。
ミリタリー仕様には必須のQRコードも再現されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Muddy Girl CAMO と呼ばれるペイントモデルのM4。
16インチの民間用セミオートモデルで、塗装は「Hydro Dipped」といわれる方式だとか。
やっぱりアメリカでもピンク銃の需要はあるんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
詳細は聞けませんでしたが、スマホ連動の自動銃座とのこと。
いやなんかものすごいです。
フルオートフレームのM4に40mmグレネードまで付いていますよ。
COLTは単に銃器だけでなく、こんなシステムも扱っているんですね。知らなかったw

[amazonjs asin=”B000BV1R7S” locale=”JP” title=”No29 コルトM1911A1ガバメント (18歳以上エアーハンドガン)”]

, , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ