TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【エアガンレビュー】ちょっと特殊なHK416! 東京マルイ次世代電動ガン「DEVGRU CUSTOM(デブグルカスタム)」レビュー!


投稿者:乾 宗一郎

ホビーショーでの発表以来、発売を待ち望んでいた人も多いであろう東京マルイの「DEVGRU CUSTOM」。
既存のHK416Dのバリエーションながら、サバゲで扱いやすいサイズということに加え、特殊部隊が使った(と主張する)という面からも期待されていた新製品です。
実銃のHK416は「とにかく高い」「リコイルが強い」「パーツ供給がダメダメ」「PMAGが使えない(GEN.2までは未対応)」など、民間での評価は良くないらしいですが、ここ最近、特殊部隊での使用写真が見られるようになると突然人気が出てきたという不思議な銃です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
全体的な構成は従来のHK416Dを「10.4インチのショートバレル」「AACタイプのハイダー+サプレッサー」「タンゴダウンタイプのグリップ」「クレーンタイプのストック」「ナイツタイプのフリップアップサイト」に変更したもの。単なるバリエーション以上の付加価値があります。
なお、この組み合わせは「数年前の416D」をイメージしたものと思われます。現行に近いタイプが欲しい人は長い方の416Dを買いましょうw。
では、さっそく各部を見ていきます。

●全景
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
RASとほぼ同じ長さのショートバレルがポイント。縦長のハンドガードもあってずんぐりとしたイメージですが、ストックやグリップの変更によって後ろ半分は416Dよりスマートに見えますね。
レシーバーやハンドガードはアルマイト+焼付塗装仕上げ。HK独特の「真っ黒なブラック」が再現されています。

 

●フレーム部
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ロワーとアッパーはアルミ素材。剛性が高く重量感があります。
そして刻印はセレクターマーキング以外はプリント。これは実銃通りでだいたい正解です(実銃にはフル刻印のフレームもあった)。何もここに書かなくても・・という前面の注意書きも再現されていますね。
また、水平に近いマグウェルの角度も416の特徴。しかし、実銃はこのおかげで一番売れているGEN.2のPMAGが使えないとか(GEN.3は使えるようです)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タンゴダウンタイプの細身のグリップ。角度も一般的なM4と同じで馴染みのある握り心地です。
416Dのサツマイモみたいなグリップはちょっと・・・という人には嬉しい変更点でしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
マルイの次世代M4系では416にしかないアンビセレクター。
ただ、左右とも同じ長さで握り方によっては人差し指に引っかかりますが、本物がそうなので仕方ありませんw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一段高いレイルが416の特徴。
そこに乗るのはナイツタイプのリアサイト。
クリック感もあり、小さくなった現行の600mタイプをよく再現しています。
ん? 全体的な仕様は数年前のもの(と思われる)のに、サイトは現行のタイプだと・・・・?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
チャージングハンドルで凹凸のないダミーボルトをオープン、ドラム式のHOP調整ダイヤルがあります。
マガジンキャッチボタンが樹脂製なのは実物通り。
ダストカバーは金属製ですが、実銃ではプラ製をよく見かけます。

 

◎フロント部
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガスピストン方式である416は独自のハンドガードを使用。アッパーにめり込む接合部はガッチガチの剛性で頼もしい限り。
上面のみナンバリングが入っており、レイルのミゾもよく再現されています。
ナイツタイプのフロントサイトもよくできていますが、倒した時にはみ出る部分が少なく、起こしにくいのが難点です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
レイルを固定しているボルトは変型のプラス。普通のプラスドライバーでは回せません。
実銃通りの再現ですが、基本的に分解は諦めたほうがいいかも?

追記SHOTSHOWでHKの中の人に聞いてみましたが、最近の416ではマイナスネジがほとんどだそうです。この変型プラスや六角はかなり古いものになるのだとか。

ちなみに、専用工具でハンドガードを外すとこんな感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
このハンドガードはけっこう重いですw
このようにハンドガードを外さないとクリーニングができない点も欠点といわれています(実銃の場合)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハイダー部は薄くてシャープなAACタイプを再現。取り付けは14mmCCWです。
同梱のサプレッサーがそのままねじ込んで装着できます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
付属のサプレッサーは軽量なアルミ製で全長は150mm。
ただし、装着部のスプリングロックはダミーです。

 

◎ストック部
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ストックはSOPMODやCQBでお馴染みの6ポジションのクレーンタイプ。
基本というか、癖がなく扱いやすいストックですね。
ガタも一切ありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バットプレートを外して別売りのSOPMODバッテリーをそのままハメ込みます。
便利で確実ですが、「今さらニッ水・・」という思いもなきにしもあらずw。
そこでトリガートークの「外部バッテリー変換コネクタ」を導入しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これでリポバッテリーが使えるようになります(7.4V1400mAhヌンチャクタイプまで入ります)。
ちなみに装着時は上下を間違えないように!(赤いケーブルが上側!)

 

◎マガジン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
付属マガジンはHKのスチールマガジンを再現したやや長いタイプで416Dと同じもの。装弾数は82発と30発の切り替え式ですが、オプションの多弾数マガジンは520連。いっぱい撃つ人はそちらをどうぞ。
ちなみに実銃のHK製スチールマガジンは、PMAGが15ドルで買えるのに約40ドルと超高価。HK信者wしか買わないらしいです。

◎仕様
全長:720~795mm(サプレッサー含まず)
重さ:3.2kg(バッテリー含まず)
バレル:10.4インチ
インナーバレル:275mm
装弾数:82/30発
バッテリー:SOPMODバッテリー
定価:72,800円

 

実射テスト

ではいつものように、屋内でターゲットペーパーを撃ってみました。
距離は約7m、使用弾はG&Gの0.2gバイオ、左右のクロスに各5発ずつの射撃です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎度のことながらさすがの精度。箱出し直後でロクなナラシもなくてコレですよ!
次世代電動ガンは遠距離で弾道がグン!と伸びるので、実際のサバゲでもしっかり狙って撃てるでしょう。
ちなみに初速は92.8~95.2m/sでした。

次世代といえばリコイルショック!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
次世代シリーズの中でもリコイルが強いM4と同じ機構なので、かなり体感があります!
ただ、後ろにガンと来る反動ではなく、前に向かってコツンとなる振動なので、ガスブロに慣れた人は違和感を感じるかもしれません。
それでもリコイルがないよりはあった方が全然おもしろいので、とりあえずブルブル震えればイイ!という人なら気にならないと思います。

◎まとめ
当初は「あー、416バリエね」と思っていたのですが、実物を見ると想像以上にまとまっていました。
すでに416Dを持っている人にとってはどうでもいい銃ですが、「これから次世代買いたい」という人にはぜひオススメしたいところ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サプレッサーやフォアグリップも付属しているので、ダットサイトとレイルカバーだけ追加すれば、とりあえず格好がつくでしょう。ちなみに、ダットサイトはT1タイプではなくM2/M3タイプがピッタリです。
ちなみに、PMAGをつけると途端におもちゃっぽくなるので、416ユーザーは意地でもSTANGマガジンを使いましょう。HK刻印のマガジンならベスト。あるいはEMAGでもOK(エアガン用のPMAGはGEN.2しかありません)。

このモデルでマルイは電動ガンの最高価格を更新したようですが、実勢価格は5万円台で買えるはず。
年末にボーナスが入った人、あるいはHKが好きな人なら「買い」です。

, , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ