【新刊情報】本当にあった愉快な話「日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし 戦時中の軍隊の真実編」1月25日に販売開始!

竹書房発行のマンガ誌「本当にあった愉快な話」にて連載している「日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし」の単行本第三弾を発売することになりました。

この機会にぜひご高覧の上、ご高評いただければ幸いです。

 

20年間、戦場で生き抜いた男が語る傭兵生活の真実

強さを求めて戦場を渡り歩いた、傭兵の高部正樹。
本物の戦争を経験した男が語る、知られざる傭兵の裏話が満載!
体臭や花粉症、トイレ事情といった知られざる日常から、戦場の死体清掃や女兵士の末路など戦場のリアルまで。
そして、世間を揺るがした、安倍首相襲撃事件やロシアのウクライナ戦争まで、元傭兵の視点から語ります。

 

作品の見どころ

傭兵の高部正樹が経験した、本物の戦場でのリアルな生活を漫画化。
高部正樹の傭兵生活20年を漫画化したシリーズの第三弾です。
元傭兵の視点で語る、ここでしか読めない戦争のリアルが詰まっています。

作者プロフィール

高部正樹
1964年愛知県に生まれる。
高校卒業後航空自衛隊に航空学生として入隊。
航空機操縦要員として訓練を受けるが訓練中の怪我が原因で除隊。
傭兵になる事を決意し、80年代後半アフガニスタンで実戦初参加。
90年代に入りミャンマーのカレン民族解放戦線に参加した後、旧ユーゴスラビアに渡りボスニア・ヘルツェゴビナでクロアチア勢力の一員として戦う。
その後再びミャンマーに戻りカレン民族解放戦線に再参加。
2007年引退し帰国。帰国後はタレント、フリーライター。

「戦争ボランティア」(並木書房)、「傭兵のお仕事」(文芸社)、「傭兵の誇り」(小学館)、「戦友 名もなき勇者たち」(並木書房)など著書多数。


にしかわたく
漫画家。
1969年長崎県生まれ、東京都国分寺市で育つ。
大学在学中に「月刊アフタヌーン」(講談社)で商業誌デビュー。
漫画・イラスト・映画コラムと多方面で活躍中。

著書に「常岡さん、人質になる。」(エンターブレイン)、「母親やめてもいいですか 娘が発達障害と診断されて…」(文藝春秋)、「ブラック企業やめて上海で暮らしてみました」(扶桑社)、など。

 

商品情報

本体価格:1200円

▼購入はこちらから
https://www.amazon.co.jp/dp/4801938426


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000109856.html


 

関連記事

  1. 米陸軍が『認定防護アイウェア一覧(APEL)』を更新。「電子駆動式トランジションレンズ」が利用可能に

    2019-09-20

  2. 【自動運転技術】機械自動化の先進テクノロジーが一挙集結。ZMPフォーラム2016開催

    2016-10-02

  3. 待ちに待ったPROPPERのA-TACS LEパターンが発売間近!!ワクテカしながら待っててね!

    2014-01-05

  4. 【進撃の巨人】爆笑必須のエキストラ募集騒動など何かと話題の「進撃の巨人」とコラボしたリアル脱出ゲームが開催! 

    2014-02-13





RSS さばなび

アーカイブ

ページ上部へ戻る