リアルな狙撃と美麗な景観が魅力のスナイパーエリート5

スナイパーエリート5は、2022年に発売予定のTPSゲームで開発元はRebellion
Rebellionはスナイパーエリートシリーズの他に、ゾンビTPSのゾンビアーミーや、悪の帝国を運営するシミュレーションゲーム、エビルジェネシスを開発している。

対応機種は主にPCとPS5、PS4でプレイ可能で、STEAM、Windows Store、XBOX GAME PASS等、多くのショップで発売予定だ。

スナイパーエリート5の舞台背景とグラフィック

舞台背景は1944年のフランス。
プレイヤーは、フランスのレジスタンスの一員、狙撃兵のカール・フェアバーンとして戦うことになる。
目的は、ナチスの極秘プロジェクト「クラーケン作戦」を阻止することとなるようだ。
プレイヤーの狙撃兵VS敵側のナチスという構図でゲームを進めることになりそうだが、グラフィックはとても奇麗で、1944年の実在する場所に基づいたゲームマップとなっている。
トレーラーでは巨大な洋風の城や、同じく洋風の建物が並ぶ城下町、紫の花が満開の花畑。
また、港湾基地や、線路の上、ミサイルのある基地内など、様々なロケーションを見ることができるだろう。

スナイパーエリート5のゲームシステム

スナイパーエリート5は、過去のスナイパーエリートシリーズを踏襲した、スナイピング重視のストーリー系TPSとなると思われる。
メインは1人用となりそうだが、新入PvPモードやサバイバルモード等、マルチプレイも可能なようだ。

メインはスナイピングによる暗殺だが、武器はスナイパーライフルだけではなく、様々な武器や、時にはナイフも使って戦うことになるだろう。
また、アクションについても、ジップラインやクライミング要素も窺える。
トレーラーには戦車にロケットランチャーを打つ映像があったり、ナイフによる背後からの暗殺の映像が確認できた。

スナイパーエリートシリーズの特徴

様々な武器やアクションがあるものの、スナイパーエリートシリーズと言ったら、リアリティのあるスナイプ戦。
やはり、これがメインとなるのではないだろうか。
重力、風、心拍数など、様々な要素も再現されて、リアルなスナイピングが楽しめそうだ。

スナイパーエリートシリーズの最大の特徴であるX線キルカメラも、今回の5で復活する予定。
骨や血管、筋肉、内臓などが綿密に描写されていて、従来よりも強化されているようだ。
これはスナイピング時の他、ナイフによる暗殺の時にも稼働すると思われる。

スナイパーエリート5の現段階の情報では、リアルなスナイピング感覚と、グロテスクなキルカメラ。
そして、1944年のフランスの美麗な街並みが特徴のTPSとなることが予想される。
期待を込めて続報を待とう。

Image Credithttps://gamesource-ent.jp/news/detail/127

関連記事

  1. 【週末映画ピックアップ!】2014年4月18日~4月20日 今週末に見に行ってみたいさばなび編集部が気になった公開中映画を大紹介!

    2014-04-18

  2. 【新フィールドレビュー】夏休みの家族旅行はハウステンボスで決まり!「レンジャーブートキャンプ」でお手軽サバゲー体験!

    2014-07-24

  3. リリースされたばかりのマルチカム・ブラック、早くも割引販売のサイトを発見。ここで買えるぞ!

    2013-11-27

  4. 【毎日連載】今日のミリタリーフォト!

    2014-09-02





アーカイブ

ページ上部へ戻る