strymon CloudBurst リバーブ が素晴らしすぎる エフェクター

strymon CloudBurst リバーブ

strymon CloudBurst リバーブ の制作過程において、いくつか高い目標を念頭に置いていました。最優先事項として可能な限り最高のサウンドをアウトプットする単一のリバーブ・アルゴリズムを作成すること。高いディケイ設定では、BigSkyのクラウド・アルゴリズムから得られる広々としたエクスペリエンスを提供したいと考え、次に、短いディケイの設定範囲では、スタジオ品位の多様で自然なサウンドの小スペースを生成することに着手。

strymon CloudBurst リバーブ

次に、新しいEnsembleエフェクトを追加し、これまでのリバーブペダルからは聴こえなかった新しい種類のサウンドを届けたいと考えました。このエフェクトの設計により、シームレスで自然、人工的ではないリバーブとギター信号の融合が確かなものになりました。アンサンブルスイッチをメゾピアノ(適度にソフト)の位置にすると、リバーブ信号のキャラクターが微妙に強調されます。フォルテ設定では、ビンテージのポリフォニック・ストリングシンセを彷彿とさせる巨大なストリング・アンサンブル効果が生まれます。

最後に、我々はこれまでに設計した製品の中で最もシンプルで直感的に使用できるペダルを作りたいとも考えました。そのため、Cloudburst にはセカンダリー機能や隠し機能はありません。このペダルは、数個のノブとラベルに記載されているとおりのスイッチでコントロールされるため、段階的な学習を必要とせずに完璧なサウンドを即座にダイヤルアップすることができます。

strymon CloudBurst リバーブ

Decay
CloudburstのDecayノブは、真面目に手をかけたプロセッシングを行なっています。リバーブ・テールの長さをコントロールするだけでなく、シャーシの中で何度も連続して複数のパラメーターを調整することで、リバーブのキャラクターを劇的に変化させ、ダイヤルインするポジションにより、無数の新しい音楽的で刺激的なサウンドを発見できるようにしました。このノブを僅かに調整するだけでも、リバーブキャラクターの顕著な変化を楽しむことができます。

Ensemble
CoudburstのEnsembleエフェクトは、入力信号から48の異なる周波数帯域を継続的に分析し、演奏中に各周波数帯域で見つかった倍音成分を生成し追加します。Ensembleは、ピッチ検出に基づいた静的な合成信号を生成するのではなく、ピッキングの場所、使用するピックアップ、およびあなたが演奏するもののボリューム・エンベロープ等、演奏に基づいてハーモニクスを生成します。その結果、リバーブ信号はゴージャスな弦楽アンサンブルのように広がりが生まれ、唯一無二の忘れられない演奏とリスニング体験が生まれます。

Mix
リバーブミックスを最小でのフルドライから、最大でのフルウェットまでコントロールします。ノブの約3時のポジションで50/50のミックスが得られます。パワーアップ・オプションによって、キル・ドライ(アンプのエフェクトループで使用する場合) とアナログ・ドライパス・オプションが可能です。種々のリアルな小空間の再現には、中程度のミックスと暗いトーン&短いディケイ・タイムを組み合わせます。雲の中を飛翔するようなアンビエント・サウンドには、リベラルなミックス設定と長いディケイ・タイムを選びます。

Pre-delay
プリディレイを使用すると、ドライとリバーブ信号間に時間の遅れを追加できます。これはMixとDecayを高めに設定するとき、明瞭さを保つのに良い機能です。ノートやコードの後にスウェルやブルームが効果的に使えます。短いディケイタイムでプリディレイを短くすると、リバーブ感のあるスラップバック・エコーが作れます。

Tone
リバーブ内の高域周波数をコントロールします。最小設定で最も高域がダンピングされ、最大で高域のダンピングはありません。長いディケイタイムとアンサンブルを組み合わせてドラマチックな効果を得るには、ディケイタイムを長く設定し、エクスプレッションペダルでそれを操作します。

Modulation
リバーブ・タンク内の反射を生み出す各ディレイ・ラインのタイムを変調することによって、作成される豊かな効果には独特のマジックがあります。CloudburstのMODコントロールには、一つ高いレベルのエフェクトが得られます。それは、特にEnsembleと一緒に使用すると、高いMOD設定で速いシンセのようなビンテージSFピッチ・モジュレーションのようなサウンドを作成します。

MIDI
CloudburstはフルMIDI機能を備えているため、MIDIコントローラーやDAWから送信されたMIDIコマンドをEXP/MIDIジャックまたはUSB-C接続で受信してペダルのパラメーターをリモート制御できます。300のMIDIプリセット・ロケーションを使用し、あなたのお気に入りセッティングをロードおよびセーブできます。ペダルをリモートでバイパス/オンの切り替え、DAWでディケイタイムやその他のノブコントロールを自動化、セットリストの曲ごとに固有のプリセットを呼び出すなどの操作が可能です。MIDIの可能性は無限です。

トゥルー/バッファードバイパス
Cloudburstは、100% ピュアな未処理の信号を得るための機械式リレー・スイッチによるトゥルー・バイパス(これがデフォルト設定)と、長いケーブルを使用しても高域の劣化が起きないプレミアム・クオリティーのバッファード・バイパスが選択できます。

JFET入力
妥協のないダイナミクスとフィーリング。優れたタッチ感度と応答性。Cloudburstは、ハイ・インピーダンスの超低ノイズ・ディスクリート・クラスA JFETプリアンプ入力により、そのサウンドと同じくらい優れたプレイ・フィーリングを実現します。

ステレオ入力・出力
信号のルーティングやペダルの配置に関して妥協する必要は一切ありません — Cloudburstは、完全なステレオ・イン/アウトを備えたステレオ・リバーブ・ペダルです。

単一のTRS入力ジャックにより、Cloudburstはコンパクトなフォーム・ファクターを維持しながら、ステレオ入力信号処理のオプションが提供できます。専用のリアパネル入力スイッチにより、Cloudburstをステレオ(TRS)またはモノラル(TS)入力ソースで動作するように簡単に設定できます。単一のロー・インピーダンス TRS出力ジャックにより、CloudburstをTRSケーブルでステレオとして、またはTSケーブルでモノとしても使用できます。

パワフルなARMプロセッサー搭載
携帯電話とコンピューターの大幅な開発による技術の進化で、ペダルは以前より少ない消費電力で、より多くのプロセッシングを同時に実行できるようになりました。つまり、ペダルボードの消費電力を抑えつつ、あらゆる音のニュアンスに対してより多くの処理能力を発揮します。

一切妥協が、そこにはないスモールボックス

Strymon リバーブペダルに期待されるすべてのプレミアム・コンポーネント、サウンド・クオリティ、ロードでの価値すべてがCloudburstの新しいコンパクト・フォーマットに凝縮されました。ディスクリートJFETアナログ・フロントエンド、116dBの優れたS/Nパフォーマンス、パワフルなARMスーパースカラー・プロセッサー、ステレオ入出力、フルMIDIコントロール機能を備えています。比類なき使いやすさと、これまで作成した最高のリバーブ・サウンドのいくつかを生成するCloudburstは、すぐに、あなたのペダルボードに必要な唯一のリバーブペダルになるでしょう。

さななびTOPページはこちら

関連記事

  1. 【ガンプラ】ガンダム Gのレコンギスタシリーズを題材としたガンプラコンテストを3月14日受付開始

    2015-03-14

  2. 【ランニング】「ランニングに適した音楽」を集めたCDが登場!

    2017-08-17

  3. ポケットに入る 多機能カギ型便利ツール

    2016-10-07

  4. 体調管理をスマートにこなす

    2017-04-13





アーカイブ

ページ上部へ戻る