TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【連載】現用装備の実用入門書~その5「今イチ推しのアウトドアシューズ」


投稿者:沢田 健


主に外で活動するサバゲでは、靴(シューズ)の重要度は非常に高いです。
サイズの合っていない靴や粗悪な靴では怪我につながり、せっかく休日を使って楽しみにゲームに来たのに怪我をしては全く意味がありません。
始めたばかりだと電動ガンなどに予算を使ってしまいますが、アイウェア、靴と許せる予算内で最高の物を選択すると、将来的に長く使える有効な投資となります。

今回は実際に手に取りやすく購入が簡単なもの、価格は電動ガン1丁分より安い2万円前後のもの、そして国産ではなく海外ブランドのシューズを紹介したいと思います。

まず、丸紅フットウェア扱いの「Merrell(メレル)」は、全国展開するABCマートで取り扱いがあるので地方在住でも手を出しやすいと思います。
アウトドア向けの靴ではド定番で、人と被りますがゴアテックスを採用した靴の中では購入しやすい価格。初めてのサバゲシューズに最適です。普段履きにも使えますし、雨の日は長靴代りにも。
MOAB(モアブ)CHAMELEON(カメレオン)はフィールドでもよく目にしますね。
カラーはサンドやベージュ、ストーン系のカラーが迷彩柄に合わせやすく周囲に溶け込みやすいです。

MOAB MID GORE-TEX

「Salomon(サロモン)」は最近多くのミリタリー使用画像があり、サバゲでもメジャーになってきました。アウトドアショップで取り扱いがあります。
ミリタリーでよく見るのはトレイルランニング用とハイキング用。
トレイルランニング用はローカットとミッドカットがあります。軽く、紐の結びがコードになっていて簡単に締めることができます。
ハイキングシューズは購入しやすい価格。しっかりしていて足首を保護できるので、斜面や固定差のあるフィールドに向いています。
カラーはブラックとベージュ、ストーン系のカラーです。ブラックカラーは目立ちますがかっこよく無彩色なのでどんなパンツとも相性が良いです。

XA PRO MID GTX

XA PRO

「Adidas(アディダス)」TERREX(テレックス)は軽くハイテク素材を使用しアウトドアで活動する用途をカバーする履きやすい靴です。
ソールは濡れた路面でも滑りにくく、簡単に靴ひもを調整する機能も備えています。
また、デザインがシェイプされており、細身のタクティカルパンツと相性が良いでしょう。
全国展開されているアディダスの直営店で購入できます。
カラーはブラックがベースで、フィールドでは多少目立ちますが履きこなすと非常にかっこ良いです。

TERREX SWIFT R MID GTX
上記3社がスマートなフォルムのデザインなら「Keen(キーン)」は丸みを帯びたデザイン。甲高や幅広の足の人でも履きやすい靴だと思います。
天然レザーの質感はしっとりしており風合いが良く、同じ靴なのに日焼け具合で色が違ったりします。
独自の防水素材で多少の雨は平気。中でもTARGHEE II MIDは定番で昔からあまり変わらないデザインで長く履けます。

TARGHEE II MID

昨年に日本初上陸したメレルとライバルになり得る「Oboz(オボズ)」
アメリカのアウトドアの聖地・ボーズマンに拠点を構える米国でもメジャーなシューズです。
日本では伊藤忠が輸入しており、当初は選択肢がなかったですが、最近はラインが拡充しておりローカットからミッドカットから最適な靴が選べます。
防水素材を使用しているので雨にも対応し、天然レザーの風合いも◎。
カラーはサンドやベージュ、ストーン系のカラーなので迷彩柄にあわせやすく目立ちにくいです。

Sawtooth Mid BDry

Sawtooth Mid

他にはモンベルが展開している「ASOLO」やミニマムリストにおすすめの「inov-8(イノヴェイト)」、粘るソールの「5.10(ファイブテン)」といったあたりがオススメのブランドでしょうか。

ローカットとミッドカットの選択は、よく行くフィールドによって決めると良いでしょう。
市街地フィールドやインドアフィールド(平地)だとローカットでも問題ありません。ただ、ローカットは走るのに最適ですが、電動ガンを持ったり装備を付けて普段と違う負荷が掛かった状態だと足首をひねる危険性もあります。
逆に高低差のある山のフィールドではしっかりと足首を保護できるミッドカットがオススメ。ただし、ローカットよりも重く、若干走りにくく感じるかもしれません。

また、できるなら防水性能のある靴を選ぶと良いかと思います。
サバゲではそこまでの防水性能は必要ないと思いますが、朝露や突然の雨、水たまりなどがあっても足が濡れなくて済みます。また、夏場であれば多少の水遊びでも平気です。
濡れた靴で1日を過ごすと皮膚がふやけて靴擦れの要因にもなるため、靴内の環境には気をつけたほうが良いでしょう。

ちなみに筆者は長年愛用していた「ASOLO FSN95」が浸水してきたので、現在はサロモンとイノヴェイトのローカットの防水機能のない靴を使用中。毎回2足と予備の靴下を持っています。
そろそろ防水機能のあるミッドカットの靴がほしいのですが、なかなか悩ましくて決めかねています。





 

, , , , , ,

WRITER PROFILE

沢田 健

沢田 健

主に2001年以降のメジャー・マイナーなアメリカ製のナイロンギアを中心に収集しています。月1回程度、関東近郊のフィールドでゲームに参加しナイロンギアの...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

オルガエアソフト
さばなびショップ


  • ピックアップ