【映画マッドマックス】スカルをまとう最狂の支配者ジョーとスキンヘッドのウォリアーの場面写真解禁!

[youtube]http://youtu.be/9YFuB3wuge0?t=29s[/youtube]

2015年夏、新たなアクション映画の金字塔が生まれる!

最新作のメガホンを取ったのは、シリーズの創始者であり、すべての監督と脚本を務める­ジョージ・ミラー。主人公のマックスを演じるのは、メル・ギブソンから、『ダークナイ­ト ライジング』で悪役ベインを演じたトム・ハーディにバトンタッチされ、女戦士役で、シ­ャーリーズ・セロンが登場。
2015年最大の話題作として、公開が決定。

<『マッドマックス』シリーズとは>
1979年、ジョージ・ミラー監督が当時全く無名のメル・ギブソンを主演に放った映画­『マッドマックス』――
第一作目にして伝説となったこの作品は、低予算でありながらも、改造車をふんだんに使­い、カーアクション映画の金字塔となった。同時に、当時全く無名だったメル・ギブソン­を一躍スターダムに押し上げた。1981年に『マッドマックス2』が公開され全世界で­大ヒット、荒廃した世界感、改造車と暴走族、モヒカン刈りなど、1980年代のポップ­カルチャーに大きな影響を与えた。日本でも人気漫画「北斗の拳」(原作:武論尊/作画­:原哲夫)に多大な影響を与えたと言われている。
1985年には、ティナ・ターナーらを迎え、更に大スケールとなった『マッドマックス­/サンダードーム』が公開された。サンダードームのタイトル通り、ドーム内の金網リン­グで繰り広げられるバトルアクションが主となっている。

<ストーリー>
人間性が崩壊している荒涼とした砂漠を舞台に、終末的ストーリーが始まる。ほとんどの­人間は生きていくための戦いに狂っている。そんな世界に、秩序をもたらすことが出来る­可能性を持った二人の反逆者がいた。その一人であるマックスは、妻と子を亡くし、心の­安寧を求めて生きている。もう一人、フリオサは、この砂漠を通り越えた暁には、自分が­生き延びる故郷を取り戻すことが出来るかもしれないと信じているのだった。。

そんなわけで話題になっている映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。公式サイトは、3月5日(木)午前8時に最新の場面写真を追加掲載しました。追加されたのは「最狂の支配者ジョー」と「スキンヘッドのウォリアー、リクトス・エレクトス」の二枚の写真です。

最狂の支配者ジョー

スキンヘッドのウォリアー、リクトス・エレクトス

【写真の解説】

今回公開されたのは、砂漠を支配する凶悪な独裁者イモータン・ジョー(ヒュー・ キース・バーン)と、全身を筋肉の鎧で包んだかのようなスキンヘッドのウォリアー、 リクトス・エレクトス(ネイサン・ジョーンズ)をとらえた2点の場面写真。

愛する者を奪われ、生きる望みさえ失って、荒野をさまよう主人公マックス(トム・ ハーディ)の前に現れるイモータン・ジョー。髑髏を思わせるガスマスクを装着し、 胸には勲章らしきものが並ぶ。鋭利なステッキを片手に、腰には銀の銃が鈍い 輝きを放っている。彼の背後では、スキンヘッドのリクトス・エレクトスを始め、白 塗りの男たちが敵を凝視している。
もう一枚は、ニュークス(ニコラス・ホルト)が運転する車のフロントに備えられたダ ブル・バズーカ砲でターゲットに狙いを定めるリクトス・エレクトスの”鬼気迫る一瞬” をとらえたカット。その強靱な肉体から放たれる砲弾を喰らうのは、果たして誰な のか?
イモータン・ジョーを演じるヒュー・キース・バーンは、インド出身でオーストラリア に移住した異色の経歴を持つ個性派俳優。『マッドマックス』(79)ではトゥーカッ ターを演じている。また、リクトス・エレクトスを演じるネイサン・ジョーンズは、『トロ イ』(04)やジェット・リーの『スピリット』(06)でアクションを披露しているオーストラリ ア出身のプロレスラーで、2015年だけで本作を始め5作品にキャスティングされ ている売れっ子。2人の個性派がどんな”悪漢”ぶりを披露するのか、今から期 待は高まるばかりだ。

映画史上最も過激なアクション大作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、 5月15日に全米公開、日本では6月20日(土)に拡大公開される。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』イントロダクション&ストーリー
資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。
愛する者を奪われ、生きる望みさえ失って、荒野をさまよう主人公「マックス」。
彼はある日、砂漠を支配する凶悪な敵、ジョーの一団に捕らえ、瀕死の重傷を負う。
そこに現れたジョーの配下の女リーダー・フュリオサ、謎の全身白塗りの男、そしてジョーと敵対するグループ。

マックスは彼らと力を合わせ、強大なジョーの一味と立ち向かう決意をする―
血と炎と轟音に包まれた――壮絶なカー・チェイス。
生き残るのは誰だ!?究極のノンストップのサバイバル・ゲームが今、スタートする!
共鳴せよ、そして熱狂せよ!映画史上、最も過激でリアルなアクション超大作。
“マッド”マックス役に『ダークナイト ライジング』トム・ハーディ。フュリオサ役にシャーリーズ・セロン。監督は『マッドマックス』シリーズのジョージ・ミラーが務める。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
■出演:トム・ハーディ、シャリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン、ネイサン・ジョーンズ
■監督:ジョージ・ミラー
■脚本:ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソーリス
■公式サイト:http://www.madmax-movie.jp/
facebook公式ページ:www.facebook.com/warnerbrosjpn
twitter公式ページ :@warnerjp
■配給:ワーナー・ブラザース映画

©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

[amazonjs asin=”B00OBJ939A” locale=”JP” title=”マッドマックス トリロジー スペシャル・バリューパック(初回限定生産/3枚組) Blu-ray”]

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバイルガジェット情報、ファッション情報などを扱うWebメディアです。

投稿者記事

  1. ANAグランドスタッフの業務内容や航空業界のしくみなどが分かる航空業界・地上職を目指す人のための必携書! 「ANAグランドスタッフ入門 最新版」発売

    2021-12-21

  2. 世界の主力戦車が1/43スケールで登場!WEB限定販売『第二次世界大戦 傑作戦車コレクション』

    2021-12-14

  3. 男のロマンをくすぐるミリタリーライクなヘリ型ドローン『GHOST-EYE』を応援購入サービスMakuakeにて先行販売

    2021-12-13

  4. 【おそロシア】マスク着用拒否で発砲され2人死亡【モスクワ】

    2021-12-10

関連記事

  1. 【実用品】Halo好き必見、マスターチーフ・バイク用ヘルメットが発表!

    2015-02-20

  2. 【第53回 静岡ホビーショー】東京マルイの新製品カタログが期間限定ダウンロード!6月1日まで

    2014-05-20

  3. ミリタリー映画作品を裏で支える、スタントコーディネート会社の元・米海軍特殊部隊 SEAL 隊員

    2016-09-19

  4. 「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画

    2019-04-01





アーカイブ

ページ上部へ戻る