TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター

【エアガンカスタム】配線端子の交換でリポバッテリーの運用をグレードアップさせよう!


投稿者:乾 宗一郎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


電動ガンに必須のバッテリー。文字通り電気で動く電動ガンはバッテリー(電池)がないと動きません。ここ数年でリポバッテリーの普及が進み、皆さんの中でも愛用している人も多いと思います。

しかし、リポバッテリーを使っている皆さん、バッテリーと電動ガンの接続端子を交換していますか?
ノーマルのEPコネクタ(俗にいうタミヤコネクタ)のままじゃありませんか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ちゃんと動くし燃えてないからいいじゃん」という意見もありますが、タミヤコネクタの定格電流は10A、最大で15A。対してリポバッテリーの7.4V1000mAh(30C)(小型スティックサイズ)の定格出力は30A。コネクタの定格の3倍の電流が流れることになります。
セミオートを多用したりハイサイクルで撃ちまくった時、バッテリー端子を触るときっと熱くなっているはず。接触不良があった場合はコネクタが溶けて固着して外せなくなることも・・・。
熱を持つというのは抵抗になっているということなので、せっかく高出力なリポバッテリーを使っても抵抗になって100%の力が発揮されていない可能性があります。

そこでぜひオススメしたいのが2Pコネクタへの交換
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ディーンズコネクタT型コネクタとも呼ばれる、ラジコンでもよく使われるバッテリー端子です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2Pコネクタはプラスマイナスが「T時型になった端子」が耐熱樹脂に埋め込まれています。端子はバネ付きの面接触なので密着しやすく高出力に耐えられるのが利点なのです(接触不良が起きにくい)。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
定格出力は2Pタイプで50A、ミニ2Pタイプで30A。
ラージサイズや40Cなどのリポバッテリーにはこれでも足りませんが、ノーマルのタミヤコネクタに比べたらはるかにマシです。
さばなび的には大きい2P端子よりも小型のミニ2P端子の方をオススメします。

ミニ2P端子の場合は極めて小型なのもポイント。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バッファーチューブに押し込む場合、コネクタのサイズが「入るか入らないか」の分かれ目になることがあります。

とはいえ、2P端子を導入するには、コネクタの端子を差し替えるだけでは済みません。ほんのちょっと面倒な加工が必要になります。
今回はその端子交換の作業を紹介してみます。

使用する資機材
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
作業には「はんだごて」が必要。あまり経験のない人は尻込みしてしまうかもしれませんが、端子接続ははんだテクニックの中ではかなり簡単なので、信じられないほど不器用な人でも何とかなります。一般工作用の30Wのはんだごてで十分です。
他にはんだのノリをよくする「フラックス」、絶縁用の「熱収縮チューブ」、そして「はんだ」があればOK。写真にはありませんが「コテ台」も必須ですね。

ただし、この「マジックハンド」はあった方がいいかもしれません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
500円くらいで買える小型でアームも2本あれば十分。
ヤケド防止や確実な固定のためにもぜひ導入しましょう。

これらの資機材があれば問題なく作業ができます。
電動ガンの配線引き直しなどでも使えるので、これを機会に揃えてしまってもいいでしょう。

実際の作業

今回サンプルにしたのは800mAhのスティックタイプ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
PDR-CのグリップやM4(AR)のバッファーチューブに収まる使い勝手のいいサイズです。この標準装着であるタミヤコネクタをミニ2Pコネクタに付け替えてみましょう。

タミヤコネクタの取り外し
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
再利用しないのであれば切っちゃっても構いません。
ただし、プラスマイナス2本のケーブルを同時にカットしてはいけません
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ニッパーの刃でショートしてヤケドや発火の原因になります。
絶対にどちらか一方ずつ作業して下さい!

予備ハンダを乗せる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
皮膜を剥いてあらかじめハンダメッキします。
先にフラックスを塗り、ハンダが弾かれないようにしてから、温まったコテ先で溶かしたハンダを接触させると毛細管現象で染み込んでいきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
慣れないうちは写真のように(ほんのちょっと)多めに盛っておくといいでしょう。

コネクタにも予備ハンダを盛る
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
同じくフラックスを塗ってからハンダを盛っておきます。
ポイントはフラックスは極力薄く少なく塗ることと、端子に長時間はんだごてを当てないこと。耐熱樹脂とはいえ、長時間コテ先を当てていると溶けて中の端子がグラグラになることがあります。
なお、バッテリーにつなぐのはこっちの形状の端子になります。この段階では通電していないのでプラスマイナス同時に乗せてしまっても構いません。

ケーブルの取り付け
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まず最初に絶縁用の熱収縮チューブを通しておきましょう。これを忘れると確実な絶縁ができなくなってしまいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この段階でプラスマイナスが間違いないか今一度確認して下さい。
OKなら配線を端子の予備ハンダの上に乗せます。そのままはんだごてを当ててはんだを溶かしましょう。数秒待てば冷えて結合しているはず。

絶縁処理
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先に通しておいた熱収縮チューブをズラし、ライターやはんだごての先で温めると縮んで密着します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これでプラス側ができました。
同様にマイナス側も処理しましょう。

完成!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
完全に冷えたら「結合強度はあるか」「絶縁は確実か」を改めてチェックしましょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
問題なければ作業完了。電動ガンに接続して動作確認を行ってみましょう。
なお、はんだごてはよく冷えてから片付けて下さい。

他の差し替えの例
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
SOPMODバッテリー用のリポアダプターをミニ2P端子化してみました。
通電していないのでプラスマイナス2本同時にカットして作業を行ったので、5分ほどで完了する簡単な作業でした。

先にも述べましたが、ハンダ付けというだけで身構えてしまう気持ちは分かります。しかし、2~3つもこなせば問題なくできるようになるほど簡単な作業。
一手間かけるだけでリポバッテリーでも安心して運用できるようになるので、ぜひオススメしたい加工です。

なお、作業では高温になるはんだごてを扱うので、ヤケドに注意して作業して下さい。

[amazonjs asin=”B003F9Z5WG” locale=”JP” title=”トップレーシング ミニ2Pコネクター オス4ケセット 2303″]

, , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム