TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALエンタメ 2014.05.02

【週末映画ピックアップ!】2014年5月2日~5月6日 今週末に見に行ってみたいさばなび編集部が気になった公開中映画を大紹介!


投稿者:横須賀 敦史

気がつけばゴールデンウィークも終盤。
サバゲーにも行きたいけど、仕事があったり、家族や彼女or彼氏の目もあるし、そうそう行きまくることもできない…。

そんなアナタに贈る、特選映画をご紹介!
映画で、サバゲーに行けないモヤモヤを少しでも解消しちゃいましょう!
まず1本目はヒュー・ジャックマン主演のヒューマン・サスペンス『プリズナーズ』です。
01 プリズナーズ

【あらすじ】
平穏な家庭を突如襲った少女失踪事件。 これは、父親ならば当然の“愛”なのか?モラルを越えた“狂気”なのか?

ペンシルヴェニア州で小さな工務店を営むケラー(ヒュー・ジャックマン)の幸せに満ちた日常は、何の前触れもなく暗転した。
感謝祭の日、6歳の娘アナがひとつ年上の親友と一緒に外出したまま、忽然と消えてしまったのだ。
まもなく警察は青年アレックス(ポール・ダノ)を容疑者として拘束するが、自白も物証も得られず2日後に釈放。
刑事ロキ(ジェイク・ギレンホール)の生ぬるい対応に不満を隠せないケラーは、アレックスがふと漏らしたひと言から、彼が犯人だと確信し、自らの手で口を割らせようとする。
最愛の娘を取り戻したい一心で、法律とモラルの一線を踏み越えていく父親。
粘り強い捜査によって、新たな容疑者の存在を突き止めていく刑事。
もがけばもがくほど混迷が深まるこの難事件の背後には、想像を絶する闇が広がっていた…。

YouTube Preview Image

ヒーローのイメージが強い(ウルヴァリンなど)ヒュー・ジャックマンが、最愛の娘を取り戻すために一線を踏み越える父親役を演じる本作。彼と対峙する刑事役のジェイク・ギレンホールと共に、この作品での演技は高く評価されているようです。
自分ならどうする? と考えずにはいられない重いテーマと、二転三転し予測がつかないというストーリー展開。どういうラストになるのか非常に興味があります。

公開日:2014年5月3日(土)
公式サイト:http://prisoners.jp/

お次はアスペルガー症候群の主人公の眼に映る世界をユーモラスに描き出したラブコメディ、『シンプル・シモン』です!
02 シンプル・シモン

【あらすじ】
物理とSFが大好きなシモンは、気に入らないことがあると自分だけの“ロケット”にこもり、想像の宇宙へ飛び立ってしまう。そんなシモンを理解してくれるのは、お兄ちゃんのサムだけ。でも、シモンのせいでサムは恋人に振られてしまう。彼女がいなくなって、落ち込むサム。そのせいで自分のペースを乱されるシモン。サムに「完璧な恋人」さえいれば、生活が元通りになると考えたシモンは、サムにぴったりな相手を探し始める。そして、偶然出逢った天真爛漫なイェニファーに狙いを定め、ある計画を実行に移すが・・・。

YouTube Preview Image
アスペルガー症候群とは広汎性発達障害のひとつ。社会性や対人コミュニケーションに障害を持ち、特定の興味や習慣に強いこだわりを持つ傾向があるそうです。
主人公のシモンは触られるのが嫌いで生活習慣が変化するのも嫌い。兄の恋人探しも自分の生活を元に戻すために始めたけど、それがやがて…というもの。
作中で流れるスウェディッシュポップそのままのお洒落でキュートな映画です。

公開日:2014年5月3日(土)
公式サイト:http://www.simon-movie.jp/

最後はサッカーとゾンビがコラボした異色のホラー『ゴール・オブ・ザ・デッド』です!
03 ゴール・オブ・ザ・デッド

【あらすじ】
スターダムにのし上がれないサッカー選手ジャノ・ベルボー。
彼は憎きライバル、サム・ロリとの試合に勝つために怪しげな薬でドーピングをするのだが、しばらくして突然苦しみだし、ゾンビへと変貌してしまう。
サムへの闘争心だけが残ったゾンビストライカーは試合会場へと走りだす。そして、サムが所属するサッカーチーム“オランピック・ドゥ・パリ”の選手を乗せたバスはスタジアムへと到着。ホイッスルとともに試合開始。同じチーム内の若手スター選手イドリスとの点取り合戦をはじめるサムだったがひょんなことからレッドカードをくらい、退場してしまう。
ふてくされながらピッチを後にするサムだったが、入れ違いでゾンビ化したジャノがピッチに乱入。彼の吐き出す謎の白い液体により満員のスタジアムの観戦者は全員、感染者となる。ピッチ上、はたまたスタジアムの外で繰り広げられる選手とゾンビの攻防戦。果たしてこの試合に勝つのはゾンビか、人間イレブンか―。

YouTube Preview Image

誰が考えたこの企画ww
「前半戦/死霊のキックオフ大乱闘編」「後半戦/地獄の感染ドリブル編」として本編の前後半をそれぞれ別の監督が撮影しているんですが、その監督というのが『ザ・ホード -死霊の大群-』のバンジャマン・ロシェと『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』のティエリー・ポワロー。
うーん、実は撮るべくして撮られた映画なのかもしれませんw

公開日:2014年5月3日(土)
公式サイト:http://gotd.jp/

, , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

横須賀 敦史

横須賀 敦史

1978年生まれ。酒(ウィスキー&ラム)とプロレスとバカ映画をこよなく愛す中年男子。サバゲーでは、ついつい前に出たくなり、わりとソッコーでヒットされて...

このライターの記事を読む
モケイパドック 新店舗
オルガエアソフト


  • ピックアップ