TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター
SPECIALSHOTSHOW 2014.02.01

SHOTSHOW2014で入手した最新カタログから見る!人気のMagpul(マグプル)・PMAGの最新事情!


投稿者:乾 宗一郎

AR、あるいはM4のマガジンといえば、一昔前は純正のアルミマガジン(STANGマガジン)でした。
例えばこんなの↓
84
M16が登場した頃からあるお約束のマガジンですね。
しかし、最近ではあまり見かけなくなっています。
というのも、より軽くて丈夫なポリマーマガジン、中でもMAGPULPMAGがものすごい勢いで普及してるためです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真はKWA(KSC)用のもの。

このMAGPULのPMAGは、実銃の世界だけでなくサバゲなどエアガンでも大人気。純正扱いのPTSブランドをはじめ、さまざまなメーカーから出ています。

しかし、このPMAGの現状はどうなっているのかご存じですか?
今回はSHOTSHOW2014で入手した最新カタログを元に、PMAGの現状を解説します。

基本的にポリマー製で、表面に格子状の模様が入るのがPMAG。
現在ではGen.M3が最新のものになります。

02
まずはGen.M3のウインドウあり/なしのもの。
Gen.M3の最大の特徴は「全AR系対応」で、HK416やM27 IARでも使えるようになりました。
側面下部にゴルフボールのようなモールドがありますが、これは滑り止めではなく「マーキンググリッド」。
マーカーペンなどで番記入れても、こすれて消えにくい!そうです。

03
従来型のGen.M2MOEラインとして残っており、若干お安くなってます。
現行のGen.M3との違いは材質(耐熱素材なのは共通)とダストキャップのあり/なし。
また、DEやFOL、ODといったカラーバリエーションはMOEにしかないのです(現状では)。
そしてGen.M2はHK416には刺さりません。これを何とかするためにGen.M3になったといわれています。

04
新登場の40連バージョン
Gen.M3がそのまま伸びたもので、対応機種や機能などは同じです。
MAGPULの中の人がいうには、「40連でこれだけスムーズなマガジンは他にないよ!」とのこと。
ミリタリー用途よりも、3ガンマッチなどコンペでの需要を狙ったものだそうです。

05
これは20連10連のショートマガジン。Gen.M3になっていますね。
20連タイプはGen.M2ではストレートでしたが、今では緩くカーブしてるのがポイントです。
10連はさすがにまっすぐですけどw

06
こちらは7.62mm仕様20連10連PMAG。もちろんGen.M3です。
まぁ、そのまま大きくなっただけですねw

07
7.62mmPMAGでは30連がない代わりに、この25連が最大容量になってます。
対応はSR25とM110とのことですが、SCAR-Hでも使えるかは未確認(聞くの忘れたw)。M14はマグキャッチが違うので使えません。

08
これはちょっと変わり種。
左の6.8SPC仕様LWRCのSIX8専用
右のPMAG30GはH&KのG36専用です。
特にG36はノーマルのマガジンがかさばるので、スリムなPMAGの需要は結構ありそうです。

09
最新の7.62mmAK用のPMAG30AK/AKM
MOEラインの製品なのでお求めやすくなっておりますw
AKのポリマーマガジンはPalmなどもありましたが、これは比較にならないくらい薄く携帯性は抜群。
それでいて弾送りもスムーズなんだとか。
発売開始直後から売り切れが続いている話題のマガジンです。

他にもみなさんご存知の「EMAG」もありますが、あれは米国内では販売していません。
EMAGのEは「Export」のEで、輸出専用品だからです。
へぇー、知らなかったー。

とまぁ、こんな感じでMAGPULのPMAGについてつらつら書いてみました。
とりあえず電動ガン用のGen.M3が欲しいところですが、現状ではGen.M3はブラックしかないですよ。
そのあたりも考慮して、各メーカーさん、お願いします!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
MAGPUL:http://www.magpul.com/

, , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム