ゾウが踏んでも大丈夫!?超頑丈な本格ミリタリー仕様のJuggernaut.Case(ジャガーノート・ケース)のiPhoneケース

Juggernaut.Case(ジャガーノート・ケース)はホコリや水しぶき(IP-67定格)から 本体を保護するスマホケースです。過酷な環境で使用されるミリタリーの現場でも大丈夫なように設計されています。

iPhone 5 Juggernaut.Case KickStarter Video(1分40秒)
[vimeo]http://vimeo.com/76649227[/vimeo]

軍需用のコネクターメーカーとして有名なGlenair(グレンエア)のシールドコネクタで本体と接続するように設計された強化されたポリマー筐体が特徴。

屋外での使用を想定し、日光の反射よけエッチング処理された強化ガラスを採用。
ケースに入れたままディスプレイをはじめ、ボタン、カメラ、スピーカーの操作が可能となっています。

付属品を胸部に取り付けることにより、ハンズフリーで会話をすることが可能になります。

このジャガーノート・ケースはクラウドファンディング商品なのですが、資金募集期限の11月13日までに目標金額75,000ドルの資金を集めなければ実現しません。
今の所5,715ドル集まっているようです。残り69,000ドル集まるかどうか気になる所ですが、残念ながら日本からの出資はできないようです。

魅力的なケースなだけに、このプロジェクトが上手く行って欲しいですね!

クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。
クラウドソーシングのコンセプト(個人が多くの人々からわずかな寄与を集め、利用することで目標に到達するという大雑把なコンセプト)にその原点がある。クラウドファンディングは、特定のプロジェクトまたはベンチャーの資金調達をするために、多くの人々から少額の寄付を通して出資を集めるというこのコンセプトの応用である。
一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。
wikiより抜粋http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

■Juggernaut.Case
http://www.juggernautcase.com/

[amazonjs asin=”B00C7Y454O” locale=”JP” title=”マグプル iPhone5 フィールドケース MAG452 オリーブドラブ”]

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバイルガジェット情報、ファッション情報などを扱うWebメディアです。

投稿者記事

  1. ANAグランドスタッフの業務内容や航空業界のしくみなどが分かる航空業界・地上職を目指す人のための必携書! 「ANAグランドスタッフ入門 最新版」発売

    2021-12-21

  2. 世界の主力戦車が1/43スケールで登場!WEB限定販売『第二次世界大戦 傑作戦車コレクション』

    2021-12-14

  3. 男のロマンをくすぐるミリタリーライクなヘリ型ドローン『GHOST-EYE』を応援購入サービスMakuakeにて先行販売

    2021-12-13

  4. 【おそロシア】マスク着用拒否で発砲され2人死亡【モスクワ】

    2021-12-10

関連記事

  1. アフガニスタンで銃撃に遭った中村哲医師を偲んで…著書『ほんとうのアフガニスタン~18年間“闘う平和主義”をつらぬいてきた医師の現場報告~』が電子書籍になって復刊&特別に一部公開

    2020-03-25

  2. 「攻殻機動隊 SAC_2045」オリジナルグッズリリース! AVIREXコラボ「MA-1」の他、 白竹堂コラボ「高級京扇子」の予約開始

    2021-06-29

  3. 【乗り物】水上でも最高速度50km/h! イギリス生まれの高速水陸両用車「Humdinga」

    2018-02-12

  4. アメリカ陸軍新制式拳銃M17・M18の不具合の存在が国防総省から報告される

    2018-02-19





アーカイブ

ページ上部へ戻る