TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー ライター ライター

【フィールドレビュー】長野県・戸隠山中の廃旅館! インドアフィールドのEstate(エステート)


投稿者:乾 宗一郎

01

「立体的なインドアゲームがやりたいなぁ」「建物まるまる1コ使ったサバゲはおもしろそう」なんて考えたことはありませんか?
サバゲフィールドが日々増えていく昨今、そんな希望にピッタリなインドアフィールドがあります。
それが長野県長野市の戸隠にあるインドアフィールド「Estate」。
廃旅館がそのままインドアフィールドになっているんです。

98
Web
サイト(http://sabagee.com/)より

場所が場所だけに首都圏から日帰りで!というのは酷ですが(できないこともない)、付近にはペンションなどの宿泊施設が多数あり、泊りがけでサバゲ合宿のようなことが楽しめちゃいます。
ほらほら、どうですか! 楽しそうでしょ?
では、さっそく旅館内をリポートしましょう。

100
外観
大きめのペンションといった趣ですが、中はどちらかというと「ホテル」といった印象。
地下にはボイラー室があったり、1階には宴会場などもあります。

99
館内は大きく分けて3層の本館と2層の別館。
両者は地下通路でつながっており、屋外と地下から行き来できます。

03
まずは入り口から。斜面に建っているので、階段を上がったフロアが1階になります。
外から攻め入る時は、2~3階の窓から撃ち下ろされるため、まず階段まで取り付くのが大変です。

04
1階ロビー
入り口を入ると、ぶち抜きの広い空間。ここがロビーです。
中央に遮蔽物がありますが、スキマがあったり奥が暗いので、待ち伏せされるとかなりキケン。音が反響するので撃たれてもどこからなのかわかりにくいです。
玄関から突入したら、まずこのスペースを確保しなければなりません。

05
こんな感じのバリケがあったり…

06
元はフロントかな?
立て籠もるのにちょうどいいカウンターなんかもあります。

06-2
宴会場
1階の一番奥はステージのある宴会場。かなり広く、屋内の試射レンジとしても使えそう。
ステージ脇のカーテンにアンブッシュされると、とても心臓に悪かったです。
写真では明るく見えますが、実際はかなり暗いですよ。

07
階段
このEstateで最も重要なのがこの階段。フロア間の移動はここしかありません。
つまり、階段を挟んで上下の激しい銃撃戦が予想されます。
途中の踊り場にテーブルを立てかけてバリケにされると実にやっかいでした。
なお、床はカーペットですが、意外なところから跳弾が飛んできます。

09
2階廊下
2階は細かく分けられた個室だったようですが、各部屋の壁は取り壊され、自由に行き来が可能。
角を曲がったらアラびっくり!な超接近戦になりがちです。

10
個室
室内は畳が剥がされて板の間状態。BB弾を踏むと転びます、要注意。
ちなみに、このフィールドはSoftbankが圏外でしたが、この2階の窓際に立てばギリギリつながりました。

11
階段(下り)
こちらは1階から地下に向かう階段で、見ての通りちょっと暗め。屋外から裏口を使って侵入すると、ここで撃ち合いになることが多かったです。
ちなみにここは、壁も床も硬いので跳弾がすごい!

12
地下1階廊下
地下はこんな感じでライト必須。足音に注意しつつ、ドキドキの戦いになりますね。
まるっきりバイオハザードの気分です。

13
地下1階廊下(別館寄り)
こんな鏡があるコーナーも。
「おー、来てる来てる!」と盛り上がらないはずがありません。

14

 

08
地下各部屋
上は真っ暗なベッドルーム、下は展望風呂。
真昼間から肝だめしの気分が満載。
展望風呂の浴槽はちょっと深くて、いい塹壕でした。
地下フロアは明るかったり暗かったりと、いろいろ大変です。

15
建物屋外
旅館の周囲もフールド扱い。ただし、開くドアが限られているので、侵入口は限定されます。
そう、サビてるのか歪んでるのか、開かないドアがあるんです。

02
最後に受付+離れのセフティゾーン
このプレハブの奥に、20名前後が収容できるセフティがあります。フィールドまでは30mほど離れているので、ヒットされたらここに戻ってくることになります。
まぁ、けっこう急な坂を経由しますけどね!

と、大雑把ですが、全体のイメージは伝わりましたか?
とにかく、立体的な構造なので、それを意識しておくと十二分に楽しめます。

最後に、僭越ながら実際に遊んでみてのアドバイスなどを。
まず、フルサイズの電動ガンは取り回しに苦労します。そして接近戦が多くなるのでヒットされると痛みが尋常じゃありません。
個人的にはハンドガンオンリーでいいと思います。10禁のBOYsなども、ここぞとばかりに投入しましょう。
バネを1本抜いたマルイのエアーショットガンを使いましたが、これがまたちょうどいい感じでした。
また、フルオートで撃ちまくると「くうきよめ」とひらがなで言われてしまいます。セミオート縛りの方が絶対おもしろいですよ。
それと、トルネード(手榴弾)が非常に有効。個数制限しないと友達なくすレベルで有効です。
モスカートも同様。1チームにつき3発とか、制限が必要ですね。
フィールド各所にあるバリケードは移動可能なものが多く、ゲームバランスの微調整に使えます。
何ゲームかやって、「ここで膠着するんだよなー」という時は、テーブルなどを持ってきて、バリケとして配置するといいかもしれません。
人数的には屋外まで使う場合は10vs10くらいがちょうどいいかな?
むしろ5人立てこもりvs10人で突入といったシチュエーション戦が燃えます。
1階だけ使って1vs1の勝ち抜き戦(剣道の団体戦のイメージ)も盛り上がりました。
ぜひ、いろいろなルールで遊んでみて下さい。

このように、インドアフィールドとしては異色のEstate。
冬場は閉鎖されてしまうので、遊べるのは4月下旬~11月いっぱいまでです。
特にオススメは真夏ですね。標高が1200mほどあるので、下界より10℃以上気温が低く、快適に楽しめます。(8月上旬で夜間は18℃くらいまで気温が下がりました。泊まりなら長袖要ります)
みなさんもぜひ、サバゲ合宿など泊りがけで利用してみてはいかがでしょうか。

廃旅館フィールドEstate
住所:長野県長野市戸隠越水3507-2
Webサイト:http://sabagee.com/
ブログ
: http://ameblo.jp/field-to/
フィールド貸切利用料金:2,500円(1人分:6名未満の場合15,000円)
利用時間:AM8:00~PM5:00
駐車場:約15台
女性用更衣室、トイレあり、BB弾、ガスの販売あり
屋外試射レンジ(約40m)あり

 

, , , , ,

WRITER PROFILE

乾 宗一郎

乾 宗一郎

東京都生まれ。親の影響で幼少時よりモデルガンに親しんで育つ。装備品よりは銃器類の方に明るく、民間ARとオールドリボルバー、SFプロップガンが専門分野。...

このライターの記事を読む