ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した“お家で練習できる” 新・練習機セット「DRONE STAR TRAINING」先行予約を開始

DRONE STARブランドより、ドローン国家試験向けにビジョンセンサーON/OFF機能を搭載した“お家で練習できる” 新・練習機セット「DRONE STAR TRAINING」が発表され先行予約が開始されました。

【名称】DRONE STAR TRAINING ドローン・コントローラーセット

【価格】¥25,700円(税込)

【先行予約開始日】2024年6月5日(水)10時~

【発売日】2024年7月発売予定

【予約受付サイト】https://www.dronestar.jp/product/training

個人で導入検討されている方、または発売日にお届け希望の方は、こちらのご予約票に必要事項をご記入ください。
希望された台数を先着順で先行確保致します。
発売日が決まりましたら、決済用URLをメールにてお送りしますので、発売日の決定までお待ちください。

新・練習機セット「DRONE STAR TRAINING」は、機体とコントローラー(プロポ)のセット販売です。
付属する練習用コントローラーは、改正航空法に基づくドローンの実地講習および無人航空機操縦者技能証明の実地試験に必要なドローンの機能を踏まえ、「ビジョンセンサーON/OFF」機能を搭載し、練習用に特化して開発を行いました。
これにより、一等試験や二等試験における「スクエア飛行」、「8の字飛行」、「異常事態における飛行」など、ドローン国家試験における実技試験の基準に準拠した本番さながらの感覚でお家での練習が可能となりました。

 

新・練習機セット「DRONE STAR TRAINING」の特徴

 

技術基準適合証明を取得、リサイクルマーク対応で安心の練習用機体

機体は、技適認証を取得しており、国内電波法に適合しています。
また、JBRCの会員であるため、使用済みバッテリーをお近くの家電量販店で簡単に処分できます。
重さわずか50.5g、直径12cmの手のひらサイズで、手動で角度調整可能なカメラを搭載しています。
飛行時間は7分で、バッテリーは着脱式なので、充電や交換が簡単に行えます。
さらに、プロペラガードを標準装備しているため、自宅や限られたスペースでも安全に練習できます。
また、カラーリングは機体、コントローラー共に、「⽩」を基調としており、⾶⾏練習した数だけ経年変化し、 汚れや傷が練習の誇りとなるような、そんな意味を込めてデザインしております。

 

ビジョンセンサーON/OFF機能搭載、本番さながらの練習を実現

この専用コントローラーは、ビジョンセンサーON/OFF機能を搭載しているため、一等試験や二等試験における「スクエア飛行」、「8の字飛行」、「異常事態における飛行」など、ドローン国家試験の実技試験基準に準拠した本番さながらの練習を可能にします。
また、こだわり抜いて開発したスティックを備えており、さらにモード2およびモード1に対応しているため、操縦者に合わせた操作が可能です。

 

振り返り映像の活用で練習効果を最大化

DRONE STARアプリでは、スマホ画面にリアルタイムの映像を表示し、録画機能を使って飛行ルートを振り返ることができます。
メトロノームのリズムに合わせた練習が可能で、グリッド表示を利用して精度の高い飛行を目指すことができます。
また、スマホからの録画映像を活用することで、練習効果を最大化します。

 

●DRONE STAR 公式アプリ

App Store:https://apps.apple.com/jp/app/drone-star-party/id6448650426

Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.orso.dronestarparty

 

■「DRONE STAR TRAINING」製品情報

希望小売価格(税込):25,700円

販売パッケージ:ドローン1台/コントローラー(プロポ)1台 / バッテリー1本(充電ケーブル1本) / クイックリファレンスガイド / 交換用消耗品(交換用プロペラ4枚 ※1セット / 予備クッション)

 

DRONE STARとは

株式会社ORSOと、株式会社エルの共同プロジェクトである「DRONE STAR」は、2016年にドバイで開催されたドローンレース世界大会に日本代表として参加した高宮悠太郎を中心に、ドローンとスマホアプリを連携させ、楽しみながら学ぶ新しいコミュニケーションを提案するプロジェクトです。
DRONE STARとは、お使いいただくユーザーの方々の中から新たなスターが生まれ、今後の新しい可能性を広がる未来が来ることを願ってつけられた名称です。

2017年には、室内で楽しく学べるアプリ「DRONE STAR」と対応機体「DRONE STAR 01」をリリースし、ドローンと共にリリースした連携アプリによって、スマホの画像認識とAR技術を活用し、操縦者の技能をスコア化する機能を提案。
2018年には、教育現場でのICT教育を推進するために、ドローンプログラミングアプリ「DRONE STARプログラミング」をリリース。
このアプリは全国各地の教育現場とともに研究開発され、創造的課題や動画撮影が可能で、論理的思考を育むツールとして注目されています。
2023年には、お家で安心して飛ばせるバッテリー交換可能な「DRONE STAR PARTY」を発売。2017年にリリースした「DRONE STAR 01」と比べて飛行時間が延びたほか、高さだけでなく水平方向の飛行アシストも追加され、より安定したホバリングが可能となりました。
引き続き、DRONE STARを通じて、楽しみながら学ぶ新しいコミュニケーションを提案していきます。

 

DRONE STAR公式ホームページ: https://www.dronestar.jp/


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000028871.html


 

関連記事

  1. 【ファッション】MA-1ジャケットの素材を使用したDIMExALPHAのコラボ「ヘルメットバッグ」がイイ!

    2015-09-23

  2. 額に銃のタトゥーを入れた男が、銃の不法所持で逮捕

    2018-10-11

  3. 災害救援ロボットの競技会「ロボティクス・チャレンジ」で東京大学のロボットベンチャー「シャフト」がトップに

    2013-12-21

  4. あらゆる電源からバッテリーを充電できるパワーマネージャー「SPM-622」

    2018-01-09





アーカイブ

ページ上部へ戻る