「ブルーインパルス スタンダード」が自衛隊腕時計に登場

国産の機械式時計メーカーである株式会社ケンテックスジャパンから、防衛省自衛隊幕僚監部協力により製品化される自衛隊時計(JSDF WATCHシリーズ)から、ブルーインパルスの2023年最新モデル「ブルーインパルス スタンダード」の一般販売が開始されました。

 

ブルーインパルスモデルの軌跡

ブルーインパルスは、航空自衛隊第4航空団に所属する、日本で唯一のアクロバット飛行隊。
1960年の創設以来、「創造への挑戦」を合言葉に、日本各地の展示飛行において数多くの夢や感動をもたらしてきた。
ケンテックスでは2004年より航空自衛隊幕僚監部協力の下、ブルーインパルス仕様の自衛隊腕時計を継続的に開発しており、製品は防衛省共済組合登録商品として、日本全国約270か所の自衛隊駐屯地、各基地において自衛隊員向けに取り扱われているほか、一般販売も行われている。(画像:航空自衛隊提供)

製品公式ページ
https://www.kentex-jp.com/collection/blueimpulse/

自衛隊時計開発経緯
https://www.kentex-jp.com/about_kentex/jsdfstory/

 

全てのブルーインパルスファンに向けたコンセプト

幅広い世代が集うブルーインパルスファン。
男性ファンはもちろん、女性やお子様まで全ての方が気軽に着けられるよう、ケースサイズΦ34mmの小ぶりなモデルを開発。
カラーはブルーと、女性でも着けやすいパールホワイトの2種類をご用意。

12時位置のメインロゴには航空自衛隊幕僚監部協力によるブルーインパルスの公式エンブレムを採用している。
また、インデックスには、ブルーインパルスの正式部隊名である「第4航空団飛行群第11飛行隊」にちなみ、11時位置だけの▽ポイントや、背面飛行が多い5番機パイロットのヘルメットにのみ印字されている「逆さ5」を再現するなど、ブルーインパルスの世界観あふれるデザインに仕上がっている。
さらに、インデックスと時分針は暗所に配慮した蓄光仕様である。

ブルーインパルスを常に身近に感じられるよう、裏蓋やリューズには機体T-4のシルエットを刻印。
ベルトはお子様や女性でも安心して着けられる、肌に優しいNATO式ナイロンベルトを採用し、サイズも腕回り125mm~190mmと、お子様から大人まで幅広く対応できる柔軟なサイズ設計。
防水性は、5気圧強化防水。

安心と信頼のMade in Japanである本モデルは、ブルーインパルスロゴ入りの専用化粧箱でお届け。

■製品情報
製品名:ブルーインパルス スタンダード

ご購入はKENTEX公式オンラインストアまたは、全国の販売特約店にて可能です。

■KENTEX Official Web site URL
http://www.kentex-jp.com/

■KENTEX 公式オンラインストア URL
https://kentex-shop.com/


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000020419.html


 

関連記事

  1. 米陸軍が歩兵旅団戦闘チームに防護力・精密火力・機動力を提供する新型『MPF』軽戦車×500輌配備を計画

    2019-11-09

  2. オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施

    2018-07-07

  3. アメリカ陸軍がフェデラル社製の貫通力を高めた9mm弾を実験的に使用中

    2019-09-07

  4. 米陸軍特殊作戦司令部『CAPEX (Capabilities Exercise)2019』トレーラー

    2019-09-25





アーカイブ

ページ上部へ戻る