ドイツ空軍の東部戦線、細川京兆家、威海衛の戦い…戦史ファン、歴史ファン必読の3大特集を掲載の「歴史群像」10月号が発売!

ワン・パブリッシングより『歴史群像10月号』を発売されました。
本号では、特集としてドイツ空軍の東部戦線、細川京兆家の台頭、検証・日清戦争 威海衛の戦いの3本の特集記事を含め、歴史ファン、戦史ファンにぜひお読みいただきたい20本以上の記事を収録しています。

 

ドイツ空軍の東部戦線での戦いを爆撃機部隊を軸に見る

第一特集では、ドイツ空軍の東部戦線での戦い(対ソ戦)の開始から終わりまでを、主に爆撃機部隊を軸に見ていきます。
ドイツ空軍といえば一般的に陸上部隊への支援を主任務とする「戦術空軍」のイメージを持たれていますが、実際には戦略爆撃なども実施できる「戦略空軍」の顔も持っていたことを、その作戦や指揮官の言動、装備を通じて浮き彫りにします。

 

第二、第三特集ほか強力記事満載!

第二特集「細川京兆家の台頭~いかにして政権を確立したか」では、室町幕府において細川京兆家がいかにして強い力を持つにいたったかを、その始祖・頼之の代から応仁の乱の時の当主・勝元、その子・政元、そして澄元、高国の時代までを追いながら考察します。

このほか、第三特集「検証・日清戦争 威海衛の戦い」以下、「イラスト再現 武蔵・江戸城~関東に入った家康入城時の姿に迫る!」「CG彩色でよみがえる!レインボー・ギャング」「地形から読み解く 沼尻の戦い」「島津家久の死の謎に迫る」「KGB~“プーチンのロシア”を生んだ諜報特務機関」「二人の駆逐艦長」など、読み応え満点の魅力あふれる記事多数掲載、充実の内容となっています。

 

古今東西の人物・事象をテーマに毎号20本以上の記事を掲載!

人類の歴史は戦いの歴史でもあります。
「歴史群像」では毎号、戦いに関係するものを中心に、古今東西のさまざまな人物・事象をテーマとした20本以上の記事を掲載しています。
これらのテーマひとつひとつにドラマがあり、そして人間理解のヒントが含まれています。
小誌を通じて、改めて、歴史をより深く味わってみませんか。

商品概要

歴史群像10月号

定価:1,080円 (税込)

発売日:2023年9月6日(水)

判型:B5

ISBN:4910191311037

電子版:有

ワン・パブリッシングWebサイト:
https://one-publishing.co.jp/

【本書のご購入はコチラ】

・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B0CGJYL2G3/

・楽天
https://books.rakuten.co.jp/rb/17608884/

・セブンネット
https://7net.omni7.jp/detail/1247350126


引用元:PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000613.000060318.html


 

関連記事

  1. 韓国の実在スパイ「パク・ソギョン」を題材にした映画『THE SPY GONE NORTH』

    2018-10-24

  2. 【新製品】冬場のガスブロユーザーは必携!マガジンウォーマーポーチが発売!

    2017-10-31

  3. 第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝

    2017-09-09

  4. Coffee StainがPC Gaming Showにてバイキングをテーマとした サバイバルゲーム「Vlaheim」を発表!

    2020-06-16





アーカイブ

ページ上部へ戻る