TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
SPECIALSHOTSHOW 2015.01.22

【ラスベガス探訪記その1:SHOT Show®2015】編集部員が自腹でカジノにチャレンジ!果たして結果は!?


投稿者:梅小路

欲望の渦巻く街、ラスベガス。

一晩にして大金をつかむ者もいれば、人生を賭けた大ばくちに失敗、地下帝国で強制労働させられる人もいるらしい(※いません)。

そう、ラスベガスといえばカジノ!
空港から地元のスーパーまでいたるところにスロットマシンがあり、見るものを誘惑します。
取材が終わった編集部員も一攫千金を夢みてさっそくチャレンジ。いざ!勝負!!

ラスベガスにはありとあらゆるギャンブルがありますが、一番シンプルで数が多いのがスロットマシン。
ワタクシ、梅小路が選んだのは人生ゲームっぽい演出が楽しめる「リッチライフ」。

まずはカードを買って… なんて面倒くさいことしない! いきなりマシンに現金を投入します!
翌日の食費としてとっておいた20ドルが吸い込まれて・・・よっしゃあぁあ! 明日はステーキ食うぜ!!

倍率を選択。まあ、まずは最小ベットの1倍から様子見でもしますかね〜
ポチッとな!

カスリもしません。ま、一発目だしね。

倍率1倍とか2倍でチマチマやっていたら、みるみるクレジットが減っていきます。

えーっと… 残り3ドル45セントか。ふふっ… メシ抜きかな(泣)

ここで、横で見ていた乾 編集部員が叫んだ!「もっと高い倍率でやりましょう!」

祈りを込めてボタンを押すこと数回。
何とか9.75ドルまで回復。ヘタレの私はここでギブアップ。

払い戻しのボタンを押し、バウチャーを受け取ります。

これを両替機で現金にするか、もしくはこのバウチャーを投入して別のマシンで遊ぶこともできます。
やれやれ、なんとかメシ抜きは回避できたぞ…

そんなにウマいこといくわけないよね!

次は乾 編集部員がチャレンジ。選んだのは曲面液晶を搭載する最新機種!

20ドル札を投入します。さっき負けた分まで取り戻してくれ!!

結果は…

20セント。
あー… うん、ほら、ちょっとの間、夢を見られたからいいよね♥︎

もう一回 いきます!(by 乾)

ということで、別のマシンにさっさと移動して2回戦に突入!

結果は…本人の希望により写真掲載を自粛。

トボトボ部屋に戻る二人。

梅:なんかさー アメリカのカジノマシンって、けっこう日本製が多いみたいっすよ。

乾:さっきのマシンもアルゼでしたねー

梅:キャラものとか、日本製が多そう、ほら、あそこの「ジュラシック・パーク」とか。

へぇー、もう一回やってみますか!(by 乾)

乾 編集部員、もうキミを止める者は誰もいない。
屍は拾ってやるから好きなだけやってくれ。
投入口に吸い込まれていく20ドル札・・・。

ゲーム開始から数分。
ワイルドカードを引き当てビッグチャンスの到来。パラパラとそろっていく絵柄。
これはまさか…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんとBIG WINが来てしまったのです!

どんどん上がっていくクレジットカウンター。10000… 20000… 30000…

なんと! 34350の大勝ちです!! マジかよ!!!

ここで払い戻したので、356.15ドル(約4万円)もの大金をゲット!

すげえええええ!!!!

明日は乾 編集部員のおごりだね♥︎

どうです? こんなことあるんですねぇ。ハマる人の気持ちがちょっと分かった気がします。

その後、乾 編集部員はホテルの売店でお土産のTシャツを購入。勝ったお金をホテルに還元してましたw

ああ、ラスベガス。人々の欲望が渦巻く都市。
明日は勝つぞ!

注:掲載画像については撮影許諾済みです。

[amazonjs asin=”4763132970″ locale=”JP” title=”カイジ「命より重い! 」お金の話”]

, , ,

WRITER PROFILE

梅小路

スキューバダイビングと登山と狩猟とBLUESハーモニカとカメラを愛するサバゲーマー。愛用銃はSR635。子供のころはラジコンと釣りに熱中。大人になって...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ