TOPページへ
サバゲー入門 ショップリスト フィールドリスト ガンレビュー まとめニュース ライター ライター
Newsエンタメ 2014.07.04

【週末映画ピックアップ!】2014年7月4日~7月6日 今週末に見に行ってみたいさばなび編集部が気になった公開中映画を大紹介!

週末にサバゲに行きたいけど丸1日は予定が空いていない…。
高ストレス社会をサバイバルし続ける現代人に贈る、
サバゲに行けなくてもストレスを発散できそうな
オススメ映画紹介コーナー!

1本目は、日本のSF小説をトム・クルーズ主演で実写化した近未来戦争アクション
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』です!
movie01

【あらすじ】
謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。ケイジのループ能力が敵を倒す鍵になると確信したリタは、彼を強靭な“兵器”に変えるべく、徹底的に鍛え上げる。“戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか──?

原作は桜坂洋のSFライトノベル『All You Need Is Kill』。映画の邦題は原作小説と同じですが、原題は『Edge of Tomorrow』となっています。
小説と映画の違いもあって色々原作とは違う部分も多いようですが、「ギタイ」という敵と戦うという設定やとリタ・ヴラタスキというヒロインの名前は小説のまま。ただ主人公の設定は戦闘経験のない広報担当官に変わっています。日本人の初年兵役をトム・クルーズが演じるのはさすがに無理ですよね。
でも、役名のウィリアム・ケイジは原作の主人公キリヤ・ケイジからまさかの「ケイジ」残しです(笑)。原作ファンとしてはこういう配慮は嬉しいです。
先行公開されている海外の評判も上々のようなので、これをきっかけに日本初のハリウッド映画がもっと増えることを期待したいですね!

公開日:2014年7月4日(金)
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/

2本目は、独特の手法でポル・ポト政権下のカンボジアを描き出すドキュメンタリー映画
『消えた画 クメール・ルージュの真実』です。
movie02

【あらすじ】
映画監督リティ・パニュは、幼少期にポル・ポト率いるクメール・ルージュによる粛清で最愛の父母や友人たちを失った。クメール・ルージュ支配下に数百万人の市民が虐殺され、カンボジア文化華やかし時代の写真や映像はすべて破棄された。その失われた映画や写真は果たして甦るのだろうか? 奇跡的に収容所を脱出し映画監督になったリティ・パニュは「記憶は再生されるのか」というテーマを追求し、あの体験をいまに伝えることを自らに課してきた。そして本作でひとつの答えに辿りつく----。犠牲者の葬られた土から作られた人形たちが、35年前の虐殺の成り行きを語り始め、発掘された映像によってその悲劇が紐解かれていくのだった。

カンボジアの当時の人口700万人のうち、150万人が犠牲になったと言われているクメール・ルージュ体制下の虐殺。本作は虐殺で家族や友人を失い、13歳の時にカンボジアを脱出したというリティ・パニュ監督の自伝的ドキュメンタリーです。プロパガンダ映像の中で笑うポル・ポトと、動かない土人形で再現された当時の人々。対比される映像が強く静かに訴えかけてくるような作品です。
第86回アカデミー賞でカンボジア映画初となる外国語映画賞ノミネート、第66回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で最優秀作品賞を受賞。

公開日:2014年7月5日(土)
公式サイト:http://www.u-picc.com/kietae/

3本目は、主演ジョン・キューザック、共演ロバート・デ・ニーロのアクション・スリラー『ザ・バッグマン 闇を運ぶ男です!
movie03

【あらすじ】
殺し屋のジャック(ジョン・キューザック)はボスのドラグナ(ロバート・デ・ニーロ)から新たな使命を帯びる。黒い鞄を、ドラグナの指示を待ちながら目的地に運び届けること。ただし、中身は決して見てはならない――。
ジャックはドラグナに指定されたオアシスモーテルに向かうが、その道中でドラグナの手下らしき男に襲われる。すんでのところで相手を撃ち殺すが、ジャックも左手に重傷を負い、それでも言われたとおり13号室にチェックインする。彼は左手を手当てするために町に出るが、部屋に戻ると誰かが侵入した形跡が・・・。彼が浴室に忍び寄ると、そこには同じモーテルに泊まる娼婦風の若い女(レベッカ・ダ・コスタ)がうずくまっていた。レプカと名乗る美しい女は、同じくモーテルに泊まっている小男と大男の奇妙な二人組に捕らえられているらしい。懇願されてジャックは仕方なくレプカをかくまうことにする。しかし、二人の前には数々の刺客が待ち受けていた――。
鞄の中に入っているものはいったい何なのか?彼に課された使命は?そして、誰を信じればいいのか・・・。

「男たちのヒート祭り!」第2弾。上の動画の0:47~1:15あたりが本作の予告部分です。さすがにこれだけでは短すぎるかなと思い、英語が得意というわけでもないのに英語版の予告編も見てみました。

ヒロインであるレベッカ・ダ・コスタのセクシーさに気を取られて、それ以外は良くわかりませんでしたww
演技派キューザックと大御所デ・ニーロの共演作にしては、どことなくマイナー映画っぽい雰囲気かも。それにしても最近のデ・ニーロは御年70歳にしてちょっと働き過ぎじゃ? というくらいあちこちの作品で見かける気がします。

公開日:2014年7月5日(土)
公式サイト:http://www.nikkatsu.com/movie/otoko_heat/heat2.html

最後は『ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!』
movie04

【あらすじ】
「調子づかせると手強い」という前評判にも関わらず、サンダース大付属高校に勝利して勢いづく大洗女子学園にあっさりと敗北したと思われたアンツィオ高校―。だが、その裏には知られざる熱闘があった。アンツィオ高校の隊長アンチョビは大洗女子学園との全国大会第2回戦を前に、メンバーを前に檄を飛ばしていた。アンチョビによれば、対大洗女子学園の秘策があるという。少ない予算をやりくりし、倹約して貯金をして秘密兵器・イタリアの重戦車P40を購入したのだ。一方、大洗女子学園ではアンツィオ高校が新型戦車を導入したという情報は掴んでいたものの、その正体までは把握していなかった。そこで、優花里がアンツィオ高校に潜入して―。

テレビシリーズでは描かれなかったアンツィオ高校との戦い。その詳しい模様を描いた完全新作エピソードとなります! 長時間の劇場版ではなく、上映時間約38分の新作OVAのイベント上映なので、その点はご注意ください。
とはいえ劇場で販売されるBlu-ray劇場限定版や各種グッズなども含めて、ガルパンファンにとってたまらないイベントであることは間違いありませんね!

公開日:2014年7月5日(土)
公式サイト:http://girls-und-panzer.jp/

[amazonjs asin=”B00A74GZ94″ locale=”JP” title=”キリング・フィールド HDニューマスター版 Blu-ray”]

, , , , , , , , , , , , , , , , ,

WRITER PROFILE

さばなび編集部

さばなびは、サバイバルゲーム(サバゲー)を中心に、「人」にフィーチャーしたインタビュー記事やミリタリー・アクション系映画情報、アウトドアに特化したモバ...

このライターの記事を読む

おすすめアイテム

  • ピックアップ